今では挙式や披露宴の後に二次会を開催する新郎新婦も多く見られます。

そもそも二次会とは結婚式にはお招きできなかった、同世代の友人なども招き行うリラックスしたパーティの事を言います。

 

二次会とはいえ大人数になりますので、会場を押さえたりゲームをしたりプチギフトを用意したりと準備することはたくさんあります。

また、新婦はドレスを着ては二次会には行けませんので、二次会用のドレスを用意する必要もあります。

 

新郎新婦は挙式、披露宴の事で手一杯になりがちですので、多くの方は招待する友人に二次会の幹事をお願いする事も多いようですね。

 

今回は結婚式の二次会についてどんなことをするのか、準備や案内はどうすればいいのかをまとめてみました。


Sponsored Link


結婚式の二次会は何をすればいいの?

 

結婚式の二次会と言われて思い浮かべるのはやはりゲームではないでしょうか。

結婚式のゲストもみんなが知り合いというわけではなく、新郎の友人、新婦の友人と初対面の人であることがほとんどですよね。

 

やはり最初はお互いなかなか会話もなく。といった状況になることも多いです。

そんな時にゲームをしてみんなで親睦を深め、新郎新婦をお祝いしよう!というものが多いようです。

 

また、新郎新婦の周りの共通の友人ばかりでみんな知り合いだという場合には、ゲームなどをせずみんなでお酒を飲みながらお祝いをするといった二次会などもあるようです。

 

新郎新婦が場所を押さえたり人数の把握をする場合もありますが、多くは友人などに幹事をお願いします。

そのときに、幹事を頼まれた方は、どんな風な二次会にしたいか、ゲームなどはしたほうが良いかなどの雰囲気をくわしくきいておきましょう。

 


Sponsored Link


 

二次会の案内文はどうすればいい?

 

幹事をお願いされた場合には、会場のチェックはもちろん、参加人数の確認や調整、案内を作ったりしなくてはいけません。

その案内文ですが、最近の二次会の案内はメールやSNSなどが主流のようです。

 

パソコンで送る場合には、迷惑メールと思われないようにきちんと題名をつけましょう。

例文をいくつかあげてみます。

 

このたび、●●くんと●●さんがめでたく結婚することになりました。
つきましては、披露宴のあとに多くの友人でお二人の新しい門出をお祝いしたく
二次会を開催いたします。
是非、皆様のご参加をお待ちしております。

 

次は、新郎新婦自身が案内文を作成する場合の例文です。

 

このたび私たちは結婚式を挙げることになりました。
ご報告を兼ねて披露宴の後にパーティをひらくことに致しました。
皆様と一緒に楽しい時間を過ごせたらと思っておりますので
是非多くの方のご参加をお待ちしております。

 

このような文章のあとに、日時や場所を忘れずに記入しましょう。

場所がわかりにくい場合には、地図なども必ず付けるようにしましょう。

 

 

案内文はいつ渡せばいいの?

 

案内の渡し方や二次会のお知らせ方法ですが、事前に人数を把握しておきたい場合には、メールやSNSなどで連絡を取っておくとよいでしょう。

 

お店を押さえる場合にも人数が必要な場合もありますし、費用などの面でも人数を確定させておきたい場合には事前に人数確認を行うことをオススメします。

 

また、二次会に参加する方がわかっていれば、案内を渡す時には会場側にお願いし、参加するゲストの席に置いておくこともできますので手間が省けるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

今回は結婚式の二次会についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

二次会は、挙式や披露宴にはお招きできなかったゲストも招いて、お披露目することができたり、一緒にゲームなどをしてたのしい時間を過ごせるパーティです。

 

新郎新婦は挙式や披露宴の準備で忙しいので、ゲストの方に二次会の幹事をお願いすることも多いようです。

幹事をお願いされたゲストの方は、お店の予約や人数の把握など様々な手配をしたりする必要があります。

 

新郎新婦にどんな雰囲気にしたいかなど具体的な事も確認しておくとよいでしょう。

多くの方と連絡を取ったりと大変な役ですが、新郎新婦の為にも素敵なパーティになるように協力してあげると喜ばれること間違いなしでしょう。