香典袋を記入する際はマナーに悩んでしまいますよね。

 

そこで、今回は香典袋の種類や金額は横書きにしても良いのか、また1万円の場合の書き方はどうすれば良いのかなどについてご紹介いたします。


Sponsored Link


香典袋にはどんな種類があるの?

表書き

香典袋の表書きに関しては、「御霊前」と「御仏前」があります。

 

御霊前は故人がお亡くなりになられてから四十九日経つまでの間の法事で用いる香典袋であり、御仏前は故人がお亡くなりになられてから四十九日経った後の法事で用いる香典袋です。

 

また、宗教によっても異なりちなみに、仏教や仏式の場合は御霊前、キリスト教式の場合は御花料、神式の場合は御神前と記された表書きを選びます。

 

水引

香典袋の水引とは、弔事において「不幸なことが再び重ならないように」という思いを込めてほどくことのできないといわれる結び切りの物を選ぶようにすることがマナーです。

 

香典袋によって水引の種類が異なってきます。

色は黒白のモノトーンカラーのものから銀一色の物まであります。

 

また、宗教により異なりキリスト教では水引のついていないものを選ぶ事もあります。

 

包み

香典袋はさらに紙に包み渡しますが、基本的に白の無地のものを選ぶようにします。

 

しかし、宗教によってもデザインは異なり、仏式の場合は蓮の絵柄をついている物を選び、キリスト教の場合は十字架や白百合が付いている物を選びます。

 

故人側の宗教が分からない場合は無難に白の無地の物を選ぶことが賢明です。

 


Sponsored Link


 

香典袋はどのように選ぶの?

香典袋を選ぶポイントとしては、2点あります。

まず、相手の宗教や宗派に合わせる事、次に香典の包む金額に合わせる事です。

 

宗教や宗派に合わせるために、故人のご遺族から訃報を受けた際に、相手側の宗教や宗派を聞いておくことを忘れずにいたらそれに合わせた香典袋を用意することができます。

 

また、どうしても相手の宗教や宗派について分からない場合は「御霊前」という香典袋を選ぶことが無難です。

そして、香典に包む金額に合わせて香典袋を選ぶ事ですが、金額に妥当な見た目の香典袋を選ぶようにします。

 

香典に包む金額が五千円以下の場合は、水引が印刷されたのみのシンプルなものを、三万円までであれば水引が白黒もしくは双銀のものを選ぶようにします。

 

また、三万円以上であれば高級和紙で作られ水引が双銀となっている高価なものを選ぶようにします。

 

 

金額は横書きに書いてもいい?

 

金額を中袋に記入し、横書きで記す事も可能であり、算用数字を用いります。

例えば、一万円の場合は「金10,000円」、五千円の場合は「金5,000円」、三千円の場合は「金3,000円」と記入します。

 

円の後に「也」はつけてもつけなくても大丈夫です。

 

 

一万円の場合の書き方は?

一万円の書き方ですが、横書きであれば上述した通り算用数字を用いて、縦書きの場合は漢数字を用います。

漢数字の場合は「金壱萬円(圓)」と記入します。

 

また、略式を用いる事も出来、「金一万円)と記す事も可能です。

 

 

その他中袋の書き方にルールはあるの?

中袋には、金額の他に会葬者の住所や氏名を書きます。

市販の物の中には既に金額や住所、氏名を書く欄が設けられている物もあります。

 

会葬者が多い場合に遺族側がすぐに誰からの香典なのか確認することがききるので書く必要があります。

また、書き方ですが古くからは筆で書かれてきましたが、現代においては筆ペンで記入することも可能です。

 

そして、香典で包む金額についてですが、弔事なので死や苦を想像させてしまう4や9などの数字のつかない金額を包むようにしましょう。

 

一般的にキリの良い数字が良いと言われています。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

香典袋は表書きや水引、包みによって種類が異なります。

 

さらに、香典袋を選ぶ際には相手側の宗教や包んだ金額に合わせた香典袋をえらぶ必要があります。

また、金額は横書きで書くことも可能であり、その他の中袋の書き方についてもご紹介したので是非ご参考になさってください。