会費制の二次会に招待されることってありますよね。

でもゲストして参加するからには、やっぱり心配なのはそのマナーですね。

 

ご祝儀は必要なのか、会費はどうやって渡すのか、どんな服装やドレスがいいのか分からないことや、気になることもたくさんありますね。

どうしても挙式や披露宴のマナーと混同してしまいがちですが、実はマナーは似ている所もありますが全く違う部分もあります。

 

今回はそんな二次会マナーの中でも会費についてまとめてみました。

しっかり押さえて、新郎新婦をお祝いしてあげましょうね。


Sponsored Link


結婚式の二次会の平均会費はいくら?

 

二次会に招待されたけれど、会費が思っていたよりも高かったということはありませんか?

以前出席した他の友人の時と比べると会費が全く違うと思ったこともあるでしょう。

 

二次会の会費は会場や地域、新郎新婦の年代によっても違ってきます。

 

ですが目安としては、全国平均で男性約6100円程、女性で約5400円となっていますが、首都圏では男性約7400円、女性約6500円と少し高くなります。

 

会場別の平均は、ホテルの場合で、8000円~10000円ほど、レストランなどでは5000円~7000円ほど、カフェバーなどでは3000円~5000円ほどとなります。

 

二次会の会費は会場代の支払い、ゲームなどの景品代、飲食代を支払うためのものです。

全国的な平均額よりもどんな場所で二次会をするのかで、金額は変わってくると思います。

 

会費が高いと思う場合は二次会でもフォーマルに近いパーティが予想されますので、服装には気をつけましょう。

 


Sponsored Link


 

会費はどんな袋や封筒に入れるのが望ましいの?

 

二次会の会費はどうしてもご祝儀を混同しがちです。

ですが、ご祝儀と違う点はここにあります。

 

まず、二次会の会場では受付がありその受付で会費を支払うのですが、その時に会費が封筒に入っていると受付は封筒を開けて中身を確認するという手間が必要になります。

 

その会費は新郎新婦の手元に行くことなく、会場費の支払い飲食代に当てられます。

お金を出してしまった後の封筒は邪魔になってしまいます。封筒のみ返されるケースもあります。

 

ですので、封筒は必要ありません。裸のまま現金を受付で支払いましょう。

財布から直接だして支払っても構いません。抵抗があるのであれば封筒に入れておき、受付時に封筒から出して支払いをしましょう。

 

また、結婚式だと思い会費にも新札を用意する人がいますが、それも二次会ではNGです。

誰でも経験があると思いますが、新札は数え難いものです。受付の人の手間になってしまいます。

 

シワの少ないお札をおつりのないように準備しましょう。

 

 

二次会参加の有無はいつまでに返事をすればいいの?

 

最近は二次会の招待状はメールでくるケースも多く、ついつい時間があるので返事を忘れてしまいがちです。

二次会だとどうしても披露宴などよりも気楽な印象もあるのか、返事を遅れ気味なってしまう傾向もあるようです。

 

ですが、準備する側としては料理の手配やゲームの景品の手配なども含めていろいろなことがあります。

基本的には二次会でも招待状をもらったら、一週間以内、もしくは招待状内に記載させた期日までに返事をするのがマナーです。

 

ですが、招待状は1カ月ほど前に送られることも多くまだ少し先で、予定が分からないこともあるでしょう。

そんな時は、まず、新郎新婦や二次会の幹事にいつまで返事を待ってもらえるのかを確認しましょう。

 

一番迷惑になるのは出席の返事をしておきながら、直前にドタキャンしてしまうことです。

ですが、披露宴と違いある程度は融通が効くのが二次会でもあります。

 

当日、飛び入りでの参加も可能か合わせて確認しておくといいでしょう。

 

 

まとめ

いかかでしたか?披露宴との違いも分かりましたね。

ポイントを押さえて、新郎新婦をお祝いしてあげましょうね。