葬儀や法事法要などで、僧侶に渡すお布施。

ですが、日常でお布施について触れることは少ないですよね。

 

その分、あれ?表には何てかけばいいんだっけ?封筒は何を使うべき?

金額ってだいたいいくらぐらい入れればいいの?

 

などと疑問に思う事が多いという方も多いのではないでしょうか。

ですが、触れる機会は少なくとも、大人のマナーの一つとしてしっかりと知識を持っていなくてはいけません。

 

 

今回は、お布施の表書きの書き方や、封筒の種類についてまとめてみました。


Sponsored Link


お布施の袋は薄墨で書いた方がいい?

通夜や告別式などの葬儀に参列する際、不祝儀袋には薄墨で書きます。

 

お布施も薄墨で書いた方がいいのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、

お布施は薄墨で書く必要はありません。

 

また、四十九日や三回忌など日にちが事前に決まっている法事法要なども薄墨を使う必要はありません。

この薄墨の習慣は、昔は現代のように筆ペンなどはもちろんなかったので、筆と墨を使っていました。

 

人が亡くなり、突然の事で墨を濃くなるまで磨る事ができなかった。

悲しくて涙で滲んでしまった。という理由だと言われています。

 

よって、事前に日にちがきまっているものは、薄墨を使う必要はないと言われています。

 

 

表書きは何て書けばいいの?

 

一般的には、「御布施」や「お布施」と書きます。

 

通夜や葬儀の時に使用する不祝儀袋の書き方と同様に、上半分に「お布施」と書き、

下半分には、名前を書くようにしましょう。

 

最近は、お布施とすでに印刷してある封筒もよく見かけます。

また、自分の名前をパソコンでプリントアウトしているという方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

 

マナー違反というわけではありませんが、自分の名前はしっかりと手書きをするようにするとよいでしょう。

僧侶への感謝の気持ちを込めて、できるだけ丁寧に手書きをしましょう。

 


Sponsored Link


 

封筒の水引はどうすればいいの?

基本的には、お布施の際に使う封筒は真っ白な封筒と言われています。

お布施はお寺に対して、僧侶への感謝の気持ちとして渡す物です。

 

相手に不幸があったわけではありません。なので、水引はつけないほうが丁寧とも言われています。

ただ、水引は不要とは言われておりますが、地域によっても異なるようです。

 

水引を使う場合には、結び切りのものを使うようにします。

色は基本的に白黒のもの。中には、黄白の水引を使う地域もあります。

 

また、黄白は四十九日以降の法要に使う場合もあるようです。

 

 

まとめ

お布施についていくつかの疑問点をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

このように、わからないことがほとんどですよね。小さなことかもしれませんが、間違っていると、

常識が無い、世間知らずといったレッテルを貼られてしまう場合もありますので注意しましょう。

 

お布施の考え方としては、葬儀や法事法要などでお経をあげてくださる僧侶へのお礼、謝礼というものです。

不幸があったわけではありませんので、お布施の袋は薄墨で書く必要はありません。

 

また、最近は封筒に「お布施」と印刷してあるものや、自分の名前もパソコンでプリントアウトしてしまうといった方も多くいらっしゃいます。

ですが、僧侶へのお礼ですのできちんと丁寧にできるだけ手書きをするようにしましょう。

 

また、地域によっては、水引を用いるところもあるようですが、一般的には水引は使用しません。

真っ白、無地の封筒に、お布施と名前を書く物がよいとされています。

 

葬儀などでは、新札はマナー違反ですが、お布施は先ほどもお話しましたが、僧侶へのお礼です。

新札が準備できなくても、できるだけ綺麗なお札を入れるようにしましょう。

 

このように、いくつもおさえておきたいポイントがありますが、一番大切なのは、感謝の気持ちを持って渡すということです。

僧侶へ渡す際には、今日はどうぞよろしくお願い致します。と一言添えて渡すようにしましょう。