結婚式をとり行うとき、学生時代の友人や会社の同僚が受付係をお願いされることが多いでしょう。

 

一生に一回しかないおめでたい席、そのお手伝いをすることはやぶさかではなくとも、受付の仕方はどうすればいいのかわからないことばかりですね。

 

結婚式での受付の仕方にゲストを迎えるときの言葉遣い、ゲスト側からは見えない受付のマナーを集めました。

素敵な結婚式の一助になれるような受付をしたいですね。


Sponsored Link


結婚式の受付の仕方はどうすればいいの?

 

結婚式の受付は、そこを訪れたゲストが最初に触れる結婚式の入り口であり、結婚式の顔とも言えるところです。

出来る限り、万全の体制で臨みたいものですね。

 

受付係の仕事の流れとしては、「親族・スタッフとしてゲストへの挨拶」「ご祝儀の受け取りと芳名帳への記入」「席次表や案内を渡し、結婚式会場や控え室への誘導」が主なものです。

 

滞りなく受付をするためには、さまざまな準備や新郎新婦・会場スタッフとの打ち合わせがありますので、受付を始める1時間くらい前には到着しているといいでしょう。

 

結婚式に限らず、冠婚葬祭は地域やお家ごとで大きくルールややり方が違うものですので、新郎新婦との事前・当日の打ち合わせは必須ですね。

 

また、受付係は結婚式や披露宴全体の窓口になりますので、意外とこまごまとした質問やお願いごとをされます。

 

もっとも多いのが「化粧室や控え室などの会場内の場所を聞かれる」、次に「筆記用具の貸し出しを頼まれる」「タクシー乗り場や近隣の売店・コンビニなど会場外の場所を聞かれる」です。

 

会場内の場所、特に化粧室・新郎新婦の控え室・親族の控え室、クロークや公衆電話の有無くらいは事前に確認してすぐに答えられるようにしておくといいでしょう。

 

受付で筆記用具を貸し出すとすぐに返ってこないものですので、芳名帳の数くらいは予備を用意しておくと安心です。

 

会場外の地理については受付係の中に詳しい人がいればよいのですが、そうでない場合は結婚式場のスタッフなど、会場外の案内を引き継げる人がどこにいるか、誰なのかを確認しておきましょう。

 


Sponsored Link


 

受付の際の言葉選びはどうすればいい?

 

受付係は結婚式の最初の代表・顔なので、こなすべき仕事だけでなく言葉使いやちょっとした会話で印象が良くも悪くもなります。

 

使い慣れない言葉はとっさに出てこないものですので、受付でのよくある会話の例をご紹介しますので、参考にしてください。

 

最初に受付にゲストが訪れたときの挨拶の例としては「本日はお忙しい中ご出席いたただき、ありがとうございます」が一番スタンダードではないでしょうか。

 

訪れたゲストがはっきりと新郎新婦の家族や親族と知っている相手なら、「本日は誠におめでとうございます」と挨拶するといいでしょう。

 

ご祝儀の受け取りと芳名帳への記入は時と場合によって順番が入れ替わりますが、ご祝儀を渡されたら「ありがとうございます、お預かりします」、芳名帳への記帳をお願いするときは「恐れ入りますが、(記入してほしい欄を指して)こちらにご記帳をお願いいたします」、記帳が終わったら「ありがとうございます」と声をかけておきましょう。

 

一通りの受付が終わったら、席次表や案内を渡して「本日の席次表です、お時間まで控え室でお待ちください」の声かけと共に控え室のほうを指し示すといいでしょう。

 

このとき注意しなくてはいけないのは、できる限り受付係は受付から離れないようにしましょう。

受付を開始したらご祝儀などの現金や金券がたくさん集まるために、人の目が減ると盗難の心配が増えるからです。

 

受付係が多くいるときは、お金の類を担当しない人を一人決めておいて、受付から離れて案内する役にしておくのもいいかもしれませんね。

 

 

受付を行う時のマナーは?

 

受付を行うときにはゲストで呼ばれるとき以上に気をつけなくてはいけないマナーが増えます。

新郎新婦以外の白い服の着用やカジュアル着がNGなのはよく知られていますが、ほかにも結婚式にはさまざまなマナーがあります。

 

今回は一番マナーがあやふやになりがちな、服装のマナーを調べました。

よく結婚式のマナーで「フェイクを含めたファーやレザーの素材はNG」とあり、理由が明記されていない場合が多いですね。

 

大本としては、ファーやレザーは生き物の革を使っていることから殺生に通じ、仏教での戒律や神道の教えとして結婚にふさわしくないというのが、このマナーのはじまりのようです。

 

一方、キリスト教式ではそうした決まりも教えもないために全く問題がないとしています。

 

ゲストとして結婚式に参列する場合、神社でお式を挙げたりマナーに厳しいお家の開催するのでなければ、そんなに気にしなくてもいいかと思いますが、受付に立つとなると話が変わります。

 

何十人、ともすれば百人以上のゲストの相手をする受付係は結婚式の一部となりますので、マナーや地域によってはゲストからマナー違反だと言われてしまうかも知れないためです。

 

同じように、男性もファーやレザー素材を避けるのと共に、Yシャツの織り柄やネクタイ・ポケットチーフの模様もアニマル柄を避けましょう。

 

例外的に男性用時計のバンドに使われる革やエキゾチックレザーはそこまで厳しく言われませんが、気になる場合は事前に新郎新婦に伺っておくと安心ですね。

 

 

まとめ

結婚式の受付をするときは1時間前には到着し、準備を十分にしておくといいでしょう。

受付での言葉選びはある程度決まった台詞がありますので、それを参考に敬語で話します。

 

マナーの中でも人によって解釈が大きく異なるファー・レザー素材については、受付係をするときは避けた方がいいかもしれません。