最近では結婚式の招待状には出席、欠席だけの確認だけでなく、アレルギーに関する確認が記載されることが増えてきているようです。

 

せっかく結婚式に出席したのに、アレルギーがあるために食事に手を付けることが出来なければ、新郎新婦の申し訳ない気持ちになりますし、

アレルギーを持っている方には、アレルギーを気にすることなく出席出来てとてもうれしい配慮ですね。

 

基本的な招待状の返信のマナーは知ってはいても、アレルギーの有無についてはどう書いていいか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

 

アレルギーがない場合、書く必要がないのか、無と一言でも書くべきなのか、なども気になるところです。

最近は結婚式の招待状の返信にアレルギーの有無について、記載することが常識になりつつあります。

 

今回は、アレルギーの有無についてのマナーを調べてみました。


Sponsored Link


結婚式の招待状にアレルギーは書くべき?

 

最初にも書きましたが、最近は結婚式の招待状にアレルギーについての確認は常識になりつつあります。

 

ですが、アレルギーを持っている方の場合、新郎新婦に遠慮してしまい、アレルギーがあっても、アレルギーは無いと返信してしまう人も多いようです。

 

どうしても、結婚式の準備はたくさんありますので、手間を増やしてはいけないと思ってしまい、アレルギーを伝えることに躊躇してしまうのでしょう。

 

ですが、新郎新婦側からすれば、出席する人に少しでも不快な思いをさせたくないとの気持ちもあります。

その新郎新婦の心遣いを無駄にしないように、アレルギーがある場合はきちんと記載しましょう。

 

きちんと記載しておけば、知らないうちにアレルギーの原因食材を口にして具合が悪くなってしまうことは避けられます。

招待状にアレルギーに確認についての記載がなかった場合も、最悪の場合を考えてアレルギーがある場合はきちんと記載して新郎新婦に報告しておきましょう。

 


Sponsored Link


 

書き方はどうすればいい?

 

招待状にアレルギーについての確認がある場合は、どうように記載すればいいのでしょうか?

 

アレルギーがない場合

空白のままでも構いませんが、招待する側からすれば書き忘れたのかな?と思う場合もあります。

ですが「なし」「ありません」など一言で書くと素気ない印象になってしまいます。

 

ですので「アレルギーはありません。お気遣いいただきありがとうございます。」などと一言お礼を添えましょう。

 

アレルギーがある場合

この場合は、正直にアレルギーがある食材について申告しましょう。

「お気遣いありがとうございます。〇〇と△△にアレルギーがあります。」などと書いておくとスムーズです。

 

家族にアレルギーがある場合

夫婦や家族で結婚式に招待されることもあると思います。

その場合は、アレルギーがある人の名前と食材を書きましょう。

 

「ご配慮ありがとうございます。息子の○○(名前)に、△△のアレルギーがあります。」と、書いておけば、誰に何のアレルギーがあるのか伝えることができます。

 

招待状にアレルギーに確認欄がない場合

この場合は、ハガキの余白やメッセージ欄にアレルギーについて記載しましょう。

「申し訳ありません。○○にアレルギーがあります。お手数をかけますがご配慮をお願いいたします。」などと記載するのがいいでしょう。

 

当日になってアレルギーを相手側に伝えたり、結婚式の係員に伝えると余計な手間をかけてしまう結果になります。

アレルギーがある場合は、先に伝えておくことも常識になってきています。

 

 

書くときはペンがいいの?筆がいいの?

 

招待状の返信を書くときは毛筆、万年筆がベストです。

黒であれば、水性のボールペンでも差し支えありませんが、やはり見栄えがよくありません。

 

筆ペンで構いませんので一本常備しておくと、その後も出産祝いや入学祝いなどにも使えます。

ただし、最近は薄墨とセットになっている筆ペンもあります。

 

薄墨は不祝儀の時に使うものです。絶対に結婚式のおめでたい時には使ってはいけません。

またやむなく水性のボールペンを使用する場合、途中でインクが切れてしまい文字が掠れたりすることのないように十分に確認しましょう。

 

 

まとめ

結婚式に招待されてアレルギーを伝えることは、わがままに思ってしまうかもしれません。

ですが、いくら本人が気をつけていても、分からないまま口にしてしまう可能性もあります。

 

最悪ショック状態になってしまった場合、お祝いどころでありませんし、新郎新婦に迷惑をかけてしまう結果となります。

ですので、アレルギーの有無は必ず伝えておくことが大切です。