三回忌に参列することが決まれば、香典や服装について悩まれるのではないでしょうか。

 

そこで、今回は三回忌保法要の香典の金額や香典を入れる封筒、

親族のみの参加の場合の服装についてご紹介いたします。


Sponsored Link


三回忌とは?

三回忌とは、故人がお亡くなりになられてから満一年に行われる

一周忌の翌年、つまり故人の死後二年後に執り行われる法要です。

 

昔から、三回忌と言えば同月合日に行われますが、現代においては

毎日直前の土日など親族の集まりやすい日程に行われることが多いようです。

 

命日より遅らせて法要を行う事は好ましくないとされているのでその点は気を付けたいところです。

三回忌は一周忌の内容とほぼ変わりがありません。

 

故人の親族や知人が集まり、僧侶が読経やお焼香を行い、最後に会食を行うことが一般的です。

 

三回忌までは、手厚く法要が行われますが、次回の7回忌以降の

法要は親族のみで規模を小さく行われることが多いです。

 

 

三回忌の法要の香典はいくら必要?

三回忌の法要に参列する故人の親戚や知人は、香典を持参します。

香典の金額としては、一般歴に5,000円から1万円が相応しいと言われています。

 

法要後にお食事が振る舞われる会食がある事を考慮するとこの価格が好ましいと言われています。

 


Sponsored Link


 

香典を入れる封筒はどれを選べばいい?

香典を包む袋は双銀の結び切りであり水引の不祝儀袋を用います。

さらに、封筒の表書きには「御仏前」、「御供物料」とします。

 

ちなみに、「御霊前」は四十九日までのみ用いることができます。

 

 

お供え物はどうすればいいの?

 

お供え物は、果物やお菓子、故人の好んだものなどを選びます。

そして、のしは「御供」と記します。

 

渡す際は、故人の仏壇に直接置くのではなく、法要を

主催する施主に直接手渡すようにすることがマナーです。

 

 

引き出物はどうすればいいの?

三回忌に参列してくださった方に対して遺族は

引き出物を渡すことがマナーとしては良いです。

 

引き出物には、洗剤などの日用品からお茶などの日用品などあっても困らず

日持ちのしない物、さらに持ち帰っていただく際に重すぎず大きずぎない

荷物にならないものを選ぶことが無難です。

 

金額の相場は、3,000円から5,000円程度のものと言われています。

のしは、双銀で結び切りの水引きのものを選びます。

 

表書きには「志」や「粗供養」と表記します。

 

渡すタイミングとしては、会食の最後に直接手渡しするか、

会食をする際の席にお一人お一人にセットしておくことも良いとされています。

 

法列に参加することが出来ず、御香典やお供え物をくださった場合も

お礼状とともに引き出物を渡すことがマナーとされています。

 

 

親族の場合服装はどうするの?

三回忌に参加する場合は、略式礼服や地味な色合いの装飾品の無い黒や紺の平服でかまいません。

ただし、法要を主催する施主は喪服を着た方が無難です。

 

参列者よりも施主が軽い服装になってしまえば、目立ってしまうので避けるようにしましょう。

他の参列者の方も同様にお化粧やアクセサリーなどの装飾品や香水などで目立つような行動は避けてください。

 

 

会食はどうすればいいの?

三回忌の法要後に施主から参列者へ感謝の気持ちを込めてお斎が振る舞われます。

本来は、自宅で行われていましたがホテルや料亭で会食が行われることが増えてきています。

 

昔は、僧侶も同じお食事をいただくので肉や魚を使わない精進料理が良いと

されていましたが、最近ではそのようなこだわりもなくなっています。

 

鯛などお祝いごとの際にいただく食材は相応しくないので、ホテルや

料亭の方にも三回忌でいただくことを伝えておくことが良いかもしれません。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

三回忌と言えば、故人の親戚や知人で営まわれる法要であり、1周忌と変わりがないことがわかりました。

その他、お供え物についてや引き出物、会食についてもご紹介したので是非ご参考になさってください。