ふと、人は亡くなった後はどうなるのだろうと、考えたことがある人は少なくないかと思います。

ともすれば、子供に死後どうなるかと質問され、どう答えて良いものかと悩むこともあるでしょう。

 

人が亡くなった後の流れを、私たち生きている人間はどのように解釈しているのでしょうか。

また、亡くなった人の夢を見るというのは、どんな意味や理由があるのでしょうか。

 

多くの宗教での死後観や、故人の夢を夢占いの観点から調べました。


Sponsored Link


人が亡くなった後の流れはどうなるの?

 

人が亡くなると、体から抜けた魂や幽霊といったものが天国や地獄にいく…と漠然なイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

科学的な意味では死後はどうなっているか判明していませんが、長い歴史の中で人は宗教の形を取ってさまざまな死後観を作り出していきました。

 

現代日本の死後観はさまざまな宗教や文化のイメージが混ざり合っていて、これというものがなく個人で変わってきます。

 

多くの人は「地獄の閻魔様に死後裁かれる」というイメージを持っているのではないでしょうか。

実は地獄で閻魔様に裁かれるのは長い死後のごく一場面だけで、本当はその後が重要になのです。

 

仏教的な考え方の中では、生きている間の善行や悪行は逐一閻魔様に報告と記録がされていて、死後は生前の記録を元に閻魔様が地獄や極楽などの輪廻先を決める手続きをします。

 

輪廻というのは、生き物はまた他の生き物に生まれ変わるという考え方で、善行をよく積んだ人は極楽で仏様になる準備をし、悪行をたくさん行った人は地獄で償いをするとされ、良くも悪くもない人は再び人間や動物に生まれ変わり次の死後に極楽に行かれるようにと善行に励みます。

 

反対に「羽の付いた天使や唯一の神様がいる天国」というイメージの元となったキリスト教は、宗派によって生死観が大きく変わるところですが、共通するのは死後はいったん神様のいる天国に行き、「復活の日」と呼ばれる日に全員が生き返り、最後の審判を受けるとされています。

 

キリスト教では死去から復活の日までは審判を待つ待機期間との認識ですので、あえて故人の供養や追悼といったイベントは行いません。

 

キリスト教と同じルーツを持つイスラム教も殆ど同じで、死後は最後の審判を待つものとされいます。

 

ユダヤ教や儒教の一部では今までの生死観とは大きく変わり、肉体の死ですべて終わり土に変えるだけというとても、現実的な考え方もあります。

 

亡くなった後の流れは人によって文化によって多く差があり、そのすべてが正しいとも正しくないとも科学では証明できません。

 

中には臨死体験をしたという人や、天国・地獄を見たという人もいますが、自分が「こうだったら良いな」と思うものが自分の死後に訪れる世界なのかもしれませんね。

 


Sponsored Link


 

亡くなった人の夢を見るのは何かの予兆?

 

まれに、夢の中で亡くなった人と出会ったという話を聞きます。

亡くなった人が夢に出てくるのは、どのような理由や意味があるのでしょうか。

 

一般的な夢占いでは、夢に出てきた故人が何をしていたかによって、良い意味にも悪い意味にもなります。

 

故人が出てきただけなら、故人を悼んでいたり亡くなったことに対して思うところがあるという意味になりますが、故人が穏やかであったり家に訪れていたらトラブルが好転したり幸運が舞い込む予兆に変化するのです。

 

夢の中で故人が何かアクションを起こしていたら、そのアクションによってもさまざまな意味を持ち、夢の形式によっても意味が分かれます。

 

良い予兆の吉兆とされるものは、故人との雑談や食事を囲む、プレゼントをもらう、笑顔を向けられるといったアクションを取っている場合です。

 

死んだ人から何かを与えられるのは夢占いではとても良いことで、雑談や食事を共にすると幸運の予感、プレゼントをもらったり笑顔を向けられると予想外の支援や援助が受けられるといわれています。

 

例外的に、雑談でなく怒って具体的な会話だったり言葉を言った場合は、良くも悪くも未来の警告をしてくれていますので、良いとも悪いとも言えませんね。

 

反対に、食事やものを渡したり取られる、泣いている悲しんでいるといったマイナス感情をあらわにしていたら凶兆、悪いことの予兆です。

 

現実にはいない故人に何かを取られるのは、自分の財産や幸運を他に取られるという意味になり、身体的なものから社会的なものまで、さまざまな不調の予感でしょう。

 

泣いていたり悲しんでいるのは、どちらかというと身体的なものよりも非難をされたり人に否定される予感と読み解くことが多く、人間関係の悪化とされます。

 

ほかにも多種多様のアクションごとに意味が大きく変わりますので、夢に故人が出てきたときは何かあることを気にして見るといいですね。

 

 

毎日同じ夢を見る事は可能なの?

 

もし故人が出てきた夢を見て、それが良い意味を持つものだったとき、同じ夢を見たいと思うことがあるかと思います。

 

夢は脳が起きている間の記憶や記録をまとめるときに見るものと言われ、多くの夢は自分の意思とは関係なく勝手に進んで勝手に終わるものです。

 

ですが、ちょっとしたことで見る夢の内容を誘導することが可能なのです。

人間の脳は何度も同じことを考えていると、無意識にその考えが強く残って夢に出てくることがあります。

 

必ず出来るわけでも、全く同じ夢を見られるわけでもありませんが、何もしないよりかは良いのではないでしょうか。

毎日同じ夢を見る方法としては、「夢を書きとめ、何度も思い返す」ことが大切だといいます。

 

良い夢を見たと思ったら、出来るだけ細かく夢を思い出して書き留めます。

夢はしばらくすると忘れてしまうことが殆どですから、忘れないうちに書いて忘れないようにするのですね。

 

次に、何度も見たい夢を思い返します。

どこに誰がいて、何をしていたかを思い出せる限り思い出して、何度も繰り返して夢を具体的にします。

 

このとき、細部が多い出せないときは多少想像で補って、より見たい夢に近付けても良いでしょう。

起きている時間全部で思い出していることは難しいので、思い返すのは夢を見る直前にあたる寝る前に集中して行います。

 

夢を見る、覚えているというのは個人差が大きく、体調や疲れ具合も関係してきますので、一回やって見て出来なくても次も出来ないとは限りません。

 

本当に見たいと思ったら、何度もチャレンジしてみましょう。

 

 

まとめ

人が亡くなった後の流れは文化や宗教、個人でも大きく変わり、一人ひとり違った流れがあります。

亡くなった人が夢に出るときは、夢占いではさまざまな吉凶の証とされ、故人の感情や行動によって意味が変わります。

 

毎日同じ夢を見るには、意識して特定の夢を見たいと思い返すことが大切です。