お葬式や法事のときに使う香典には、御霊前と御仏前・御花料・御玉串料とたくさんの種類があります。

いざ香典袋を買いに行くとどの袋を使えばいいのか悩むこともあるでしょう。

 

御仏前と御霊前の違いや他の表書きの意味など、普段使っていても意外と知らないものです。

いまさら聞けない香典に使われる表書きの違いや使い分け、仏教用語やお葬式で使われる言葉の読み方や意味をまとめて見ました。


Sponsored Link


御仏前と御霊前の違いは何?

 

香典袋として売っているものの中に、御霊前と御仏前の二つがよく目立っておいてあると思います。

この御霊前と御仏前は、どのような違いがあるのでしょうか。

 

香典の中でも御霊前と御仏前は、仏教の教義にのっとって使い分けられます。

 

仏教の多くの宗派では、人が亡くなると四十九日までは仏になる前の準備期間とされ、

まだ仏になっていない霊の状態なので「御霊前」、四十九日を越えると仏になったとみなされて「御仏前」と使い分けられます。

 

出典:osohshiki.jp/

 

多くのお寺で四十九日になってから納骨をすることから、ひとつの区切りとして、香典の名前も切り替わるのですね。

香典を渡すときに、四十九日より前か後かを確認しておくといいでしょう。

 

ですが、仏教の中でも浄土真宗や日蓮正宗といった宗派では、霊というものはなく亡くなったら

すぐに仏になるとされるものもあり、この場合は四十九日以前のお通夜や告別式でも香典は「御仏前」を使います。

 

ひとくちに仏教といっても、教義によって亡くなった人への考え方や扱いは大きく違います。

 

また、信仰している宗教や宗派が同じであっても、地域やお家の風習やしきたりによっても

さまざまな変化している場合がありますので、疑問があるときは親族や地域の年長者に聞いておくと安心です。

 


Sponsored Link


 

御仏前の読み方は何て読むの?

 

葬儀や法事にかかわる言葉には、仏教などの宗教用語がそのまま使われていて、

読み方や意味を知らないで使っていることも多くあります。

 

読み方があやふやなものでは、「御仏前」ではないでしょうか。

「御仏前」は「御佛前」とも書き、読み方はどちらも「ごぶつぜん」と読みます。

 

意味としては、仏になった故人の前に供えるもの、と文字そのままの意味か込められています。

同じように「御霊前」は霊の状態の故人の前に供えるためにこの名前になり、読みもそのまま「ごれいぜん」と読みます。

 

御霊前や御仏前をまとめて「香典」と呼びますが、この香典も仏教用語が由来の言葉で

「こうでん」と読み、別の文字で同じ読みの「香奠」と書く場合もあります。

 

香典の「香」は故人に供えるお香や線香、「典(奠)」は故人に供える金品の意味があり、

現代では線香やお花の代わりに送る現金を指す場合が殆どです。

 

神道式やキリスト教式の葬儀や儀式のときも、同じように故人やご遺族にお金やお花などを送ることを、

マナー集や一般的な会話では慣習的に香典と呼んだりもしますが、実際の葬儀の場では言わないようにしましょう。

 

その宗教や宗派にあった呼び方がありますので、各々の名称で言うことが故人やご遺族の宗教に対してのマナーです。

 

 

仏教以外の香典はどういうのがあるの?

仏教では故人に供えるものを香典や御霊前・御仏前と呼びましたが、他の宗教ではどのような名称で呼ぶ問いのでしょうか。

仏教式の次に多く行われていると思われるキリスト教では、「御花料」が一般的に使われます。

 

出典:osohshiki.jp/

 

キリスト教ではお香を供える習慣がなく、お花を贈ることが殆どのために「御花料」とし、

神様にかかわる十字架や百合の花が描かれた袋に入れて渡します。

 

キリスト教の中でも、カトリック派では同じ宗派の信者でない人から贈られたものに

「御霊前」や「御香典」と書かれていても慣習として問題はないとすることは多いです。

 

プロテスタント派の中でも福音派と呼ばれる宗派では、異教の偶像崇拝とかかわるとして

「御霊前」や「御香典」はふさわしくないというときもあります。

 

お寺ではなく神社で執り行う神道式では「御玉串料」「御神前」「御榊料」のいずれかを書きます。

 

出典:osohshiki.jp/

 

玉串(たまぐし)とは神道で神様に捧げるものの名前で、榊(さかき)の枝に紙の飾りを付けたものです。

 

神社で結婚式やご祈祷をしているとき、神職の方が紙飾りを巻き濃い緑でつややかな葉を

付けた枝を持っていることがあり、その枝が玉串と呼ばれるものです。

 

神道では人が亡くなるとまず霊になり、神様になるとされていますので、「御榊料」・「御玉串料」や「御神前」を使います。

神道でも葬儀にお香は使わないために、「御香典」の表書きは使われません。

 

 

まとめ

御仏前と御霊前の違いは、仏教の考えに基づいて四十九日の前か後かで使い分けます。

御仏前は「ごぶつぜん」と読み、ときには「御佛前」とも書くときがあります。

 

仏教以外では「御花料」や「御玉串料」といった宗教ごとの名称が使われ、その時々に合わせて使い分けます。