仏教において故人を供養する儀式を法要と呼びます。

 

亡くなってから7日目に行う「初七日」。49日目(宗派によっては50日目)に行う「四十九日」を追善法要と呼びます。

そして故人が亡くなってから一年目の命日に行う一周忌、節目の年ごとに行う三回忌、七回忌を年忌法要と呼びます。

 

もちろん聞いたことある方がほとんどで、どんなことをするのかも、

何となくは分かっている方が多いのではないでしょうか?

 

ですが、細かいマナーやしきたりなど分からないこともたくさんありますよね。

とくに故人が親族で初めて葬儀の手配、法要を取り仕切る経験を経験する方もいるでしょう。

 

そこで今回は、親族の一周忌のお香典について気になることを調べてみました。


Sponsored Link


一周忌の香典は親族の場合、いくら包むの?

 

一周忌の法要は、僧侶を呼び読経などを済ませた後、お斎(おとき)と呼ばれる会食を行います。

会食を施主からのおもてなしだと勘違いしてしまいがちですが、精進落し、お清めの意味があります。

 

基本的には会食まで参加するのがマナーですが、遠方から法事に参加する場合や

仕事の都合などで、会食まで参加出来ないことがあるでしょう。

 

また施主の意向で会食を用意しないケースもあります。

親族へのお香典の金額を考える場合は、この会食と故人との関係がポイントとなります。

 

まず、故人と血縁関係のある場合のお香典の相場は、会食がある場合、一人20,000円~30,000円となります。

会食が用意されていない場合や、会食を辞退する場合は、一人5,000円~10,000円を相場と考えます。

 

またお香典とは別に、果物のかご盛や、お花、お酒などのお供え物を用意すると良いでしょう。

故人が実の親や義理の親の場合でも相場は変わりません。

 

ただし、他の親族よりも少し多めの金額を用意することが多いようです。

 


Sponsored Link


 

香典の表書きはどうしたらいい?

 

仏教でのお香典の表書きは、四十九日以降は「御仏前」となります。

「御霊前」や「御香典」は初七日までとなります。間違えないように注意しましょう。

 

また、御霊前、御香典は薄墨を使うことがマナーとされていますが、御仏前からは濃墨を使用します。

こちらも合わせて注意しましょう。

 

御仏前の下には、名前をフルネームで記入します。

よく名字だけの場合もみかけますが、親族の場合、同じ姓の方も多いのでフルネームで記入しましょう。

 

また妻側の親族の場合は、夫婦連名などにすると良いでしょう。

水引きは、一度きりでいいと言う意味のある、結び切のものを選びます。

 

色は白黒ではなく、黄白、双銀、藍銀のものを選びます。

この水引きの色については、地域によって違いがあるので、詳しい人に相談してもいいでしょう。

 

 

他に注意することは?

 

日本では多くは仏式で法要を行うことがほとんどだと思います。

ですが、中には神式(神道)の場合やキリスト教のこともあるでしょう。

 

神式の場合は、葬儀を「神葬祭」、一周忌を「一年祭」と呼ぶなど違いも大きくあります。

ですので、もちろんですがお香典の表書きも全く違ってきます。

 

まず、お香典の袋に蓮の花や葉が描かれているものがありますが、神式の場合には使用してはいけません。

表書きも「御玉串料」となります。

 

そしてキリスト教の場合は、仏式のように年忌法要などはありません。

ですが、故人が亡くなって1年目の命日には、故人を偲ぶ会などを催すケースがあります。

 

その場合の表書きは「御花料」となります。水引は用いません。

 

 

まとめ

ご両親の葬儀で初めて喪主を経験したり、施主を経験する人も多いと思います。

故人が亡くなり初めて迎える命日は、故人にとっても、残されたものにとっても節目と言えるものだと思います。

 

初めて法要などを取り仕切ることになった場合、分からないことも多く、とまどうことも多いでしょう。

ですが、大切な一周忌です。

 

故人を偲ぶ気持ち、法要に足を運んでくれた方への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。