結婚式の招待を受けたら、招待状をもらって返信をしなければいけませんね。

招待してくれた新郎新婦がごく身近に住んでいたり、毎日顔を合わせている会社の人の場合、手渡しで返信してもいいものなのでしょうか?

 

近くにいるからこそ、返信用はがきでなくメールや電話で出席や欠席を伝えてのいいのではないか?

悩みがちな招待状の返信と、意外と聞きづらいボールペンの使用についても合わせてまとめました。


Sponsored Link


招待状の返信は手渡しでもいいの?

 

結婚式の招待状が届いたら、早めに返信するのがマナーと聞いたことがあるのではないでしょうか。

確かに結婚式を挙げる1~2ヶ月前は新郎新婦や結婚式場も準備で忙しいので、早く返信があるとありがたいと思っていることでしょう。

 

それでは新郎新婦のどちらか、または両方と同じ職場で毎日顔を合わせているような場合や、ごくご近所にお住まいで

すぐ会えるような場合にはすぐに返事をするように返信用はがきを手渡ししてはいけないのでしょうか。

 

招待状と一緒に添えられている返信用のはがきは、切手が貼られていたりすでに送料が支払われている

タイプのはがきが多いので、なんとなく投函して送ったほうがいいようにも思えます。

 

ですが、招待状の返信を手渡しするのはマナー違反でもありません。

むしろ、送り主の新郎新婦の顔を見て返事をするので、マナー的には一番丁寧な返事の仕方です。

 

返信用はがきの書き方は郵送で返す場合のマナーと変わらず、切手などは触らずにそのままにしておきましょう。

 

手渡しをする場合、やや細かいことですが注意しなくてはいけないことがあり、お家や地域によってはさまざまな

しきたりやルールで冠婚葬祭をとり行いますので、渡す日の「六曜」に気をつけましょう。

 

「六曜」はカレンダーの端に「仏滅」や「大安」などと書いてある、一日の吉兆を6種類に分けた古くからの暦のひとつです。

よくお葬式を友引に行わない、というのも六曜の吉兆に沿ったものの有名どころですね。

 

六曜に沿うと、慶事にふさわしい日は「大安」の全日・「先勝」の午前中・「友引」の午前、夕方、夜・「先負」の午後がよいとされいます。

20~30代の人はあまり興味がない人が多いとは言いますが、ゲストやお家の人が気にする場合もありますので、渡す前にカレンダを確認してみましょう。

 


Sponsored Link


 

招待状の返信は他にどのような伝え方があるの?

 

結婚式の招待状の返事をするとき、返信用のはがきで送るのが一般的ですが、ほかには返事をする方法はあるのでしょうか。

招待状が届いている場合、出席・欠席の返事を一緒に入れられていたはがきなど以外で返事をするのは、大きなマナー違反です。

 

携帯電話やパソコンの普及で電話やメール・SNSを使って誰でも簡単に連絡をできるようになりましたが、

あくまで普段使いの連絡のツールであって、正式に手紙で招待をされたイベントごとはゲストも正式に手紙で返事をしなくてはいけません。

 

メールやSNSは、あくまで事前の連絡や招待状だけではわからないことを聞いたり、招待状の返信が遅れたり欠席したりといったことを

伝えるために使い、正式な最終回答として返信用はがきを送るようにしましょう。

 

招待状の返信用はがきは、結婚式の出席や欠席を確認するだけでなく、今後のお付き合いのための住所録の参考にしたり後日お礼を発送したりと

いったことにも活用されますので、マナーや礼儀だけでなくこれからの新郎新婦のためにもちゃんとはがきで返信をしておきましょう。

 

 

招待状の返信はボールペンで書いてもいいの?

 

結婚式の招待状の返信用はがきを書くとき、正式な筆記具は筆や万年筆だとわかっていても、慣れない筆記具はしり込みしてしまうことも多いでしょう。

招待状の返信用はがきに、ボールペンで書いて返信してしまいたいときもありますね。

 

筆や万年筆が一般的でなくなった現在では、マナーやルールを固く守っているお家や地域ではない場合を除いて、

ボールペンなどの筆・万年筆以外の筆記具での返信も大きなマナー違反とはならないことが増えてきました。

 

特にアレルギー情報やメールアドレスなど細かい記入が必要な場合、筆で書くと文字がつぶれてしまったり

読みづらくなるために、文字を細かく書けるペンが推奨されるときがあります。

 

マナーだから、ルールだからといって筆で書いても、書いてある文字が相手に伝わらなければ意味がありませんね。

また、最近は返信用はがきにイラストを書く「返信はがきアート」が流行していることもあり、ますますボールペンや作画用ペンでの記入もOKになって来ています。

 

ですが、どんな筆記具を使っても良い訳ではなく、こすれて文字が消えてしまう「鉛筆・シャープペンシル」や雨や水に

濡れる滲んでしまい、時間と共に退色しやすい「水性ペン」は避けましょう。

 

返信はがきアートなどでイラストを描くときはその限りではありませんが、文字は基本的に「黒」一色で書きます。

 

文字を書くインク(墨)の色をカラフルにしたほうがおしゃれに見えるかもしれませんが、結婚式を含めた慶事で

黒以外のインクで文字を書くことは「色が薄い=縁が薄い」という意味に通じてしまうためです。

 

特にお祝いの言葉である「おめでとうございます」「お祝い申し上げます」といった言葉は気にして黒で書くようにしましょう。

どうしてもカラフルにしたいと思うときは、シールやスタンプなどのデコレーションアイテムで余白を飾ると良いでしょう。

 

 

まとめ

招待状の返信は手渡ししても構いませんが、お日柄を気にされる人もいますので少し注意しておきましょう。

出席や欠席の返事は、招待状を受け取っていたら、返信はがきで返すことがマナーです。

 

返信用はがきに書く筆記具は、筆か万年筆が正式ですが、現在では時と場合によりボールペンでもよいようです。