葬儀や法事に参加するときに必要になる御霊前や御仏前といった香典は、

いくら用意すればいいのかすぐには判断できないものですね。

 

香典だけでなくお布施はどういうときにいくら出すのか、案外悩みます。

 

また、御霊前・御仏前などの香典はお金の入れ方やお札の向きなど、

金額以外で気をつけないければいけないマナーが多くあります。

 

金額から入れ方まで、香典でのマナーをまとめました。


Sponsored Link


香典やお布施の金額はいくら必要なの?

 

香典と一口に言っても、用意する場面は多岐に渡りさまざまなシチュエーションがありますね。

御霊前と御仏前で、名前が違う香典は金額も変わるのでしょうか?

 

香典とは故人に供える線香や花、供物の代わりにお金を包んだものをさします。

 

御霊前と御仏前は仏教における法要の時期によって使い分けるもので、御霊前は四十九日の前に

行うお通夜や告別式などの葬儀のときに渡す香典に使う表書きで、御仏前は四十九日以降に渡す香典に使います。

 

これは故人やご遺族の信仰されている宗教や宗派によっては、御霊前・御仏前以外の

表書きのものを使う場面もありますので、相手の宗教宗派がわかっていればその宗教宗派に合わせましょう。

 

香典の金額は地域やお家の風習やしきたりでも変わっていきますので、

ここではお通夜や告別式、四十九日前に渡す一般的な目安の金額をご紹介します。

 

故人との関係によって香典の金額は大きく変わり、親族の中でも両親や兄弟の葬儀なら

3万円から10万円、祖父母なら1万円から5万円、おじおばやそれ以上遠縁ならば3000円から3万円と変わります。

 

友人や会社での縁の人、恩師、近隣住民は関係の濃淡によりますが、3000円から2~3万円の中で出すことが多いようです。

また、どの立場であっても、偶数や4、9のつく金額は縁起が悪いということで避けられます。

 

金額の多少よりも偶数や4、9がつかない金額にするように気をつけましょう。

 

四十九日以降の法事などで渡す香典はまた金額が変わり、法要に参加する血縁の親族で

1万円から3万円、血縁がないか親しくない場合は5000円から3万円程度で、

会食がある場合は1~2万円ほど上乗せをします。

 

お布施に関しては、基本的に喪主や故人の親族が用意して葬儀や法事を執り行った

お坊さんなどに渡すものであって、基本的に参列者は用意しません。

 

法事で卒塔婆や線香をお寺に用意してもらう場合、お布施といわずに卒塔婆料・線香料として渡します。

 


Sponsored Link


 

御仏前のお金の入れ方は?

 

御仏前に限らず、御霊前やキリスト教の御花料などの香典を袋に入れるとき、

気をつけなくてはいけないマナーがいくつかあります。

 

ひとつに、お札の向きをそろえて袋に入れましょう。

複数枚のお札を入れるとき、お札の裏表・上下はそろえてから袋にいれます。

 

あまりあることではありませんが、1万円札と5千円札を混ぜて入れるようなときは、

1万円・5千円・1千円の順に額面の多いほうを前、額面の少ないほうを後ろにそろえて入れます。

 

次に、入れるお札は新札を使わないことです。

 

銀行でお金を下ろしたとき、たまに折り目も傷もない新札で渡されるときがあり、

人に渡すものなのだからきれいなものがいいと思うかもしれませんが、

葬儀での香典の場合だけは新札を使うのはマナー違反とされています。

 

新札を香典に使うと、新札を用意できるほど前から葬儀を待っていたと意味があるからです。

反対に、結婚式や出産などのおめでたいときのお祝いには同じ理由から新札を使います。

 

どうしても手元に新札しかない場合は、いったん二つ折りか

三つ折をして折り目をつけておけば新札とはみなされません。

 

また、新札はマナー違反ですが、端が切れていたり目に付くほど傷ついているもの、

何か書き込みなどあるお札もマナー違反になりますので、銀行の窓口でお金を下ろすときは

先に「香典で使います」と伝えるとそうしたお札は避けてくれます。

 

 

お札の向きで気を付けるポイントは?

 

香典のお金の入れ方の中で、一部のマナー集では袋に対して、肖像画のある面を袋の裏側に

入れるようにとするものと、お札がそろっていれば袋に入れる向きは気にしなくてもいいとのものがあります。

 

お札の向きについては諸説ありますが、どうしてそのように二つのマナーがあるのでしょうか。

 

肖像画のある面を袋の裏側に入れるという説では、袋を表に置いたときにお札の人物が

うつぶせになって頭を下げているようになることから、「悲しみでうつむいている」というものをよく言われます。

 

ほかには、「亡くなったときに行う作法は生きている人と反対にする」というものもあり、

これは生きている人の着物は右前(左身頃が上)にしますが、死に装束は反対の左前(右身頃が上)だったり、

赤ちゃんの産湯はお湯に水を入れて作りますが、ご遺体の湯かんは水にお湯を入れて作るためからでしょう。

 

中には裏側に入れると、袋を開けたときに額面が大きく書いてある表側が先に目に入るために、

何かと忙しい葬儀の間に金額がすぐわかる利点から「時間のない中で香典を管理するご遺族に気遣って」というものもありました。

 

反対に複数のお札がそろっていれば向きは気にしないという説では、「お札の向きに気が回らないほど悲しんでいる」

というものや「突然の訃報に慌てて来たため」というものがあげられます。

 

どちらも故人やご遺族を思ってのマナーが理由になっていますのでお好きな説を採るといいのですが、

故人やご遺族が普段からマナーやしきたりが厳しそうな人ならば表裏を気にして入れるようにしたほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

香典に金額は故人との関係や香典を送る状況や立場によって大きく変化します。

御仏前などの香典の入れ方は、お札をそろえたり新札や汚いものは避けるといったものがあります。

 

お札を入れるときにお札の向きに関して諸説あり、風習やしきたりによっては気にすることもあります。