お祝い事の結婚式。どうしても外せない用事がある時以外には極力出席したい物です。

ただ、他の結婚式にお呼ばれしている場合や、出産などでどうしても欠席せざるを得ない場合も出てくると思います。

 

返信用のハガキを送るのは当然ですが、メッセージでどうしても出席できない旨を伝えたり、直接電話をして断るなど、人としてのマナーは知っておきたいものです。

 

また、主催者側も席次表を作ったりしなければなりませんので、できるだけ早く返事をすることがマナーとなります。

今回は、そんな結婚式を欠席する場合の断り方やマナーなどをまとめてみました。


Sponsored Link


結婚式の招待状の断り方はどうしたらいい?

 

お呼ばれした結婚式。できるだけ参加することが望ましいですが、やはりどうしても参加できない場合もでてきます。

そんな時の断り方で気をつけたいのは、相手に嫌な思いをさせないという事です。

 

結婚式はお祝い事。断り方一つで相手を傷つけてしまい場合もありますので、言葉の選び方には十分注意をしたいものです。

 

断り方の種類やマナーはある?

 

結婚式に参加できない理由で断り方ももちろん変わってきます。

ですが、さきほどお話したように、相手に不快な思いをさせないように断ることが大切です。

 

まずは、先に予定が入っていてどうしても都合がつかない場合。

この場合は、先に結婚式に招待されており、重なってしまったことを素直に伝えましょう。

 

あいにく先約がありまして出席することが出来ません。と言えば不快な思いをさせずに済むでしょう。

次は金銭的な問題でいけない場合。

 

こちらは素直に、お金がなくて参加できない・・・というのはなかなか言いにくいですし、言われた方としてもなんだか不快な思いをしてしまいますよね。

 

このような場合には、どうしても都合が付かなくてといった理由や、先約がありなどと主催者側に嫌な思いをさせない事を第一に考え丁寧にお断りをしましょう。

 

最後は、疎遠になっていた方から呼ばれて断りたい場合。

「どうして私が呼ばれたの・・・?」と言う経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。それが遠方での結婚式であれば尚更ですよね。

 

できるだけ結婚式はお呼ばれしたら出席するべきなのですが、できれば断りたい・・・。と

そんな場合にうまく相手に嫌な思いをさせずに断ることができる方法があれば知っておきたいものです。

 

そんな場合によく使われている理由としては、法事と重なった、結婚式が重なった。といった理由がやはり多いです。

また、お子さんが居る方は、子供を預けられないので参加できないといった断り方も。


Sponsored Link


 

招待状の期限はいつまでに返せばいいの?

 

招待状の返信用ハガキの期限ですが、いつまでに返信を下さいと招待状には書かれています。

ですが、招待状が届いたらすぐに記入しハガキを送るのがマナーです。

 

遅くとも一週間以内に返信をしましょう。

招待状に書いてある期限までに相手に届かなかったり、ハガキを出さないというのはマナー違反です。

 

どうしてもハガキを投函できない場合には、電話などで直接相手に連絡をして、ハガキを出せない旨をきちんと伝えましょう。

また、電話や口頭で出欠を伝えても、ハガキはきちんと出すようにしましょう。

 

自分は伝えたつもりでいても、主催者側は、何十人、多い場合には百人以上の出欠を整理する必要があります。

相手の事を考えて出欠のハガキは必ず出しましょう。

 

 

まとめ

結婚式に招かれ、どうしても都合がつかない場合などの断り方のパターンや、マナーなどをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

いずれにしろ大切な事は、主催者側の気持ちを考え、不快な思いをさせないという事です。

 

お祝いの席ですので、極力参加することがベストですが、家庭の事情や仕事の都合など様々な事情がありますのでどうしても出席できない事もあります。

 

そんな時に是非参考にして頂ければと思います。

 

また、招待状の返信用ハガキは、できるだけ早めに出すこと。

どうしても出すことができない場合には直接きちんと連絡をしましょう。

 

そして後日きちんとハガキは郵送しましょう。

結婚式というおめでたいものですので、自分の行動で相手に不快な思いをさせないように気をつけていきたいものです。