結婚式の招待状が届いたら、早めに返信しないと…と思っていても、何を書かなければいけないのか、

どうかいけばマナー違反にならないのかと悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

 

せっかくの結婚式への招待ですから、失礼のない返信にしたいものですよね。

招待状の返信で必ず書かなければいけないものの中に電話番号は含まれる?連名での招待のときはどうするの?

 

間違えがちな宛名の書き方も合わせてご紹介します。


Sponsored Link


結婚式の招待状の宛名はどうすればいい?

 

結婚式の招待状は、最初から書いてほしい事項や返信先の宛名が印刷された、返信用はがきで返事をするようになっている場合が大半です。

 

出席や欠席、住所などを書く欄の前についている「ご(御)」は消して返信する、というマナーは意外と

知られていますが、返信用はがきの宛名となるとうっかりミスをしてしまうことがままあります。

 

返信用はがきに書かれた住所は新郎新婦のどちらかの自宅か実家の住所になっているので、

そのまま送り返してもちゃんと届きますが、宛名の後ろをよく見てみましょう。

 

返信用はがきの宛名の後ろに「行」となってはいませんか?

 

この宛名の後ろの「行」は、招待状の発送者である新郎新婦が自分に宛てて返してほしいという意味ですので、返信するゲストは敬称をつけなくては失礼にあたります。

 

新郎新婦が何かしらの、特別な風習やしきたりのあるお家や地域にお住まいでなければ、「行」を二重線で消して「様」と敬称をつけておけば大丈夫です。

 

出典:gogo-wedding.com/

 

書かれている文字を打ち消す場合は、宛名だけでなくほかのところの「御」なども二重線にそろえて打ち消しましょう。

また、最近は返信するゲストの手をわずらわせないようにと、もともと「様」を「行」と一緒に印刷された宛名の場合もあります。

 

はじめから「様」が印刷されている場合は、「様」はそのままにして「行」だけを消すだけで構いません。

 

出典:gogo-wedding.com/

 

上級者編として、「行」という文字を上手に「寿」の文字を重ね書いて消す方法や、宛名に触らない程度に平らなシールやスタンプで隠す方法もあります。

 

盛り上がったシールは可愛いですが、配達している間に剥がれたり傷ついたりする場合があるので避けておきましょう。

 


Sponsored Link


 

連名は記載した方がいいの?

 

結婚式の招待状が来たとき、新郎新婦からパートナーや子供も一緒に結婚式に来てほしいと言われることもあるでしょう。

招待状の宛名が「○○○(ゲストの名前)様 ご家族様」などになっている場合は、だいたい家族で出席してほしいときですね。

 

連名で届いた招待状の返信の仕方は、結婚式に出席するか欠席するか、誰が出席するのかによって変わってきます。

例として、夫の友人が結婚式を挙げる式で、夫・妻・息子の家族全員が招待された招待状が届いたとします。

 

家族全員で出席する場合は、名前欄には「夫・妻・息子の全員」の名前を書きます。

招待した新郎新婦が連名の家族の名前をしっかりと把握していないと、当日に配る席次表に名前が書けなくなりますので、必ず明記しましょう。

 

連名で誘われていても妻や息子は欠席してしまう場合は、名前は「夫だけ」の名前を書いて、メッセージ欄に妻や息子の欠席をお詫びする言葉を書きます。

 

反対に、家族全員が欠席する場合に関しては、名前欄を「夫・妻・息子の全員」の名前を書いて全員出られないことを伝えます。

 

欠席する場合のメッセージは、ついつい欠席理由を一番に書きたくなりますが、必ず「ご結婚おめでとうございます」とお祝いの言葉からはじめるようにしましょう。

 

出席する人は全員名前を記載して返信する、と覚えておけば間違いないですね。

 

 

返信に電話番号は必要なの?

 

返信用はがきの裏面を見たとき、たまに記入事項の欄に電話番号を書く欄が用意されている場合があります。

基本的には返信用はがきに欄が作られているものは、新郎新婦が聞いておきたいと思っているものなので、できるだけ書いて返信しましょう。

 

記入する電話番号は固定電話・携帯電話のどちらか迷う場合は、連絡がつきやすい番号を書くほうがいいですね。

 

新郎新婦はゲストの電話番号を控えておくことによって、結婚式当日にやむおえない遅刻や、会場までの道に

迷ったときなどの連絡がスムーズにできるようにとの準備の意味合いが多いようです。

 

ほかにも、後日にゲストに送るお返しの宛名に使ったり、最近は食品アレルギーの人も多いために

食事のメニュー変更があったときに速やかに確認するようにとの理由があります。

 

電話番号のほかにもEメールアドレスの欄があるものもまれにありますが、新郎新婦主催の2次会などの

案内や個別の連絡に使うようなので、何も書かないよりかはフリーメールのアドレスでもいいので書いておきましょう。

 

特に返信用はがきに電話番号やメールアドレスの欄がない場合は、書かなくても問題ありません。

 

 

まとめ

招待状の宛名の「行」は必ず消して、名前の後ろが「様」になるようにしましょう。

連盟で招待された場合は、出席する全員の名前を書いて返信し、一人・または二人だけの場合は出席する人の名前だけ書きます。

 

返信用はがきに電話番号の記入欄があった場合は書きますが、ない場合は書かなくて大丈夫です。