大切な友達から結婚式の招待状が届く。こんなにうれしいことはないと思います。

いくら親しい友達でも、招待状の返事はマナーを持って書きたいものですね。

 

ただ、出席か欠席に〇印をして返信すればいいのかな?と思っている人はいませんか?

基本的なマナーとして招待状には出席、欠席の他に新郎新婦に一言メッセージを添えることも大切です。

 

特に招待状に添えるメッセージは、新郎新婦だけでなく、他の親族なども目にすることもあるかもしれません。

キチンとマナーを押さえて返事を書きたいものですね。

 

どんなことでもそうですが、基本的なマナーって今さら恥ずかしくて聞けないってことも多いと思います。

そこで今回は結婚式の招待状の返信は縦書きなのか、横書きなのかなど基本的なことをおさらいしてみましょう。


Sponsored Link


結婚式の招待状の返事は横書きで書くの?

最近の結婚式の招待状は、凝ったデザインのものが増えてきているようです。

新郎新婦の個性を生かすために、横書きの招待状も増えてきています。

 

招待状の返信を書く場合、横書きの招待状には横書きで、縦書きの招待状には縦書きで返事をすることがマナーです。

では、横書きの場合のマナーです。

 

宛名側の書き方

出典 :gogo-wedding.com/

 

宛名の「行」を横二重線、もしくは斜め二重線で消して「様」を記入します。

 

出典 :gogo-wedding.com/

 

宛名が連名だった場合、同じように「行」を消し各名前に「様」を記入しましょう。

 

裏面の書き方

出典 :gogo-wedding.com/

 

出席の場合は、出席の文字のみを、欠席の場合は欠席の文字のみを〇で囲みます。

あなたへの敬語にあたる「ご」「御」「芳」は横二重線、もしくは斜め二重線で消しましょう。

 

そして、余白に新郎新婦に向けたメッセージを書きましょう。

欠席する場合も、祝福のメッセージと欠席を詫びる短いメッセージを添えましょう。

 


Sponsored Link


 

縦書きの場合は?

宛名側の書き方

出典 :gogo-wedding.com/

 

宛名の下にある「行」を縦二重線または、斜め二重線で消しましょう。

 

出典 :gogo-wedding.com/

 

連名の場合も「行」を同じように二重線で消し、それぞれの名前に様をつけましょう。

 

裏面の書き方

出典 :gogo-wedding.com/

 

縦書きの場合も「ご」「御」「芳」の文字を、縦二重線もしくは斜め二重線で消します。

そして出席の場合でも、欠席の場合でも余白に、新郎新婦への一言、お祝いのメッセージを添えましょう。

 

欠席の場合は欠席を詫びる文章も添えましょう。

 

 

友達の場合、返信ハガキにイラストなどを入れてもいいの?

 

最近は、返信ハガキにイラストやシールなどで装飾をして個性を生かした返事を出す人も増えているようです。

返信ハガキの宛名に注意しましょう。結婚するのは友達でも、宛名が新郎新婦の両親となっているケースがあります。

 

この場合、イラストやシールなどでの装飾は避けましょう。

ご両親がマナーやしきたりを重んじているケースも多いので、イラストなどを不快に感じてしまうかもしれません。

 

まずは必ず宛名をチェックしましょう。

そして、もう一つ大切なことは装飾に凝ってしまうあまり、返信が遅くなることのないようにしましょう。

 

結婚式の招待状をもらったら、基本的には2~3日以内、遅くても1週間以内に返信するのがマナーです。

装飾に凝ってしまうあまり、返信が遅くなってしまわないようにしましょう。

 

返信ハガキをイラストなどで装飾することは基本的にはマナー違反ではありません。

ですが招待状のデザインにも新郎新婦は心を込めてデザインなどを選んでいるケースがほとんどです。

 

せっかくあなたが素敵に装飾しても、新郎新婦が不快に思ってしまうケースもあります。

招待状のハガキ一枚一枚にも新郎新婦が心を込めていることを頭に入れて、過度な装飾は避けましょう。

 

 

まとめ

結婚は大切な人生の門出ですね。

これから家族になる二人のために、返信ハガキの一枚でもマナーを守ることが祝福の一つになるのでないでしょうか?

 

マナーはお互いが不快な思いをしないためのものです。

分からないからと、マナーを無視することのないようにしましょうね。