結婚式の受付の仕事は新郎新婦と関わりの深い関係である友人が受付をする事が多く、受付は新郎新婦側の顔でもあります。

 

そこで、ゲストでもあるにも関わらずわざわざ駆けつけ長時間立ち仕事を担ってくれる友人には感謝の気持ちがありますよね。

 

今回は、結婚式で受付をしてくれた方へのお礼の書き方、お礼に対する金額の平均相場、御礼を入れる封筒はどの様なものが好ましいのかなどについてご紹介いたします。


Sponsored Link


結婚式で受付をしてくれたお礼の書き方はどうするの?

 

先ほども述べたように受付の仕事を担う方は、ゲストたちを迎える大切なお仕事でありゲストにも関わらず一仕事をします。

では一体結婚式の受付の係とはどのようなお仕事なのでしょうか。

 

結婚式の受付の内容

受付係は結婚式当日に新郎新婦両家の顔として、来られるゲストに挨拶を行います。

なぜなら、結婚式や披露宴に着いたら、ゲストがまず受付に訪れるからです。

 

では、具体的な受付の内容としては、親族側の立場である事を考え新郎新婦両家の知り合いに失礼が無いように挨拶をします。

よほど、新郎新婦と関係の深い相手ではないとすることができませんよね。

 

そして次に、ゲストのお名前を芳名帳に記し、ご祝儀を丁寧に受け取り、いただいたご祝儀の管理をします。

お金の管理もあるので新郎新婦にとって信頼のおける人物が選ばれるでしょう。

 

また、ゲストに席次表や席礼をお配りし会場の席までご案内します。

受付は、金銭を慎重に扱いゲストに失礼が無いような態度や言葉を使って丁寧な対応をしてくれます。

 

新郎新婦にとっては、親しみのある人物であるからこそ甘えるのではなくきちんとマナーに従ってお礼を返しましょう。

 


Sponsored Link


 

お礼に対する金額の平均相場は?

 

受付は結婚式当日に大切な役割を担うので、受付の仕事の前にまず新郎新婦の受付を頼んだ方の両親から「本日はよろしくお願い致します。」という言葉と共にお礼を渡してもらうことが好ましいです。

 

できるだけゲストが来ていない早い時間に受付の方に来てもらうようにして、誰も目につかない場所でこっそりと渡すことがマナーです。

 

親御さんも結婚式当日はバタバタしてしまうので前もって頼んでおくことが必要です。

そして気になるお礼の相場ですが、3000円から5000円ほどであるそうです。

 

現金を包み渡す場合もあれば、商品券としてその金額相当のものを渡すこともあるようです。

また、新郎新婦からもお礼の封筒の中にお礼の気持ちを手紙に添えて入れておくことが良いです。

 

 

お金を入れる封筒はどんな物がいい?

 

お礼のお金を入れる封筒ですが、事前に準備しておくことが大切です。

そのために、結婚式1週間前にはお礼を渡す人リストをつくりその中に受付の方の名前もしっかりと入れるようにしましょう。

 

封筒は、ポチ袋に入れるようにしましょう。

なぜなら、ご祝儀袋は1万円以上のお金を入れる場合に使い、ポチ袋は1万円以下のお金を入れる場合に使うからです。

 

そしてポチ袋は結び切りで水引は10本の物を選ぶことが好ましいです。

結び切りは1度きりという意味があるからです。

 

ちなみに、蝶結びは出産の場合など何度あっても縁起の良い場合に用いります。

そして、毛筆や筆ペンでしっかりと表書きをします。

 

受付の表書きは「御礼」もしくは【寿】と書き、その下の部分には両家の名字を記入します。

奥様の方はすでに婚姻届けを出しておられても旧姓で書くようにします。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

結婚式の受付は結婚式当日に両家にとっての顔として大切な役割を担います。

 

そして、受付係は新郎新婦にとっても馴染み深い人物が頼まれまずが、親しき仲にも礼儀を持つようにマナーを守ることが大切です。

新郎新婦はしっかりと話し合い事前に受付係の方へのお礼を準備し両親に渡してもらえるようにしっかりと頼んでおきましょう。