葬儀や法要に参列すると、ご遺族や受付の人に「御愁傷様」と挨拶することが多いでしょう。

頻繁に挨拶として御愁傷様と使っていますが、話しているときにははっきりとした意味を意識していることは少ないかと思います。

 

御愁傷様とはいったいどんな意味を持っていて、どのような使い方が相応しいのか?

ほかに言い換えは出来ないのか?

 

慣習になっている「ご愁傷様」についての疑問をまとめました。


Sponsored Link


御愁傷様の意味とは?

何気なく葬儀で挨拶として使ったり、軽口のひとつとして使われる「御愁傷様」という言葉を実際使ったことは1回や2回ではないでしょう。

 

なんとなくは意味も使いまわしも知っていても、普段から頻繁に使うような言葉でないだけに辞書や語学的な意味ではあやふやですね。

 

では、ご愁傷様とは、どんな意味を持っているのでしょうか。

御愁傷様の「愁」は心配する意味を持つ「憂」の元となった字で、「愁」の現代でも悲しみを意味します。

 

そこに「傷」が付くことによって、相手の悲しみを気の毒に思ったり、悲しみに共感しているという意味になります。

更に相手への敬意を表す「御」と「様」をつけて、丁寧にしていますね。

 

しかし、近年ではその意味が転じて相手をからかう意味を含んだ使い方をするようになり、あまり葬儀に

参列しない世代や人によっては軽口のみの意味しか知らない人も少なからずいるのも現実です。

 

意味は同じなのですが、軽口になると「残業の上に休日出勤とは御愁傷様」や「取っておいたおやつを食べられてご愁傷様だね」といった

使い方になり、この例文から分かるように相手の不運や苦労をからかう意味合いが含まれていますね。

 

余談ではありますが、葬儀の準備や最中で「御愁傷様です」と言う人を不謹慎だと捉える人もいると、

ある意味「御愁傷様」のプロである葬儀屋さんが話すこともあるほどです。

 

「御愁傷様」は昔から使われているご遺族の気持ちに寄り添う言葉ですので、たまには意味を考えて使えるといいですね。

 


Sponsored Link


 

どの様な使い方をするの?

 

「御愁傷様」の意味が分かったところで、使い方を間違えてしまうと台無しになってしまいますね。

 

人が悲しむ場面はさまざまありますが、長い人生の中で大きな悲しみを感じるのはやはり縁のあった人との永い別れではないでしょうか。

 

一般的な使い方としては、葬儀の場でご遺族の人への言葉か、またはご遺族と一緒に葬儀を執り行う受付の人への挨拶として使うことが多いです。

 

葬儀だけでなくとも、葬儀直後に初めて顔を合わせたご遺族への挨拶のひとつとしても使いますね。

 

使うときの注意点としては、「このたびは御愁傷様です」とのあとに何かしら話すときに

「ご遺族や葬儀の場で言うのにふさわしくない言葉を使わないこと」が挙げられます。

 

ひとつに、普段の話し言葉で使いがちな「たびたび」や「重ね重ね」といった「重ね言葉」を使わないことです。

 

同じ言葉を繰り返す重ね言葉は、葬儀の場で使うと「葬儀(不幸)を繰り返す」と受け取られかねないので、「御愁傷様」と使う場では避けなければいけません。

 

もうひとつに直接的な言葉は使わない、というのもあります。

 

これも似た理由があるのですが、古くから日本語では「言葉は口にするとその通りになる」という

言霊という考えがあり、マイルドな言葉に言い換えるのが慣習になっています。

 

ご遺族との会話で使うことの多い「死ぬこと」は「ご逝去」、「生きていた頃」を「ご生前」と言い換えます。

 

単語や言葉ではないですが、故人とのことや葬儀のことで気持ちが落ち着いていないご遺族に、亡くなった原因や

亡くなったときの様子を聞くことは、心をかき乱してしまいますのでマナー以前に避けなければいけません。

 

無理に励まそうとすることも良いとも言えず、心の傷を負った人には一人になったり家族だけで喪に服す時間が必要な場合が大半です。

そうしたことは時間が経って、ご遺族自身が色々なことを話す気になってからにしましょう。

 

 

「御愁傷様」以外の言い回しはある?

 

葬儀の場だけでなくとも、ご遺族との会話になると何度も「御愁傷様」とばかり挨拶をしていられませんね。

 

そうしたときはどのような言いかえをするといいのでしょうか。

よく使われるのは「お悔やみ申し上げます」や「ご冥福をお祈りいたします」といったものがあります。

 

「お悔やみ申し上げます」は、故人が亡くなって悲しみやさまざまな感情が湧き上がるご遺族に寄り添うニュアンスが強く、

「ご冥福をお祈りします」は故人が死後の世界での幸せや苦労がないようにと願って、故人を慕うニュアンスが強くなりますね。

 

一説によると、「ご冥福をお祈りします」は宗教用語から生まれた言葉なので、信仰する宗教や

地域・お家によってはあまり好まれないこともあることを一緒に覚えておくといいでしょう。

 

ときおり、テレビでさまざまな国の首相や政治家の人が事故やテロで人がたくさん亡くなったときの声明で

「哀悼の意を表します」「哀悼の辞を表します」と使いますが、

この言葉は話し言葉ではなく書き言葉ですので、電報や手紙などの文面以外にはふさわしくありません。

 

テレビやラジオでは読み上げられていて耳にすることも多いですが、会話では使えないことを心に留めておくと安心ですね。

 

 

まとめ

「御愁傷様」の意味は、相手の悲しみを気に毒に思うといった意味があります。

使い方としては、葬儀での受付での挨拶や、ご遺族との挨拶で使うことが多いでしょう。

 

他の言い回しとしては「お悔やみ申し上げます」や「ご冥福をお祈りいたします」がポピュラーではないでしょうか。