お葬式を出した後にほっとするのもつかの間、忘れてはいけない大切なこととして香典のお礼文を送らなくてはいけませんね。

 

無事に葬儀や法要を終えたご報告と、故人がお世話になった人へのご挨拶としてお送るお礼は、

葬儀が終わってすぐ返す場合と、香典返しと一緒に送る場合があります。

 

いつ、どのタイミングで香典のお礼を送るのがいいのか、どのようなお礼文があるのか、例文を交えながらご紹介します。


Sponsored Link


香典のお礼文はどんな内容がいいの?

 

香典のお礼文は押さえるべき基本パターンがあり、多くの例文や定型文の構成に使われています。

 

まずは「お葬式やその他で香典をいただいたお礼」、続いて「生前の故人との縁、お付き合いに対するお礼」

「直接お礼に伺えないお詫び」の3つは必ず入れなくてはいけないでしょう。

 

この3つはお葬式の形式や宗教宗派にかかわらず、日本での葬儀後のマナーとして一般化しているものなので、

文面や表現方法が多少変わっても、このポイントを抑えておくほうがいいですね。

 

多くの香典のお礼文は忌明けをした後に送ることが多く、仏教式の忌明けである四十九日の法要を行った後なら、

香典返しと一緒に送るのなら、「四十九日の法要が無事に済んだこと」や、

葬儀に戒名がついていないときは「つけられた戒名のお知らせ」を書くとより丁寧になります。

 

神道式の忌明けにあたる「五十日祭」や、キリスト教式の「追悼ミサ」・「昇天記念日」など、四十九日に

相当する儀式の後なら、それぞれの「五十日祭」や「追悼ミサ」「昇天記念日」がつつがなく終わったことをお知らせしましょう。

 

また、香典のお返しは「故人に代わって喪主(遺族)お礼を述べるもの」ですので、喪主から見た故人の

続柄の「亡父」や「亡祖父」と書いて、喪主はあくまで代理の立場で文章を作ります。

 

内容とはやや離れますが、香典のお礼状には句読点

(文末に付ける「。」や「、」)をつけないようにする、というものがあります。

 

付けない理由には、毛筆文では句読点を付けないため、句読点で文章を区切ると文字が滞り葬儀も滞るとされるため、

句読点は読みやすくするためのもので相手の読解力が低いとしてしまうため、との3つの説がありますが、多くは慣習といわれいます。

 

慣習ではあっても、地域やお家によっては大きなマナーになっている場合がありますので、

出来るだけ守るほうがお互い気持ちよくいられますね。

 


Sponsored Link


 

お礼の手紙やメールはいつまでに返せばいい?

 

香典のお返しやお礼文を送るタイミングはいくつかあり、いつ返すのがいいのか悩みますね。

早いタイミングでは、お通夜・告別式が終わった時に参列や香典を贈ってくれたことに対してのお礼状を送ります。

 

このタイミングでは、香典の金額がお返しに比べてとても多いときの送ることが多いでしょう。

次に多くのお礼状のタイミングとされている、四十九日などの忌明けに香典返しの品物と一緒に送るものですね。

 

ですが、現在では多くの葬儀の中で「当日返し」として別途手紙だけでお礼を出すことは少なく、

多くは郵送で香典をいただいた場合のときに送ることが殆どですね。

 

郵送で御霊前の香典をいただいたときは、お葬式に参列できないことが前提ですので忌明けのタイミングで返すのが一般的です。

御仏前の表書きがあるものは仏教での忌明け後が殆どですので、特定の送るタイミングはなく受け取ったら出来る限り早く返すことがマナーです。

 

一回忌などの年忌法要の直前に送られてきたときは、法要の終わったときに開催の挨拶を含めて送るといいでしょう。

 

最近はメールやSNSでのやりとりが多くなっていますが、お礼ははがきや手紙にして送る正式なマナーですので、

香典が贈られたことや届いたことを知らせる、略式のお礼として扱われます。

 

まれに、仕事のお付き合いでメールが主な連絡手段であったり、香典の中袋の連絡先にメールアドレスをメインで

使うよう書かれている場合やごく親しい間柄の相手にメールで送る場合は、文章は手紙と同じにして、

件名に「御香典の御礼状・○○(喪主フルネーム)」と書いてどのようなメールなのか分かりやすくしておきましょう。

 

メールは送信するとほぼ瞬時に送られるものなので、葬儀の後なら告別式のあと数日中、

忌明けを待っての送信は当日や翌日、それ以降は受け取ってから当日中が良いでしょう。

 

手紙でもメールでも、どの通信手段でも、遅ければ遅いほど失礼になりますので注意して早め早めに出しましょう。

 

 

おすすめの例文はある?

 

香典のお礼文を一から考えるのは大変ですので、ポイントを抑えた例文を2つご紹介します。

故人との間柄や日にちなどを書き換えるだけでも使えますので、参考にしてください。

 

まずは一般的な仏教式での忌明け後に送るときの例文です。

 

謹啓

先日の (続柄) (故人の俗名) 儀 葬儀に際しましては

お忙しい中ご鄭重なるご厚志を賜りありがとうございました

○月○日 (戒名)

四十九日の法要を相営むことができました

生前に故人が賜りましたご厚情に対しあらためて感謝申し上げます

つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますので ご受納くださいませ

早速拝眉の上御礼申し上げるべきとは存じますが 失礼ながら書中を持ってご挨拶申し上げます

謹白

 

このようなお礼文ならば、喪主やご遺族と縁のない人へ送る場合でも十分なお礼になりますね。

喪主やご遺族も良く知っている親しい人へ送るときは、内容こそ変えずに砕けた文章にするといいでしょう。

 

もうひとつは、神道式やキリスト教式での葬儀をしたときのお礼状に使える例文です。

 

謹啓

先般 (続柄) (俗名・またはキリスト教なら洗礼名) (神道は「葬儀」・キリスト教は「昇天」)に際しましては

ご多用の中にもかかわらずご会葬を賜り

かつご丁重なるご厚志を賜り 誠に有難く厚く御礼申し上げます

おかげをもちまして○月○日に(五十日祭・追悼ミサ・昇天記念日)を滞り無く相営みました

つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお届けしましたので 何卒お納めくださいませ

本来であれば拝眉の上お礼を申し上げるべきところとは存じますが 略儀ながら書中を持ってご挨拶申し上げます

敬白

 

神道やキリスト教では、仏教用語の「法要」や「供養」を使わず、「葬儀」は神道では使いますがキリスト教では使いません。

 

信仰している宗教や宗派、地域の風習やしきたりなどでも文章のマナーが変わってきますので、

少しでも疑問がある場合は喪主の経験をしている年長者などに聞いておきましょう。

 

 

まとめ

香典のお礼文はいくつかのポイントを抑えておくと整った文章が作れます。

お礼の手紙やメールは法要などの儀式が終わったときに送ることが多いです。

 

お礼状の例文としては、仏教式のものと神道・キリスト教のものとで言葉が変わってきますので、宗派などに気をつけて使いましょう。