訃報はいつも突然に知らされ、慌てて香典の御霊前を用意することと思います。

 

多くが葬儀のときにしか使わない御霊前は、どのように書けばいいの?

文具店やコンビニで売っているご霊前に中袋はなしでもいいの?

夫婦二人で参列する場合や、配偶者に代理で参列してもらうときの香典はどうする?

 

地域や信仰する宗教によって、マナーが大きく変わる葬儀での香典の書き方と香典袋のマナーを集めました。


Sponsored Link


御霊前の書き方はどうするの?

 

香典の中でも御霊前の表書きは、多くの仏教・仏式では故人が亡くなってから四十九日を迎えるまでの間、

ほかの宗教・宗派でも亡くなってすぐの時期に多く使われるものです。

 

キリスト教の宗派や神式では御花料や御玉串料と書く場合もありますが、御霊前の書き方を知っていると

多くの香典袋に応用できますので、覚えておくと突然に訃報にも対応できますね。

 

一般的に市販されている香典袋を参考に書き方をご紹介します。

 

市販されている香典袋は始めから表書きの「御霊前」や「御仏前」と

書かれているので、購入するときに気をつけないといけませんね。

 

ちなみに、「御仏前」は仏教の多くの宗派で四十九日を終えたあとの故人に贈る香典に使います。

表の上半分には表書き、下半分には参列者の氏名を書きます。

 

仕事での縁がある人なら、図のように会社名を氏名の右上に氏名より

小さめの字で書くと、受け取るご遺族も誰だかわかりやすいでしょう。

 

出典:sougi.hq-web.com/

 

よく香典袋の中でも不祝儀のときは薄墨で書くと言われていますが、

本来的には薄墨でも濃い墨でも問題ないようです。

 

薄墨を推奨する理由は、急の訃報や亡くなった悲しみでじっくり墨がすれなかった、

または悲しみの涙で墨が薄くなったという意味があるようです。

 

反対に濃い墨の場合は、相手を思い出していたりご遺族を慮っていたら時間を忘れて

墨をすっていたとされるので、こちらも悪い意味にはなりません。

 

これは地域やお家のしきたり、風習によってはどちらかがマナー違反とされかねませんので、

気になる場合は家族や地域の身近な年長者に聞いておくと安心ですね。

 


Sponsored Link


 

夫婦の場合はどうなる?

夫婦の二人とも故人を知っていたり仲人を頼んだ人の葬儀の場合、やはり夫婦揃って参列するのがマナーになるでしょう。

そのとき、二人とも参列するので香典袋は二つ別々に用意したほうがいい?と思うときもありますね。

 

夫婦二人で同時に参列する場合、香典袋は家族の人全員分まとめてひとつの袋にしてしまって構いません。

二人で出していますよ、という意味で表書きの名前は二つ書いておきます。

 

出典:sougi.hq-web.com/

 

基本的に夫を中心に、妻をその左に書き、家族で同じ苗字なので

夫だけフルネーム、妻は名前だけ書いておきます。

 

家族の形の多様化で奥様のお家の苗字になっている夫婦や、国際結婚で夫婦の氏名が特殊な場合もありますが、

日本国内での葬儀の場合は夫が左・妻が右の位置は固定であるという考えが長くマナーとされています。

 

結婚をしていても夫婦別姓の場合、二人の名前を中心にあわせて書くこともありますが、

この場合も左に夫・右に妻の順番で書くことが良いとされいます。

 

一人がお通夜、もう一人が告別式に参列するときは、別々の日になるので一人づつ香典袋を用意します。

 

まれにですが、参列予定だったものの仕事や別の用事があって代理で配偶者が参列するときは、

図の右にあるように参列予定の人の氏名を書いて、その右下に「内」と書きます。

 

「内」と書くことによって、参列は代理を頼んだものの香典は出しました、という意味になりますので、

代理で参列する人は芳名帳も香典の名前と後ろに「内」と書いて、

配偶者の代理で来ましたと受付に伝えておきましょう。

 

 

中袋はなしでもいいの?

 

香典袋を文具店やコンビニで買うと、必ず中袋として白い封筒や

包み紙が入っていますが、この中袋はどうすればいいのでしょうか。

 

中袋がついているような袋の場合、外袋は飾りがついていて名前以外は

書けませんので、住所や金額を書くためにも中袋は必ず必要になります。

 

もともとは外袋(名前だけ)だけでは中のお金や品物が見えてしまって

マナーに沿っていないという意味があったそうです。

 

現在では葬儀の途中のお通夜の間や告別式の前に葬儀場への支払いに香典の一部を使ったり、

悲しいことですが香典を狙った窃盗防止のため、早いうちに外袋と中袋をばらばらにして

後日確認することが増えたためにも中袋が重要となっています。

 

中袋の書き方は、地域やお家によって表面に金額・裏面に住所氏名を書く場合と、

表面には何も書かずに裏面に金額・住所・氏名をまとめる場合がありますので注意してください。

 

市販の中袋には金額や住所氏名を書く欄があらかじめ

印字されているものは、印字されている通りに書くのがいいでしょう。

 

中袋に金額を書くとき、漢数字の旧字体で書くことがマナーと紹介される場合もありますが、

旧字体は書き換えがしづらいために言われていることなので、横書きの中袋であったり汚くなってしまうと

思われるときは普段使っている漢数字やアラビア数字でもマナー違反とはなりません。

 

 

まとめ

御霊前の書き方は、表の下半分に参列者の名前や会社名を書きます。

夫婦でよく知る人の葬儀に参列する場合、二人の名前を並べて書いても構いません。

 

香典袋の中袋は金額や住所氏名を書くので、必ず使います。