社会人になると友人や知人、職場の方から結婚式に招待される機会も増えてきます。

結婚式に招かれ招待状が届くと、封筒の中には招待状と共にもちろん出席、欠席の返信用ハガキが入っていますよね。

 

実はこの返信用のハガキの書き方にもマナーがある事をご存知でしょうか?

 

主催者側が席次表を作ったりする為に、早く出欠を知らせる事が必要なので、

招待状が届いたらすぐに返信用ハガキを出す事もマナーの一つです。

 

このように、返信用ハガキ一つとってみても社会人としての常識があるかないかがわかってしまいます。

恥ずかしい思いをしない為にもきちんと知っておきたいですよね。

 

今回は返信用ハガキの書き方や、万が一招待状を紛失してしまった!という場合の対処法をまとめてみました。


Sponsored Link


結婚式の招待状の送り方はどうすればいいの?

 

まずハガキの一番上には、「御出席」「御欠席」という項目があります。

「御」の部分は定規などを使って、二重線で消します。

 

受け取った側への敬語なので、必ず消すようにしましょう。

出席する場合は、御欠席を全て二重線で消しましょう。

 

そして出席に○をつけます。

その時に出席の前に「慶んで」という一言と、出席の後には「させて頂きます」と添えましょう。

 

その一言を添えるだけでとても丁寧な印象になります。

また、名前と住所を書く欄があります。

 

そこも敬語になっており御住所、御芳名となっています。

御と御芳の部分は先ほどと同様に二重線で消すのを忘れずに。

 

一番最後にはメッセージの欄がある場合もありますので、その場合には一言お祝いのメッセージを添えることをオススメします。

友人の場合には一言メッセージを添えやすいですが、職場の方や上司の場合にはなんと書けばいいのかわからない。

 

と頭を悩ませる方も多いかもしれませんね。

そんな場合にはこのような文章を添えてみましょう。

 

ご結婚おめでとうございます
お招き頂きとても嬉しく思っております
よろこんで出席させて頂きます

 

このようにお祝いと言葉と招待して頂いた事への感謝の気持ちを伝えましょう。

 


Sponsored Link


 

もし招待状をなくした場合は?

 

招待状が届いてから結婚式当日までは、だいたい2~3ヶ月程。

前日に、あれ?招待状がない!なんてハプニングを経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

 

返信用ハガキをすでに出していて、出席と返事をしている場合にはそこまで問題にはなりません。

受付で名前を名乗れば、会場に入ることができます。

 

場所や開始の時間がわからない場合には、出席する知り合いの方に聞くと良いでしょう。

問題なのは返信用ハガキをまだ出していない時に、招待状を紛失してしまった場合です。

 

その際は主催者側である新郎新婦に、招待状を紛失してしまった事を正直に謝罪しましょう。

謝罪した後に出欠を直接伝え、後日官製ハガキなどで出欠を書いて郵送しましょう。

 

 

受付の際、招待状がなくても入れるの?

 

先ほどもお話ししましたが、当日は招待状がなくても会場に入ることができます。

会場の受付では、参加者全員の名簿と席次表などが用意されている為、受付で名前を名乗ればそのまま案内してくれるようになっています。

 

当日は特に招待状の提出などはありませんので、招待状をなくしてしまいました。などと申告する必要もありません。

ただ、開始の時刻などがわからずに遅刻などしないように絶対に気をつけましょう。

 

事前に友人や知人などに確認しておきましょう。

また、遠方の結婚式などで友人や知人がいないという方は直接式場へ連絡をしましょう。

 

その際に招待状をなくしてしまったという事を伝え、謝罪したのちに時間や会場などをしっかりと確認しておきましょう。

 

 

まとめ

今回は返信用ハガキの書き方や招待状をなくしてしまった場合についてまとめてみましたがいかがでしたか?

特に返信用ハガキの書き方は、その人のマナーや常識の有無がはっきりとわかってしまいますので注意しましょう。

 

恥ずかしい思いをしなくて済むように気をつけましょう。

また、招待状は紛失してしまうと、先方に不快な思いをさせてしまう事にも繋がりますので絶対になくさないように注意しましょう。