挙式や披露宴の後にも、新郎新婦と一緒に楽しい時間を過ごす事ができる二次会。

披露宴ではゆっくり話すことはできませんが、二次会では新郎新婦と一緒にゲームをしたり、のんびりと会話をする事ができますよね。

 

幹事をお願いされた方は参加人数を確認したりお店の予約をとったり、プチギフトやゲームの景品を用意したりと少し大変です。

また、参加する方が気になるのは二次会はいくら参加費がかかるのか?という点ですよね。

 

結婚式場でそのまま二次会をする場合もありますし、バーなどを貸し切って行う場合もあります。

そんな場合にはやはり飲食代もかかります。

 

今回は二次会の平均相場や参加しなかった場合の会費はどうする?などの疑問点をいくつかまとめてみましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


二次会の参加費の平均相場は?

 

二次会に参加した事がある方は経験があるかもしれませんが、実は二次会の会費は男性と女性で金額が違う事もあります。

また、地域や年代でも相場が変わってくるようです。

 

参加する側の特に女性は、会費が高いといくら親しい友人の結婚式の二次会でも行くのをためらう。という声をよく耳にします。

20代の参加費の相場は男性7000円、女性6000円が平均のようです。

 

20代の場合は席に座って食事というよりは、ビュッフェ形式でみんなでワイワイと話したりゲームをしたりといった二次会が多いです。

また、ビュッフェ形式のほうが随分と会費を安くすることができますので参加率も上がるようです。

 

次に30代中心の二次会の場合は男性8000円、女性7000円といった金額が平均相場のようです。

30代になると各テーブルに大皿が運ばれるような、テーブルビュッフェ形式の方が好ましいです。

 

20代とは違い、少しでも参加費を安くしてほしいと言うよりは、少し参加費が高付いても良いから過ごしやすく楽しめる二次会を。と考える方が多いようですね。

参加費の金額設定で参加者の人数が左右されると言っても過言ではありませんので、ここは幹事さんの腕の見せ所のひとつですね。

 

参加費が高いと女性の参加率は下がってしまうとも言われています。

女性は男性より少し安くするなどの工夫もやはり必要ではないでしょうか。

 


Sponsored Link


 

二次会には参加しなくてよいの?

 

参加しなければいけない!というわけでもありませんが、参加しなくてよいというわけでもありません。

二次会とはいえお祝いの場ですので、お招きされていて参加できる状況であれば参加した方が良いでしょう。

 

例えば子供を預けていてどうしても早く帰らなければならない。

法事やどうしても外せない用事があるなどの理由がある方は正直に新郎新婦に理由を話し欠席しても失礼には当たりません。

 

 

二次会に参加しない場合は式が終わったらどうする?

 

参加しない場合は、新郎新婦のお見送りの際にお祝いの言葉をかけそのまま帰るようにしましょう。

必ずお見送りの際にはお祝いの言葉を忘れずに。

 

また、二次会に招かれており、欠席する場合には参加できなくてごめんね。と一言謝罪の言葉を添えると尚丁寧な印象になるでしょう。

ただ、二次会の当日の欠席は身内に不幸ごとがあった等、緊急を要するもの以外は極力しないようにしましょう。

 

幹事の方にも迷惑がかかりますし、なにより二次会もお祝いの席です。

新郎新婦を不快な気持ちにさせないという事が第一です。

 

急なキャンセルの場合には、参加しなくても参加費は支払うのがマナーです。

お店には人数で予約をしており料金が発生してしまいますので、ドタキャンをしてしまった場合には幹事の方に参加費を渡すようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は結婚式の二次会についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

幹事をお願いされた方は二次会の参加費の設定で、参加人数が左右されてしまう事も多いので様々な工夫が必要です。

 

また、当日二次会をドタキャンする場合には新郎新婦、幹事の方へきちんと謝罪を行い、参加費は支払うようにしましょう。

お祝いごとの席ですのできちんとマナーを守り、皆さんに不快な思いをさせないよう心がけましょう。