結婚式の2次会と言えば、新郎新婦の知り合いが多く集まり楽しくて和やかな場になりますよね。

そこで、今回は結婚式の2次会で使うお金の相場や2次会にふさわしい男性や女性の服装についてご紹介いたします。

 

服装やお金について詳しく解説していきます!

結婚式の2次会でお悩みの方のお力になれれば幸いです。


Sponsored Link


結婚式の2次会で使うお金の相場は?

 

結婚式の2次会の大半は会費制で行われています。

また、2次会会費の金額を設定する上で男女により500~1000円程度の金額の差があります。

 

これは男女によりお酒や食べ物の食べる量が異なるなどの差から考えられたものです。

しかし、差をつける場合はなるべく男女公平に差別することなく検討される事をおすすめします。

 

そして、キリのよい払いやすい値段で設定されることが多いです。

 

これらの理由から、平均は『ゼクシィ結婚トレンド調査2014』によると男性で7,100円、

女性で6,100円となっており、女性の会費が8000円以上になると高いと考える方が多いようです。

 

また、年齢によっても少し異なる様で、20代のゲストが多く集まる2次会では、少し価格が下がり、平均によると男性が7,000円、女性が6,000円となっています。

 

30代の場合は職も安定している方が多いので、男性は8,000円、女性は7,000円ほどを上限としているそうです。

 


Sponsored Link


 

男性の服装はどうしたらいいの?

 

男性の服装はほとんどがスーツですよね。

しかし、蝶ネクタイやパステルカラーのカラーシャツなどを選べばお洒落度が増します。

 

基本の服装

招待の文面には『平服』で訪れるように記されています。

平服とはフォーマル服ほどかしこまらない普段着よりはちゃんとした服装の事を指します。

 

おすすめのスーツは、準礼装や黒スーツ、ジャケットを基本として小物を足していく型が基本です。

2次会が居酒屋やカジュアルなレストランであったとしても、スーツやジャケットは必ず着用しましょう。

 

場面に合わせて

2次会の雰囲気がフォーマルな会場の場合は普通のスーツやスリ―ピーススーツであり、

黒や紺色、ネイビー、グレーなどの落ち着いた色がおすすめです。

 

2次会などで清楚なストライプ柄も良いです。

 

2次会の雰囲気がレストランやカフェなどカジュアルな会場の場合は、ジャケットを着用すればインナーも派手すぎなものでなければよくデニムでも良い場合もあります。

 

どの様な場面でも着用することがおすすめできないのは、シルバーや白など新郎のタキシードと似ている物は目立ってしまうので避けましょう。

 

おすすめの小物

2次会の場合は、カラーワイシャツがお洒落に決まります。

ストライプ柄やチェック柄も清潔感があるのでおすすめです。

 

ネクタイは、目立ちすぎないドット柄やストライプ柄や蝶ネクタイが良いです。

ただし、黒は喪服と重なるのでやめましょう。

 

靴は、エメナル素材である『ストレートチップ』や『プレーントゥ』がおすすめです。

 

 

女性の服装はどうしたらいいの?

 

女性の服装は基本的にフォーマルワンピースやスーツを着用されるのではないでしょうか。

 

場面に応じて

2次会がフォーマルなお洒落な雰囲気のレストランなのであれば、サテン地などの光沢のあるフォーマルワンピースがおすすめです。

また、2次会の会場がカジュアルの居酒屋やレストランである場合は、基本的なワンピースとスーツの着用が良いです。

 

柄ワンピースも着用しやすく、ブラウスの上にはジャケットやボレロを着用すれば決まります。

また、パンツスーツの着用も可能です。

 

そして、新婦と重なる白色の色合いの服装は避けましょう。

 

小物

おすすめの靴は、ヒールのあるスエードやエナメル素材のパンプスおすすめであり、さらにドレスや服装の色と合わせばお洒落度がアップします。

 

その他に、小ぶりのパーティバッグがあれば、2次会で身に着けるイヤリングやネックレスと収納することができます。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

2次会の費用は男女にも差がありますが8000円以内で収められることが多いようです。

 

また、男性も女性も結婚式の時の服とは異なり少しカジュアルな服装を着ることができるようです。

お洒落をして久々に会うご友人と新郎新婦を祝福し楽しい2次会をお過ごしください。