故人が亡くなってから行う法要には「初七日」「四十九日」「初盆(新盆)」などの

追善法要と一年目、三年目など節目の年に行う年忌法要があります。

 

年忌法要で特別な意味があるのは、やはり初めて迎える命日。

一周忌ではないでしょうか。

 

宗派などやしきたりなどで違ってはきますが、一周忌までを喪中と

することが多く、遺族にとっても意味のある法要となります。

 

そんな年忌法要ですが、親族や祖父母の年忌法要に参加した経験があって、

何となくどんなことをするのかは分かっている方も多いと思います。

 

ですが、やはりお香典や御供えなどは、親に任せきりで

よく分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

文具店で不祝儀袋が並んでいるのをみると、表書きも「御霊前」「御仏前」など

様々な表書きもありますが、水引の色や結び方もいろいろなものがありますね。

 

今回はそんな年忌法要に使う不祝儀袋について調べてみました。


Sponsored Link


一周忌や三回忌、七回忌の不祝儀袋の選び方は?

 

通夜や葬儀の時や、法事や弔事の時に渡す現金を包む袋を香典袋、お悔やみ用ののし袋、不祝儀袋と呼びます。

水引が印刷された簡素なものから、袋が二重になったものまでさまざまなものがあります。

 

この不祝儀袋を選ぶ時は、中に包む金額のグレードに合わせて選ぶことが大切です。

 

仏式でお香典の金額が10,000円以上の場合

水引がきちんと付いているものを選びましょう。

水引の色は、双銀の他に藍白、黄白などがあります。

 

地域によって違いがあるので確認しましょう。

画像では蓮の花の透かしが入っていますが、無くても構いません。

 

表書きは「御仏前」になります。

 

仏式でお香典の金額が3,000円から5,000円程度の場合

水引が印刷されたものにしましょう。

中には蓮の葉や、花が印刷されているものがあります。

 

神式の場合

神式の場合、蓮の花、葉が印刷されたものや、透かしが入っているものはタブーとなります。

水引は白黒のものを用意しましょう。

 

表書きは「玉串料」「御玉串料」となります。

 

キリスト教の場合

キリスト教の場合、水引は必要ありません。

十字架やユリの花が印刷された不祝儀袋があるので捜してもいいでしょう。

 

表書きは「御花料」「お花料」となります。

 


Sponsored Link


 

金額はいくら包めばいいの?

 

年忌法要のお香典の相場を考える時に、お斎(おとき)と呼ばれる会食があるのかで、

金額の相場が違ってくることは知っている人は多いと思います。

 

では、神式やキリスト教の場合はどうなるでしょうか?

神式で一周忌にあたるのが、「一年祭り」です。霊祭、正辰祭などと呼ぶこともあります。

 

キリスト教の場合、年忌法要にあたる儀式ではありませんが、

一年目の命日には「追悼ミサ」や「記念集会」などを催します。

 

そして、仏式同様に、神式の場合は百会(ひゃくえ)と呼ばれる宴の席が設けられ、

キリスト教では茶話会と呼ばれる食事の席が用意されています。

 

ですので、お香典の相場は仏式、神式、キリスト教の場合でも変わりはありません。

 

会食に用意されている場合は、一人10,000円~30,000円、会食がない場合や

辞退する場合は、一人5,000円~10,000円が相場となります。

 

また故人との関係によっては、生花や果物、日本酒など、お供えも用意しましょう。

 

 

袱紗は必要?

 

お香典は袱紗(ふくさ)に入れて持ち歩くのがマナーです。

金額の大きい小さいにかかわらず、袱紗をきちんと用意しましょう。

 

袱紗にいれることで、水引が崩れたり、袋にシワになったりすることを防ぐことができます。

袱紗には、慶事用と弔事用のものがあるので、間違えないようにしましょう。

 

基本的には暖色系のものが慶事、寒色系のものが弔事用のものとなりますが、

紫色のものはどちらにも使えるので便利です。

 

また包み方も慶事の時とは逆になるので十分に確認しましょう。

 

⦁ ツメを左側にして、袱紗の中央に香典を置いて右側を香典に被せます。

⦁ 下側を居ります

⦁ 次に上側をおります。

⦁ 左側をかぶせるように折り、裏でツメをかけて止めます。

 

袱紗には最初から袋状になっているものもありますので、そちらを利用してもいいでしょう。

 

 

まとめ

仏教で故人を偲ぶための年忌法要。

神式やキリスト教でも、故人を偲ぶ気持ちに変わりはありません。

 

儀式の内容など違いはありますが、参列する時には故人を偲ぶ気持ちと

施主への労いの気持ちを忘れないようにしましょう。