葬儀や法事法要などで僧侶に渡すお布施。

 

今まで、法事や葬儀などに参加したことがあって、不祝儀を渡した経験は

あっても、お布施を渡した経験がある人は少ないのではないでしょうか?

 

正直に話すと私自身、法事や葬儀に関しては親や親類が頼りで、

いざって取り仕切る立場になった時に困るだろうなと思っています。

 

法事や葬儀に出席するマナーは頭に入っていますが、お布施や

法事を取り仕切るためのマナーや礼儀、しきたりは分からないことだらけです。

 

お布施に関しては金額などの相場や、いつ渡せばいいのかなども気になるところも多いですね。

 

今回はお布施の基本、お布施を包む封筒の選び方や、

表書き、裏書などについて調べてみることにしました。


Sponsored Link


お布施の包む封筒はどんなものがあるの?

 出典 : store.shopping.yahoo.co.jp/

 

お布施を包む方法は大きくわけて2つあるようです。

まずは、白い封筒にお布施をいれる方法です。

 

市販の白い封筒で構いません。郵便番号欄が印刷されていない無地の封筒を用意しましょう。

市販の封筒には、お布施または御布施と印刷されているものもあります。

 

今はインターネットなどでも購入できますので、捜してみてもいいでしょう。

表面にお布施と書かれた封筒を使用する場合は、封裏面に、住所と金額を記入しましょう。

 

もう一つは、奉書紙に包むことです。

奉書紙も文具店などで売られていますが、インターネットなどでも販売されています。

 

中包みの紙とセットになっている場合もありますので、捜してみてもいいでしょう。

まず半紙でお金を包んで、中包みを作ります。

 

そして、お金を包んだ中包みを奉書紙(上包み)で包みます。

お布施そのものは、不祝儀でありませんので、上包みは慶事の上包みと同じ包み方で構いません。

 

この奉書紙でお金を包むのが、お布施の包み方で丁寧なやり方となります。

 


Sponsored Link


 

お布施の表書き、裏書の書き方は?

葬儀の時のお香典の表書きは薄墨で書くのがマナーですね。

ですが、お布施はお香典ではありませんので、普通の黒墨で書きます。

 

まず、中袋の表面には金額を旧字体の漢数字で書きましょう。

 

出典 :fusyugibukuro.com/ 

 

例えば5万は、伍萬、10万は壱拾萬、などと記入します。

そして、表書きはお布施を、もしくは御布施と書き、その下に名前を書きましょう。

 

法要は家族で行うものなので、〇〇家などと記入しても差し支えありません。

 

 

お布施に水引は必要なの?他に気をつける点は?

 

市販のお布施袋を見てみると、水引が付いたタイプと付いていないものがあり、

どちらを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

 

基本的にはお布施に水引は必要ないと言われています。

ですが、地位によっては水引が必要となる地域もあります。

 

女性の場合は、嫁ぎ先の地域で水引が必要な地域の場合もありますので、きちんと確認しましょう。

水引が必要な場合も、双銀のもの、白黒のもの、黄白のものなど、地域によって違いがありますので、注意しましょう。

 

分からない場合は、葬儀の時にでも葬儀社の担当に確認しておくと、今後の法事の時にも安心できます。

お布施を渡す時は、正式には黒いお盆に乗せて渡すことが正式だとされています。

 

葬儀の時は、葬儀社が用意してくれているケースもあります。

葬儀の場合は、急なことも多く、お盆が用意出来ないのであれば袱紗に包んで渡すようにしましょう。

 

 

まとめ

いずれはやってくる大切な身内との最後の別れ。

今までは、任せきりでいたけれど、もしかしたらいきなり取り仕切る立場になるかもしれません。

 

突然の葬儀の場合は、分からないことも多いと思います。

そんな時は、葬儀社の担当に相談することも大切です。

 

ただ、いざという時に慌てないようにするためにも、一度、マナーや

しきたりなどを確認しておくことも大切なのではないでしょうか。