葬儀はそう頻繁にあるものでもなく、突然知らされるもののために、

葬儀のマナーを知る機会はあまり多くないでしょう。

 

特に相手の手元に残る御霊前は、書き方を間違えるとあとあとまで恥ずかしい思いをしてしまいますね。

 

御霊前を書く筆記具は薄墨でなくてはいけない?

連名でひとつの袋にまとめるときはどう書く?

 

地域差や個人差が大きい冠婚葬祭のマナーのひとつ、香典袋の中でも葬儀での御霊前の書き方をまとめました。


Sponsored Link


御霊前の書き方はどうしたらいい?

 

葬儀のお知らせを聞いて、慌てて香典袋を買いに行ってお金を下ろしに銀行へ走って…

なんてことを経験したり家族がしていた姿を見た人も少なくないと思います。

 

前々からスケジュールがわかる結婚や出産と違い、殆どの場合は突然知らされるお通夜や

告別式では準備や心構えが出来ていないときに香典を用意しなければいけないので、

どこかでマナー違反がないか心配になりますね。

 

日本で多くの人が行う仏教式の葬儀では、亡くなってから四十九日までの香典の表書きは

「御霊前」、四十九日以降の香典には「御仏前」と書いて贈るのが基本です。

 

仏教の一部の宗派や神式・キリスト教などでは「御花料」や「御玉串料」と書く場合もありますが、

故人やご遺族の信仰している宗教がわからない場合は、「御霊前」がもっとも無難です。

 

香典袋の表書きは、上半分に「御霊前」などの名目を書き、下半分に氏名を書きます。

 

 

個人的に縁があるときは氏名だけ十分ですが、仕事や会社としての縁で参列する場合はご遺族や関係者が

どの縁の人かすぐにわかるよう、氏名の右に少し小さい字で会社名や団体名を入れるといいでしょう。

 

また、表書きの書き方は多くの地域や宗教で共通ですが、香典袋のデザインによっては

マナー違反になりかねないものもありますので注意しましょう。

 

一般的に御霊前の水引飾りは白と黒、または銀色で作られていると思いますが、

関西地方の一部では不祝儀の水引は白と黄色の飾りを使う地域もあります。

 

オールマイティな表書きの「御霊前」でも、ハスの花の絵が描いてあるものは仏教専用になるので、

仏教以外や故人の信仰がどれか確証がないときは使わないようにしましょう。

 


Sponsored Link


 

書く時は薄墨で書いた方がいいの?

 

香典袋を購入して、いざ表書きや内袋に書き込もうとしたときに、

手持ちの筆ペンや墨が薄墨でなかったときはどうすればいいのでしょうか。

 

結論から書きますと、現代では筆や筆ペンで書くときは

薄墨でも濃い墨でもどちらもマナー違反ではありません。

 

不祝儀の墨は薄墨でなくてはいけない、と書いてあるマナー集もありますが、あくまで

筆記具が筆しかなかった時代のものであって筆を日常的に使わなくなった現代では形骸化したものです。

 

薄墨を推奨する理由としては、故人が亡くなった悲しみに暮れて思うように墨がすれないために

薄くなってしまった、故人への悲しみの涙で墨が薄まってしまったという意味があると言われています。

 

反対に濃い墨で書く場合は、香典を贈る故人を思い出しながら墨をすっていたら、

思い出が多く長い時間墨をすっていたという意味になるそうです。

 

どちらも悪い意味にはならないので、どちらかでなくてはいけないというマナーはありません。

 

地域によっては薄墨のほうがマナー違反といわれていたこともあり、一般的なマナー集を

参考にしつつ地域のことを知る人や故人に近い年長者に何がいいのか聞くと安心ですね。

 

筆や筆ペンではなく万年筆やサインペンなどの筆記具を使う場合は

黒のインクを使い、薄い黒や他の色はマナー違反になるので間違えないようにしましょう。

 

 

連名の書き方はどうするの?

葬儀に参列するとき、故人が必ず個人的に知っている人ではないと、

会社や仲間内でお金を出し合って香典を出すことがありますね。

 

個人で御霊前を出すときと、連名で御霊前を出すときはどのように違うのでしょうか。

お金を出す人が3人までの場合は、香典の表に全員の氏名を並べて書きます。

 

 

 

会社で出すときなどは右側に目上の人を、真ん中・左の順で順列が下がっていきます。

 

学校の同窓生や趣味の仲間内などで順列がない場合は、同窓会や飲み会などの幹事をして故人と

連絡を多く取っていた人や故人と親しいと思われる人を右にするといいでしょう。

 

4人以上で香典を出す場合は、会社名・団体名と一番目上の人か代表者の氏名を書き、

左に「外一同」と複数人で出していることを明記しまう。

 

3人までの連名のときは内袋に全員の氏名住所と、一人づつの出した金額を書いておきますが、

4人以上にときは内袋に全員分書ききれませんので、全員の住所氏名と金額を書いた一覧を内袋と一緒に包みます。

 

内袋には表書きと同じように代表者の名前と「外一同」と書いておくとご遺族が管理しやすいでしょう。

 

 

この一覧も、右が目上の人で、左に行くほどに目下になるように書きます。

 

中に入れる一覧は、香典袋が縦書きなら縦書きにするといいと思いますが、紙の大きさや形によっては

横書きになってもマナー違反にはなりませんので、人数や状況に合わせて使い分けてください。

 

 

まとめ

御霊前の書き方は多くの地域や宗派の葬儀でもほぼ同じ書き方で大丈夫です。

香典袋に記入する筆の墨は薄墨でも濃い墨でも、どちらでもマナー違反にならずに使えます。

 

連名で香典を送る場合は、贈る人数によって書き方が変わります。