結婚のお知らせをもらうことはとてもうれしいものですね。

祝福する気持ちを伝えるために、招待状の余白に一言メッセージを書いたり、結婚祝いのギフトにメッセージカードを添えたりしますね。

 

もちろん、相手との関係によって文章も言葉選びも変わってくると思います。

ですが相手が親族、会社の上司などであれば、どんなことを書けばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

 

また、一言メッセージといってもマナーは気になりますね。

今回は、そんなマナーと結婚祝いの一言メッセージをご紹介します。


Sponsored Link


気をつけるマナーはある?

 

メッセージを書くときに、一番気を付けなければいけないのは、離婚や再婚を連想させる忌み言葉、重ね言葉を使ってはいけないことです。

 

別れる、切れる、流れる、などの忌み言葉を使ってはいけないことは常識として知っていると思います。

ですので、特に気をつけなければいけないのは、たびたび、ますます、かさねがさねなどの重ね言葉です。

 

ますますのご活躍をお祈りします。とお祝いの席では良く耳にしたりするので、つい、使ってしまいそうになりますが、

結婚祝いの場合は再婚をイメージさせることになり、マナー違反となります。

 

十分に気をつけましょう。

また、上級者のマナーとして、メッセージには句読点を打ちません。

 

句読点を使うと終止符を打つという意味になります。

お祝い事のメッセージには使わないことがマナーになっています。

 

ただし、かなり上級者のマナーとなるため仲のいい友人などにはここまでマナーに気をつけることはありません。

親族や上司にメッセージを贈る時は、覚えておくといいでしょう。

 


Sponsored Link


 

一言で完結に伝えられる言葉は?

親友、友達への文例集

 

ご結婚おめでとうございます

末永くお幸せに

 

・ご結婚おめでとう!
二人で明るく楽しい家庭を築いてくださいね

 

・祝!結婚!
今度お二人の新居にお邪魔させてください
楽しみに待っています

 

・HAPPY WEDDING
〇〇ちゃんのウェディング姿を楽しみにしています

 

・結婚おめでとう
素敵なパートナーと末永くお幸せに
当日は幸せをお裾分けしてね

 

・ご結婚、おめでとうございます
今まで以上に誰もが羨む仲良し夫婦になってね

 

先輩や上司への文例集

・ご結婚おめでとうございます
お二人の人生の門出を心よりお祈り申し上げます

 

・ご結婚心より祝福いたします
笑顔があふれる暖かい家庭をお築きになりますようにお祈りいたします

 

・ご結婚まことにおめでとうございます
お二人の人生によって最良の日を心からお喜び申し上げます

 

親戚への文例集

・ご結婚おめでとうございます
この日を忘れずに二人で力をあわせて明るい家庭を築いてください

 

・ご結婚おめでとう
お二人の永遠の幸せをお祈りします

 

・ご結婚を祝し幸多かれとお祈りいたします

 

 

一言メッセージを伝えるのに適したものはある?

 

メッセージを贈る時、まず思いつくのはメッセージカード、ポストカードなどだと思います。

ポップアップタイプの物やオルゴールがついたものなど売り場を見ていると、どんなものが良いのか迷ってしまいます。

 

新郎新婦のイメージ合わせて選ぶことも大切ですが、関係性も考えてカードを選ぶようにしましょう。

友人や同僚など親しい間柄であれば、好みに合わせたキャラクターのデザインや、ちょっと奇抜で楽しいデザインも喜ばれると思います。

 

ですが、上司や先輩、親戚などであれば少し落ち着いたシンプルなデザイン、定番のデザインを選ぶといいでしょう。

そして可能であれば縁起の良いモチーフがあると良いでしょう。

 

長寿を願うカメや、一生添い遂げることも願う鶴などは有名ですよね。

他には、身体につくと幸せになれるというてんとう虫、飛躍と子孫繁栄を願ううさぎ、平和と幸せの象徴ハトなどがあります。

 

どんなデザインにするのか迷った時は、縁起のいい柄を覚えておくといいでしょう。

 

 

まとめ

結婚の一言メッセージは、新郎新婦の他にご両親なども見る可能性があります。

ですので、親しい友人でもあまり羽目を外さないように気をつけましょう。

 

見る人はちゃんと見ています。知らないうちに恥をかかないように気をつけましょうね。