百箇日という法要は、人によっては省略してしまう法要のひとつですね。

葬儀に参列したことはあっても、百箇日の法要に参加したことのない人も多いのではないでしょうか。

 

初めて百箇日に参加するとき、服装はどうしたらいいのでしょうか?

法要には香典が付き物ですが、百箇日では香典だけでいい?お供えは持っていくほうがいい?

 

初めてでも失敗しない、百箇日の服装とお供えについて調べました。


Sponsored Link


百箇日の法要の服装は?

 

百箇日の法要に参加するとき、聞きなれない法要だけにどのような服装を用意すればいいのか悩みますね。

葬儀のときは喪服を着ますが、百箇日はどうなのでしょうか。

 

法要での服装に関してはこれといったルールがないものなので、地域やお家によっても

多少変わってくるかと思いますが、ここでは一般的な法要での服装のご紹介をします。

 

法要の服装として、正式な喪服を着るのは四十九日までと紹介されることが多く、

四十九日を過ぎた百箇日では略礼服でも良いとされています。

 

ですが、納骨や位牌の開眼供養といったことを四十九日ではなく百箇日に行ったり、一周忌までは

喪に服すとする地域ですと、百箇日や一周忌までは喪服で参加する場合もあります。

 

喪服を着るべきところで略礼服を着て参加するのはマナー違反で失礼とされますが、反対に略礼服でいいところに

喪服で行っても多少浮くことはあってもマナー違反にはなりませんので、少しでも不安になるようでしたら、喪服を着ていくと良いでしょう。

 

かばんやファッション小物、アクセサリーも喪服に準じたものとして、金色の光沢のある時計や革や毛皮製品、

パールのアクセサリーは定番ですが、長かったり二重以上の重ねつけをするものは避けます。

 

また、女性は夏であってもストッキングは黒いものを穿いて素肌を見せないようにします。

 


Sponsored Link


 

子供達の服装はどうすればいい?

 

大人の喪服や略礼服はある程度スタイルが決まっていますが、小さい幼児や学生の子供はどうすればいいのでしょうか。

 

幼児がいる場合、礼服を買ったり作ったりしても1回限りの使用になってしまいますので、

基本的には白いシャツと黒・紺・グレーのズボンやスカートを合わせます。

 

小さい子供だと服を汚してしまいがちですので、普段着を着せたいところですが、法要の間だけはポロシャツでも

構いませんので白いシャツに男の子なら黒いズボン、女の子ならスカートが良いでしょう。

 

冬の時期ですとシャツだけでは寒いですので、ズボンやスカートに合わせた

黒・紺・グレーのブレザーやニット、カーディガンを合わせます。

 

習い事などの発表会で、女の子の黒や紺の飾りのないワンピースを持っていたらそれでも良いでしょうが、

レースや飾りボタンが目立つように付いているものは、大人のアクセサリーと同じように避けなければなりませんので注意が必要です。

 

小学校や中学校に進学していて制服があるようでしたら、通っている学校の制服が一番正式な礼服になりますので、制服で参加します。

 

ただし、学校の制服だとしてもスカートが過度に長すぎたり短すぎるもの、ズボンを折っていて7分丈や8分丈で

穿いているもの、ひどく汚れていたり袖裾が擦り切れているものは失礼になりますので、事前に丈や傷を直しておきましょう。

 

高校生以上で制服がない場合は、身体的に大人と変わらないくらいになりますので、

大人と同じような喪服を一枚用意しておくと良いでしょう。

 

やむを得ず乳児を連れて行くとき、乳児用の黒い服はあまり持っていないことが多いと思いますが、

乳児に関してはそこまで固く考えなくても構いません。

 

出来れば黒ですが、泣ければ白・紺・グレーのシンプルなデザインのもので、

派手なキャラクター柄や刺繍などが入っているものは避けます。

 

幼児や学生はファッション小物やアクセサリーをつけませんが、多機能のスポーツウォッチやスマートウォッチ、

キャラクターが全面に出ているものでなければ、普段使いの時計程度はつけて構わないでしょう。

 

 

お供えは何を選んだらいいの?

 

法要になると、金額の多少だけを決めればいい香典と違い、お供え物を持っていくとなると何を持っていけば良いのか悩んでしまいますね。

 

一般的に、招かれた側が必ずお供え物を持っていかなくてはいけないわけではありませんが、地域やお家の

風習やしきたりでは香典よりも渡さなくてはいけないもののときもあり、なんとも悩ましいアイテムではないでしょうか。

 

お供え物は香典や僧侶へのお布施とは別に品物でもっていきますが、やはり大まかにお供えに向くものと向かないものがあります。

お供えに良く使われるものとしては、食べ物・飲み物・消耗品・お花の4種類が挙げられます。

 

食べ物は、故人がとても好きなものがある場合はその好きなものを選ぶのもひとつの手ですが、

一般的にはかまぼこや佃煮、クッキー、おせんべいといった賞味期限が長く常温保存が出来るものが挙げられますね。

 

また、季節柄果物が出回る時期では果物、中でも「丸く収まる」という意味に通じる丸いシルエットを持つりんごやみかん、スイカがおすすめです。

 

飲み物も故人がお酒が好きならお酒類、コーヒーが好きならコーヒーという感じで選ぶと喜ばれます。

消耗品は法要での消耗品という意味で、線香やろうそくが消耗品に当たります。

 

葬儀社や仏具店ではお供え物用にパッケージされた線香とろうそくのセットが売りだされていますね。

 

お花は一般的な仏花で使われるものをアレンジしてもらうのが良いですが、個人が特定のお花を

好んでいたのなら、葬儀では供えられなかったものを法要で供えても良いでしょう。

 

 

まとめ

百箇日の法要に参加するときの服装は、喪服にしておけば間違いはないでしょう。

子供の服装は制服があれば制服で、なければ白いシャツと黒や紺・グレーのズボンやスカートを合わせます。

 

お供え品を持っていくときは、一般的な品物に加えて故人の好きだったものでも良いでしょう。