御仏前と言えば、四十九日以降の法事で不祝儀袋に用いられる言葉ですね。

 

御仏前には中袋があり、法事に慣れていない方にとってはこの書き方についてもお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は御仏前の中袋が必要なのか、中袋の書き方はどうすれば良いのか、封筒はどのようなものを選ぶべきなのかについてご紹介いたします。


Sponsored Link


御仏前の中袋は必要なの?

不祝儀袋には中袋や中包みと呼ばれる袋が付属されています。

中袋の中には表に中に入れた金額を記入し、裏に会葬者の住所や氏名を記入します。

 

文房具店などで購入したものの中には、「金額を記入する欄」や「住所及び氏名を記入する欄」があり書きやすくなっている物もあります。

 

中袋の中には供養するためにお供えするお金を入れることが出来、表書きでは表示することが好ましくない金額なども書くことが出来る他、遺族に誰によるお金なのか分かる氏名や住所を記入することができるので必要です。

 

会葬者が多い法事においては、不祝儀袋から中袋のみを出す場合もあるからです。

また、遺族にとって会葬者の住所や氏名が分かる事で御返しや次回の法事のお誘いもしやすくなります。

 

 

中袋の書き方はどうすればいいの?

 

中袋の書き方ですが、筆で書くことが一番正式な方法とされています。

筆ペンで記入することも可能です。

 

そして、四十九日以降とっているので薄墨で書く必要もありません。

中袋に入れる金額については、死や苦を想像させてしまう4や9が付く金額を避け中袋に記入しないようにします。

 

中袋には上記でも述べたように表面に金額を記入します。

例えば、「金壱萬園也」というように表記します。

 

この際全て感じで表示し、数字についても感じで表示します。

1は壱、2は弐、3は参、5は伍、7は七、8は八、10は捨、100は百、1,000は仟、10,000は萬、円は圓と記します。

 

一や二は線を付け足すことで簡単に数字の意味を改ざんすることができるので改ざんしないように難しい言葉にされているそうです。

 

また、現代では中袋の書き方において縦書きではなく横書きで記入するように設定されている物もありアラビア数字で「金5,000円、また金30,000円」などと表示することもあります。

 

そして、中袋の裏側ですが、右側に縦書きで会葬者の住所を書き、左側に氏名を書きます。

 

また、裏側に金額がいくら入っているか記入する場合もあり、その場合は右側に金額を記入し、その次に会葬者の住所、氏名と続きます。

 


Sponsored Link


 

封筒はどのような物を選べばいいの?

封筒の選び方は御霊前にも共通していえますが、相手の宗教や宗派に合わせたもの、香典を包む金額に応じた香典袋を選ぶようにします。

 

宗教や宗派によって、お表書きや水引き、包みのデザインが大きく異なるのでその差に注意しましょう。

 

相手側の宗教や宗派が分からない場合は、ご遺族の方から故人が亡くなられた事を知らされた際に尋ねてみる事をおすすめします。

 

封筒は弔事なので「不幸なことが再び起こりませんように」という参列者の願いを込めて解くことのできない結び切りの水引きのものを選ぶようにします。

 

色合いは、一般的に黒と白のモノトーンカラーの物や銀一色の結び切りのものを選びます。

また、香典を包む袋は白無地の物であり、仏式では一般的に蓮の絵柄が付いています。

 

キリスト教の場合は十字架や白百合が描かれています。

また、市販の香典袋には様々なグレードがあります。

 

しかし、中の包む金額にふさわしくない封筒を選ぶことはおすすめしません。

 

例えば双銀のもの、5千円以下であれば水引きが印刷されたものや3万円までであれば水引きの白黒のもの、それ以上であれば高級和紙で水挽が双銀の豪華なものを選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

御仏前の不祝儀袋において中袋は差出者の住所や包んだ金額を示すにも役に立ち、また書き方にもルールがある事がわかりました。

 

封筒の選び方においても、相手の宗教や宗派、また金額に応じて選ばなければならないので、そのような点も親族に確認して準備をして参列しましょう。