最近はSNSやメールなどのツールが主流となっており、結婚式の連絡や出欠を事前にSNSやメールでとる方も少なくはありません。

 

便利な反面下手をすると、手を抜いているやメール等で連絡をするなんて招く気があるのか!といったマイナスイメージに

繋がってしまう場合もありますので、マナーを守ってそのようなイメージを持たれないようにすることが大切です。

 

とはいえ、主催者側も準備が忙しく、できるだけ早く出席できるのか欠席するのかの返信がないと席次表などの次のステップに行けませんので大変ですよね。

 

今回は招待状のハガキではなく、メールで結婚の報告や結婚式に招待された場合の返信方法や出欠の返事が遅れてしまった場合などについてまとめてみました。


Sponsored Link


結婚式の招待メールの返信はどうすればいい?

 

結婚式の招待メールが来た時には、こちらも招待状のハガキと同様にできるだけ早く返信をしましょう。

 

メールが来たという事は、相手は出席できるのか、できないのかをすぐにでも知りたいという事ですので、相手の気持ちを考えてなるべく早く返信をしてあげることがマナーです。

 

また、注意したい点もいくつかあります。

まずお祝いの言葉を必ず付ける事。

 

出欠の確認だけだと思い、出席できます。

の一言だけだと、あまりにも失礼ですし常識のない人だなぁと思われかねません。

 

そして次に、招待してくれた事への感謝の言葉も忘れずに。

親しい友人からのメールに返信する例文としては、

ご結婚おめでとう!嬉しいおしらせをどうもありがとう。
是非とも出席させて頂きたいと思います。
当日をとても楽しみにしています!

といった内容で、感謝とお祝いの言葉を織り交ぜて返事をすることが大切です。

また、出席できずに欠席をする場合には、

ご結婚おめでとう!嬉しいお知らせをどうもありがとう。
でも、あいにくその日は親戚の結婚式にお呼ばれしています。
二人の幸せそうな姿を見ることができないのがとても残念ですが、
お二人の末永い幸せを心から祈っています。
これからもどうぞお幸せに。本当におめでとう!

といったお祝いのメッセージと、参加できない理由と謝罪をしっかりと入れ返信しましょう。

 


Sponsored Link


 

返事が遅れた場合の対処法は?

 

基本的に出欠の返事が遅れるという事は絶対にNGで、マナー違反です。

ですが、人間ですのでどうしても仕事や家事が忙しく忘れていた!という事もあると思います。

 

そんな場合の対処法をご紹介します。

まずは、気づいたらすぐに誠心誠意遅れてしまった事を謝罪しましょう。

 

そのときはメールではなく、できるだけ電話で謝る事をオススメします。

メールではどうしても簡単と受け取られてしまいがちです。

 

電話をかけても繋がらない場合にはメールで連絡をし、後日きちんと口頭で謝罪をしましょう。

メールを送る際には、遅れてしまった事への謝罪の文章だけを送ってしまいがちですが、まずは結婚に対するお祝いの言葉を述べましょう。

 

このたびはご結婚おめでとう!出欠の返信が遅れてしまい大変申し訳ありません。

といったようにお祝いと謝罪を必ず両方いれるように気をつけましょう。

 

 

返信が遅れる事によってどのくらい迷惑が掛かるの?

 

出欠の返信が遅れる事により、まずは人数の把握ができませんので、当日の料理や引き出物などの数が確定できません。

 

引き出物などは、式場で用意するわけではなく、業者に発注をしますので人数が確定しないと発注ができなかったり、期限がぎりぎりになってしまえば、

数が足りないと困るので多めに発注をして、新郎新婦に余計な負担がかかってしまうという事にもなりかねません。

 

また、出席する人の席を決める段階でも、仲の良い人たちを同じテーブルにしたりと段取りがありますので、大変迷惑がかかります。

一人来るか来ないかがわからないだけで、テーブルの配置が変わってしまうこともあります。

 

席が決まらなければ席次表をつくることもできませんよね。

といったように、一人の出欠がわからないだけでこのように大変な迷惑がかかることになってくるのです。

 

 

まとめ

これまでにお話したように、結婚式の出欠の返事は大変重要になってきます。

新郎新婦をお祝いする気持ちを持ち、新郎新婦に迷惑をかけないようにできるだけ早く出欠の返事をするようにしましょう。

 

また、特にメールでは、お祝いのメッセージを添えることを忘れずに。