大切な友人や、親族などいつかはやってくる、最後のお別れ。

そんな亡くなった方への供養の気持ちを表すのがお香典です。

 

主に現金などを不祝儀袋に入れて、通夜や葬儀の時に持参します。

大切な人との最後の別れだからこそ、しっかりマナーを守ってお見送りしたいものですね。

 

マナーを知ることは、プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも役に立ちます。

中には、マナーなど細かいことは気にしないという方もいるでしょう。

 

ですが、マナーは人を不快にさせないためのものです。

ご自身が気にしなくても、やはりご遺族の気持ちなどを考えて、

マナーを知っておくことは大切なことだと思います。

 

ここでは、少し細かいことかもしれませんが、お札な向きなど、

御霊前のマナーについて調べてみました。


Sponsored Link


お香典、御霊前、どちらが正しいの?

 

一般的に葬儀の際に使う不祝儀袋を、香典袋と呼ぶことが多いですね。

ですので、不祝儀袋の表書きにも「お香典」「御香典」と印刷されたものもありますね。

 

ですが、不祝儀袋の表書きは故人や喪家の宗教に合わせて選ぶ必要があります。

実はお香典は、仏式での葬儀に使う表書きとなります。

 

ですので、神前式のお葬式に参列する場合や、キリスト教の葬儀に参列する場合は、

お香典の表書きはマナー違反となってしまいます。

 

神式の表書きは、「御神前」「御玉串料」、キリスト教では「お花料」「御花料」が表書きとなります。

そして仏式、神式、キリスト教やそれ以外の宗教でも共通して使える表書きが「御霊前」です。

 

日本では、仏式での葬儀が多く、神式やキリスト教や他の宗教の

葬儀に参加する機会は少ないかもしれません。

 

ですが、最近、有名な方の葬儀が神式だったことでも話題になったように、

仏式以外での葬儀に参列する機会もあるかもしれません。

 

故人や喪家の宗教の確認が取れない場合は「御霊前」の表書きを使いましょう。

他にも不祝儀袋には「御仏前」と表書きがされているものがあります。

 

こちらは四十九日以降に使う表書きとなります。

不祝儀袋売り場には、いろいろな表書きが書かれたものが並んでいますから、

しっかり確認してから購入するようにしましょう。

 


Sponsored Link


 

不祝儀袋のお札の向きは?

 

それでは、不祝儀袋に入れる現金の入れ方にはマナーをおさらいしましょう。

有名なのが、不祝儀には新札を用いないことです。

 

これは新札を用意することは、故人が亡くなるのを

待っていたという意味になり、失礼にあたります。

 

シワが多く汚れているお札も使うのも失礼に当たります。

なるべくシワや汚れの少ないお札を用意しましょう。

 

そしてお札の向きを揃えて入れることです。

これはご祝儀、不祝儀に関わらず共通するマナーですね。

 

ここで気を付けなればいけないのがお札の向きです。

お札は人物があるほうが表、人物のないほうが裏となります。

 

ご祝儀の場合は表を向けて中袋に入れます。

そして不祝儀袋の場合は裏を向けて中袋に入れます。

 

最近はお札の向きまで気にする必要はないとも言われていますが、

やはり年配の方にはマナーやしきたりを重んじる人もいます。

 

ですので、不祝儀の場合はお札の向きを裏向きにして入れるようにしましょう。

 

 

御霊前のお返しは何を選べばいいの?

 

ここでは、少し目線を変えて御霊前のお返しについて調べてみました。

 

一般的に四十九日の法要が終わったあとに、お香典をいただいた人に

忌明け法要が無事に終わった報告とお礼をかねて贈るものです。

 

神式の場合も、納骨が行われる五十日際のあとに、返礼品としてお礼を贈ります。

金額としては、頂いた御霊前の3分の1程度の金額のものを贈ります。

 

品物としては、現在、やはりカタログギフトが人気のようです。

ついで、コーヒーやお茶のセットが人気となっているようです。

 

相手の好物でも、肉や魚など殺生を連想させるものは選んではいけません。

 

 

まとめ

あらためてみると、不祝儀一つにもいろいろなマナーがあることがわかりました。

もしかしたら、細かいことかもしれません。

 

葬儀への参列は親族や親しい友人ばかりではありません。

ビジネスシーンでも葬儀への参列することもあります。

 

しっかりマナーを知っておくことは、周りの人を不快にさせないためではなく、

最終的には自身のためになることだと思います。