御仏前と言えば、故人がお亡くなりになられてから49日が経った後の法事で用いります。

 

そこで、法事の際に御仏前の香典にはどのように名前をかけば良いのか、連名は必要なのか、封筒に上手くバランス良く文字を書くためにはどうすれば良いのかなどについてご紹介いたします。

 

失敗しない書き方をここでしっかりと学んでいきましょう。


Sponsored Link


御仏前に書く名前はどの様に書けばいい?

「御仏前」と書かれた文字の下に、会葬者の氏名をフルネームで記入します。

個人で参列される場合は、中央に名前を分かりやすく表記します。

 

ちなみに、薄墨で書くのは49日までとされているので49日以降の法事においては黒い墨を用いて書きます。

 

連名は必要なの?

 

夫婦で参列される場合や二人で参列する場合、会社名義で参列する場合、部署やグループで参列される場合などのケースがあるので、故人との関わりが深い人々が会葬者の場合は、連名を用いります。

 

夫婦で参列される場合ですが、夫の氏名だけでも一般的にはかまわないですが、夫婦と故人との関わりが深い場合は、連名で記入することをおすすめします。

 

夫の氏名をフルネームで中央に記入し、さらにその左に妻の名前を添えるように記入します。

 

夫が出張などで家を空け、妻のみが参列される場合は夫の氏名を中央に記入し、その左に「内」と小さく添えます。

 

さらに、数人や二人で参列される場合に関しても書き方があります。

 

2名の場合は中央にバランスよく二人の名前を記入し、3名の場合は中央に1名の氏名を記入。その左と右にもう2名の名前を記入します。

 

もしも人数が4名以上になる場合に関しては、スペースも限られてくるので代表者を中央に書き、「他5名」というように残りの方を省略して左下に記入します。

 

また、会社名義で香典を出す場合は、会社の名前を一番右に記入し、役職が最も上の人の氏名をフルネームで一番右に記入します。

 

一般的に、社長の氏名を記入することが多く、中央に社長の氏名を大きくフルネームで記入し、その右に書かれる会社の名前と氏名の上に書かれる役職名は氏名よりも小さく記入します。

 

部署やグループ名で香典を出す場合は、人数が多く全ての人の氏名を記入できないと思うので、「〇〇一同」というように中央にグループ名を大きく記入します。

 

右には会社名を記入しますが、「〇〇一同」よりも小さめに記入します。

 

また、このように大人数で香典を出した場合に、遺族が香典を出した人のお礼状や御返しの際に手間を取らせないように、香典の中に香典を出した全ての人の氏名と金額、住所、連絡先を記入した紙を入れる事をおすすめします。

 


Sponsored Link


 

封筒に書く時にバランス良く文字を書くには?

香典は故人で個人で参列される場合も、連名を用いる際にもバランスよく記入することが難しいです。

そして、黒い墨で記入するので普段のボールペンと異なり、書くことが難しい場合があるかもしれません。

 

慣れない筆ペンで記入することに慣らすために、事前に他の紙で練習する事もおすすめします。

また、名前を書く際にまがらないように中央部分に薄く鉛筆で直線を引き、名前を書く際に中央部分を定める事も有効です。

 

この時に鉛筆の下書きを消すことを忘れないでください。

 

そして、ネットで香典の書き方について詳しく画像を用いて示してくれているサイトを良く見ながら文字のバランスを考える事も大切です。

 

特に連名で書く場合には強調したい会葬者の氏名を大きく書くなど書き方があるので、そのような書き方をチェックしながら記入する事をおすすめします。

 

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

香典の名前の書き方については個人で参列される場合、団体で参列される場合の書き方があり、綺麗にバランスよく記入するためにもそれらの書き方を下書きするなど間違えない事が大切です。