僧侶、お寺に渡す謝礼をお布施といいます。葬儀や法事法要の際に渡す物です。

 

法事法要や葬儀といったものは、頻繁にあるものではありませんので、

「あれ?表書きってどういう風に書くのだったかな?」「中袋は何か書かないといけないんだっけ?」

といったようにわからなくなってしまう方も多いのでは無いでしょうか。

 

このお布施の表書きや中袋の書き方、金額、使う封筒なども大人のマナーとしての一つです。

 

やはり知らなければ、恥ずかしい思いをしてしまいます。

いざという時のためにも、しっかりと覚えておきましょう。


Sponsored Link


お布施の中袋の書き方は?

中袋の裏面には必ず書かなければいけないのが、住所・氏名・中に入っている金額です。

中袋に書くのは筆でなくても構いません。ですが、ボールペンは避けるようにしましょう。

 

サインペンなどがオススメです。

数字は必ず漢数字で書き、旧字体を使うようにしましょう。

 

例えば、5万円入っている場合には、\50000ではなく、「金伍萬圓」と縦書きにします。

 

金額はどの程度入れればいいの?

また、頭を悩ませるのは封筒の中に入れる金額ではないでしょうか。

お布施の金額は、よく「お気持ちで」と言われることがあります。

 

お気持ちで、とは実際いくらなの!?お気持ちでと言われたものの、少なすぎると失礼なのでは!?と悩みますよね。

という事で実際の相場はいくらぐらいなのかをお話しておきたいと思います。

 

まずお通夜、葬儀・告別式のお布施の相場です。

僧侶を呼んだ場合、東京近郊のお布施の場合の相場は、だいたい20万円~35万円と言われています。

 

また大阪近郊の場合はだいたい20万円前後とされています。

全国的に見ると、だいたい15万円~50万円と幅が広いです。

 

この相場は二日間です。お葬式で戒名や読経をお願いしたものとします。

相場をお話しましたが、お寺に連絡した時に、お布施の金額を聞いておくという事も一つの手だと思います。

 

宗派や地域によっても相場の金額を前後することももちろんありますので、心配な方は事前に確認しておきましょう。


Sponsored Link


 

お布施を渡すタイミングはいつがいいの?

 

喪主側の方は、葬儀や告別式の時には、参列してくださった方へのご挨拶だったりと特にバタバタしてしまいます。

無事に終わった・・・。と思いきやお布施を渡し忘れた!なんて事も。

 

そんな失礼がないように気をつけておきたいものですが、どのタイミングで渡すのがベストなのでしょうか?

まずは、お寺などで法事法要を行う際には、入り口に受け付けがある場合には、受け付けで渡すと良いでしょう。

 

また、受付がない場合は法要が始まる前に挨拶もかねて渡すようにしましょう。

その際「今日はどうぞよろしくお願い致します」と一言添えるとより丁寧でしょう。

 

法事法要の前にゆっくりとご挨拶が出来ない場合には、終わってからお礼の挨拶と共にお布施を渡すとよいでしょう。

葬儀の際にも同じく、葬儀が始まる前に挨拶と共に渡しても良いですし、時間が無ければ終わってから渡すようにしましょう。

 

また渡す際には、必ず袱紗に包むようにしましょう。これはマナーのひとつでもあります。

渡す時には袱紗からお布施を出し、袱紗に乗せて渡すとよいでしょう。

 

袱紗がない場合にはお盆へのせて渡すようにするとよいでしょう。

正式には、切手盆と呼ばれる黒いお盆です。

 

お盆を準備し忘れた!という場合には、一度葬儀社に確認してみると良いかもしれません。

中には切手盆を貸し出してくれるといったところもあるようです。

 

 

まとめ

なかなか日常では触れる事の少ない、お布施についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

あまり普段考えることはありませんが、いざという時に知っておかなければ恥ずかしい一般常識でもあります。

 

お布施の中袋の書き方や金額、その他にもお布施を渡すタイミングなど。

ご自身が恥ずかしい思いをしない為にも、しっかりと身につけておくと良いでしょう。