最近バラエティー番組などで、葬儀のマナーなどを紹介することがありますね。

 

そんな時は、私も自分の知っているマナーを一緒にチェックしたりして楽しんでいるのですが、

実はマナーが昔と変わっていたり、知らないマナーがあるなど気が付くことが多いものです。

 

特に葬儀に関しては密葬、家族葬などで執り行われることも多く、参列の機会も減っていますね。

 

密葬などで葬儀に参加できなくても、やはり親しい人や、縁のある人が

亡くなった場合は不祝儀の用意をすることを考えるでしょう。

 

いざ不祝儀袋を買いに文具店などに足を運んでみると、

いろいろな表書きのものがあり戸惑ってしまいました。

 

店員さんに聞いてみても、詳しく知る人がいない場合もありますね。

そこで御霊前や御仏前の違いなどについて調べてみることにしました。


Sponsored Link


御霊前、御仏前の違いって?

 

御霊前、御仏前は不祝儀袋に書かれている表書きでよく見かけるものですね。

どちらも同じようなものに感じてしまうかも知れませんが、違う意味を持つものです。

 

御霊前とは

故人の御霊に捧げるという意味を持ち、仏教、神前、キリスト教に共通して使用できます。

仏教においては、四十九日で成仏(仏になる)するため、一般的には四十九日まで用いられます。

 

御仏前とは

仏前を丁寧に言う言葉です。

 

仏教では、四十九日の忌明けを持って故人は成仏するという考えがあるため、

四十九日の法要から使用するようになります。

 

また「仏」の言葉が入っていることで分かるように、仏教のみで使う言葉です。

 


Sponsored Link


 

いつまで御霊前を使える?

 

御霊前は葬儀や通夜の時に神前、仏教、キリスト教の違いなく使用できるものです。

先ほども記載しましたが、仏教では四十九日の法要から御仏前へと変わります。

 

では、神式やキリスト教の場合はどうでしょうか?

 

キリスト教の場合

キリスト教の場合でも、仏教のような法要に相当する追悼ミサ、記念集会という儀式があります。

ただし仏教のように細かい決まりはありません。

 

キリスト教で不祝儀を渡す場合には「お花料」「御花料」の表書きを使うことが

一般的とされていますが、仏教のように四十九日を境に変わることはありません。

 

神式の場合

神式、神前式とも呼ばれています。

こちらも仏教の法要に相当する儀式があります。

 

ただし、仏教とはしきたりや流れなどが大きく異なります。

仏教の法要にあたる行事を式年祭と呼びます。

 

神前式での不祝儀の表書きは、「御霊前」「御玉串料」「御神前」が一般的だとされています。

マナーやしきたりは大きく異なりますが、仏教のように、四十九日を境に表書きが変わるようなことはないようです。

 

 

御霊前の間にしてはいけないことは?

 

仏教において四十九日目に故人が極楽浄土へ行けるのか、

閻魔様からの裁きが下るとも言われています。

 

その為、遺族は四十九日までの間を忌中と呼び、故人が極楽浄土へ行けるように

慎ましく生活しならず、してはいけないと言われていることがあります。

 

神社へ参拝

仏教と神道では死者に対する考え方が大きく違います。

その為、お寺でのお葬式を見かけても神社でのお葬式をすることはありません。

 

ですので、忌中でなくても喪中の間も神社への参拝は避けましょう。

 

結婚式などおめでたい席への出席

最近はそこまで気にする必要はないとも言われています。

大切な友人な結婚式などであれば、忌中の間でも参加したいと思ってしまうものでしょう。

 

ですが、友人たちだけが出席するのではなく、新郎新婦の親族も出席されます。

やはりおめでたい席ですで、忌中での出席者を心よく思わない人もいると思います。

 

基本的に忌中で、祝いの席への出席は控えておくことが無難です。

 

自身の結婚式も延期しましょう。

忌中の期間は、他の親族もすぐにおめでたい席への出席をする気持ちにもならないでしょう。

せめて忌中が明けるまでは、自身の結婚式も延期しましょう。

 

 

まとめ

日本にいると仏事に関する言葉は知っていても、その意味を知らない人が多いのではないでしょうか?

御霊前や御仏前の意味を理解すれば、どんな時に使えばいいのか理解しやすくなると思います。

 

日本では仏事の法要は触れる機会も多いので、いざという時のために一度勉強しておくことも大切です。