結婚式に2次会だけ参加するというケースも多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、結婚式の2次会のみのに参加する場合、ご祝儀が必要かということですよね。

 

今回はご祝儀がいるのか、またご祝儀の金額の相場はいくらなのか、ご祝儀を入れる相応しい袋は何なのかについてご紹介いたします。


Sponsored Link


結婚式で2次会のみ参加の場合ご祝儀は必要?

 

挙式や披露宴を家族のみで行いたいカップルにとって、ほとんどのゲストは2次会からの参加となります。

その場合、お祝いの気持ちも込めてご祝儀を渡すか迷いますよね。

 

ご祝儀は必要なのでしょうか。

2次会は大半が会費制となっており、会費がお祝い金となります。

 

会費は主に、レストランやカフェなどの会場代、飲食代、ゲームの景品代などが含まれているそうです。

 

しかし、自らの結婚式で新郎新婦からご祝儀をいただいたり、時間帯などの都合があり披露宴に招待されているにも関わらず参加できなかった方、

独身時代からの長い付き合いがあり新郎新婦との関係が深い場合はご祝儀を渡す方もいらっしゃる様です。

 

この場合は、受付でも会費以外のお金となるので受け取ってもらえないこともあり事前にお二人にこっそりと渡しておくことがおすすめです。

 

また、どうしても2次会にも参加することができずご祝儀を渡されたい場合は、2次会幹事の方に預けておいて当日に渡してもらうということも考えられる様です。

 


Sponsored Link


 

ご祝儀の金額の相場はいくら?

 

2次会でのご祝儀の相場は5000円から15,000円と言われています。

ご祝儀はゲストの年齢や立場、相手との関係によりお金が少々異なります。

 

どうしても祝福の思いを新郎新婦にお送りしたい場合は、プレゼントを贈る事をおすすめします。

プレゼントは二人が多くの人から受け取る花や食器、または腐ってしまう生ものを避けたものを選びましょう。

 

荷物にもならない商品券などがおすすめであり、事前に届ける事が最もスマートです。

2次会当日は新郎新婦はとても慌ただしく荷物を置く場所に困るからです。

 

ご祝儀やプレゼントを渡されたい場合は、結婚式や2次会の日程の前後で新郎新婦に時間を少しとってもらい渡す事が良いようです。

 

プレゼントの金額もやはり、ご祝儀と同様の5,000円から15,000円である新郎新婦が遠慮しない程度の

金額の物であり、これからの二人の生活に実用性のある物を選ぶことをおすすめします。

 

また、新郎新婦の共通のご友人が多く集まる場合は、金額は一人2,000円から3,000円ほどで考えられたものをプレゼントされることをおすすめします。

そして、プレゼントには名前を記載しておくと良いです。

 

 

ご祝儀を入れる袋で相応しい物はある?

 

2次会の会費はご祝儀袋などに入れる必要がなく、すぐに受付の方に渡しおつりのないお金が好ましいと言われています。

どうしても結婚式にご祝儀を渡すことができなかった方にとって新郎新婦にご祝儀を送る場合は、一般的な結婚式のご祝儀と変わらないもので十分です。

 

ご祝儀袋は水引きは結び切りのものを選び一度結べば解けないものを選びます。

そして、ご祝儀袋は入れる金額の1/100ほどの値段を選ぶことをおすすめします。

 

ご祝儀袋は派手すぎない物が良いです。

ご祝儀袋は新郎新婦との関係性によっても異なります。

 

友人や後輩へのご祝儀の場合は基本的に白を基調としたものを選びます。

ただし、先輩や上司には白のご祝儀袋は好ましくありません。

 

金銭ではなくプレゼントを渡したい場合は商品券は購入した際に箱に入れてもらえるので、それにのしを付けてお渡しすることをおすすめします。

 

 

まとめ

ここまでご覧になりいかがでしたでしょうか。

2次会に招待された場合は、2次会の会費のみで一般的には良いです。

 

しかし、新郎新婦に恩がありどうしても渡されたい場合などは結婚式や2次会の前後に新郎新婦に時間をとってもらい渡すことがおすすめです。

お金の場合はご祝儀袋に、商品券などのプレゼントの場合は箱にのしを付けて渡すことが良いです。