「叔母が亡くなった場合の香典はいくらにすればいい?」

弔事に際して、香典をいくら包むかということは悩むところですよね。

 

香典の金額相場は、年齢や故人との関係によって異なります。

今回は親戚や友人の家族が亡くなった場合を中心に、香典金額の相場を調べました。


Sponsored Link


そもそも香典の意味とは?

「香典」の本来の意味は、故人の霊前にたむけるお香の代金です。

仏教において、「香り」は霊の唯一の食べものであり、故人の供養にとって非常に重要な意味を持ちます。

 

かつての葬儀では、弔問客それぞれがお香を持参して焚く風習がありましたが、お香の代金を包むことで代わりとするようになっていきました。

 

「香典」や「御香料」と呼ばれるのはこのためです。現在ではお香を持参する風習そのものよりも、「葬儀の費用の足しにして下さい」という意味合いが強くなっています。

 

今回は故人に包むお金全般を「香典」と呼びますが、他の宗教では次のような名称が正式となります。

 

・神道系・・「御玉串料」「御榊料」
・キリスト教系・・「御花料」「御ミサ料」
(※宗教が不明な場合は「御霊前」を使います。)

 

 

香典金額の相場は?

 

香典金額を決める際の基本的なポイントは、「故人との生前の関係」と「香典を準備する人の年齢」です。具体的な例は次の通りです。

 

祖父母

・20歳代・・1万円
・30歳代・・1万~3万円
・40歳以上・・3万~5万円

 

両親

・20歳代・・3万~10万円
・30歳代・・10万
・40歳以上・・10万円、もしくはそれ以上

 

兄弟・姉妹

・20歳代・・3万円
・30歳以上・・5万円

 

おじ・おば

・20歳代・・1万円
・30歳以上・・1万~3万円

 

その他親戚

・20歳代・・1万円
・30歳以上・・1万~3万円

 

友人・知人・・年齢に関わらず、5千円~1万円

 

近所の人

・20歳代・・5千円
・30歳以上・・5千円~1万円

 

友人・知人家族

・20歳代・・5千円
・30歳以上・・5千円~1万円

 


Sponsored Link


 

香典の相場のほかに注意すべきポイントは?

 

上であげた基本的な相場に加え、次の条件も加味する必要があります。

 

一緒に参列する家族との金額差

親や子など、家族と一緒に参列する場合は香典金額に差をつけるのが一般的です。

金額が「親>子」となるように家庭内で相談して決めるようにしましょう。

 

偶数や4・9などの数字を避ける

お札の枚数で偶数や4(死)・9(苦)といった数字は良くないと言われています。

「1~5万円」の範囲で香典を決めるときには、実質的には1・3・5万円のどれかで包むケースが多いです。

 

故人とのお付き合いの深さ

故人との血縁関係がなくても、長年家族同様の付き合いをしてきた人などは、相場に関わらず多く包む場合もあります。

また、同級生や職場の一同で香典を包む場合は、一人当たりの金額が相場より上下することも考えられます。

 

家族の場合

両親や兄弟姉妹など、特に近しい関係の弔事の場合、葬儀不要の負担なども考慮し、相場より上乗せして香典を包むことがよくあります。

 

このような場合は喪主や親族と相談の上で決めるようにして下さい。

 

その他

知人の場合、関係者の連絡が上手く伝わらず、葬儀が終わってから訃報を聞くという場合もあります。

葬儀後に弔問する際は、非礼を詫びる気持ちを込めて5千円~1万円大目に香典を包む方がよいという考えもあります。

 

状況により、家族で相談して決めるようにしましょう。

 

 

香典を持参する際のマナー

香典を持参する際に注意すべきマナーを紹介します。

 

訃報を聞いたからといってすぐに持って行かない

訃報を聞いてすぐ故人のもとへ駆けつける場合がありますが、その際に香典を持って行ってはいけません。

まるで予め準備していたような印象を与えてしまい、失礼になります。

 

香典は通夜や葬式の際に渡すようにしましょう。

 

香典を断られたら無理強いしない

最近は、香典返しの負担を減らすために香典を辞退するケースが増えています。

遺族が香典を辞退されている場合は、一般参列者の香典は不要です。

 

おばや祖父母など親族の場合は受け取る場合もあるようですが、基本的に遺族から断られたら無理に渡さないようにしましょう。

 

香典袋は表書き・中袋をもらさず書く

香典袋は葬儀後に弔問客の氏名と香典金額を整理する際の重要な手がかりになります。

表書きの名前はフルネームで書き、中袋の住所・氏名・金額欄も必ず記入しましょう。

 

香典を渡す際には一言添える

香典を遺族側に渡す際には、「このたびはご愁傷様です。御霊前にお供えください」というような一言を添えるようにします。

葬儀会場の受付が設けられている場合も同様です。

 

 

まとめ

香典の相場についてまとめましたが、いかがでしたか?

年齢や故人との関係によって香典金額の相場は異なります。

 

それだけでなく、生前のお付き合いや他の家族との兼ね合いも含めて決めるようにして下さい。

また、香典を持参する際のマナーも参考にして下さいね。