葬式や通夜などの葬儀に参列し、後日香典返しが贈られてきた。

という方もいらっしゃいますよね。

 

最近では一般的に、香典を頂いた方には香典返しをするというのがマナーになっています。

ですが、この香典返しをもらった場合、お礼の連絡をした方が良いのか?

 

香典返しにはお礼はいらないと聞いた事もあるし…どうすればいいのだろう?と頭を悩ませている方もいらっしゃると思います。

今回はそんな香典や香典返しについていくつかまとめてみました。


Sponsored Link


香典のお返しは必ず必要なの?

そもそも香典とは、御霊前にお供えするものとされていました。

 

ですので、香典のお返しは必要ないとされていましたが、現在では一般的に、香典を下さった方には

お礼の気持ちを込めてお返しの品物を贈るという風潮があります。

 

ですが、最近は葬式や通夜などの葬儀の際に、その場でお返しを渡すというケースも少なくはありません。

その場でお返しを渡してるという方には、基本的に後日品物を贈ったり、挨拶に伺ったりという事はしなくて良いとされています。

 

ですが、お礼状は必ず葬儀に参列してくださった方へは送付するようにしましょう。

 

その場でお返しはしていても、香典が高額だった方や故人が生前によく付き合いをしていた、

大変お世話になっていた遠方からわざわざ参列して下さったなど、関係が深い方には

改めて香典返しという形でお礼をしたほうが良いのではないでしょうか。

 

 

香典返しをもらったらどうすればいいの?

 

香典返しをもらったらお礼をしなければいけないのでは?!

お礼をしないとマナー違反なのでは!?とお考えの方もいらっしゃると思います。

 

ですが、基本的にはお礼は必要ありません。

なぜかというと香典返しは、葬儀に参列をしてくれた事へのお礼として贈ってきているのです。

 

それに対し、またお礼をするとなると、礼に礼を重ねるということになります。

そこから不幸を重ねるという意味になってしまいますので、良く思わない方も多いそうです。

 

このような事から、香典返しにはお礼は必要ないと言われているようです。

もらったまま何も連絡もしないというのも気がかりだ。という方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方はお礼としてではなく、きちんと品物を受け取りました。

という意味で、送り主に連絡をするのも一つの解決策ではないでしょうか。

 


Sponsored Link


 

香典返しが不要な場合の書き方は?

中には職業柄、香典返しを受け取ってはいけないという方もいらっしゃいますし、

遺族の方々に気を遣わせたくないという意味で、香典返しを辞退する方もいらっしゃいます。

 

ですが、辞退するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

一つの方法として香典の住所などを書く、裏書きの部分に、

「お返しなどのご配慮は遠慮させていただくようお願い致します」

「誠に勝手ながら、香典返しはご辞退させて頂きたくお願い申し上げます」などの、

香典返しは不要です。といった内容の一言を書いておくと良いでしょう。

 

この一言を添えた上で、香典の金額を香典返しに値しない金額にするというのも参列する側にできる配慮ではないでしょうか。

 

 

まとめ

香典返しをもらった際のお礼や、不要な場合の対処法についてお話しましたが、お役に立ちましたでしょうか。

香典返しにはお礼は不要と言われていますが、やはり届いたか届いていないかの連絡はした方が親切ではないかと思います。

 

お礼としてではなく、相手を思いやり一度連絡してみてはいかがでしょうか。

香典返しの辞退についてですが、基本的には香典返しはお礼ですので、受け取る事がマナーです。

 

職業上どうしても受け取れないといった場合のみ、封筒の裏書きに一言を添え、辞退するようにしましょう。

また、先ほどお話した文章は例文ですので、その通りに書かなければいけないという訳ではありません。

 

勝手ながら辞退させて頂きたいという旨を伝えるようにしましょう。