知り合いの方や身内の方が亡くなられた場合、突然の事で

お悔やみへの返答や香典の事でも悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、お悔やみの返答はどのようにすれば良いのか、お金の入れ方や

向きはどうすれば良いのか、封筒はどのようなものを選べば良いのかご紹介いたします。


Sponsored Link


お悔やみの返答はどうすればいいの?

学校や勤務先でご自身の身内に不幸があった場合に、いろんな方から

気遣われ「お悔やみ申し上げます」という言葉をかけられるのではないでしょうか。

 

そう声掛けしてもらった時の返答としては一般的に

「お気遣いいただき、ありがとうございます。」と返事をすれば良いと思います。

 

さらに、声掛けをしてくださった方が目上の立場にある方ならば、

「恐縮です。」「痛み入ります。」といった言葉を感謝の気持ちとして返すことが良いでしょう。

 

ここでは急な故人の不幸にも関わらず、わざわざ葬儀に来てくださった方や

電話、メールをくださった方に対して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

また、故人がお世話になった友人や仕事関係者の場合は、

「生前お世話になりました」と一言付け足すと良いかもしれません。

 

 

お金の入れ方や向きはどうするの?

香典とは、故人を供養する気持ちを表す物であり、香典袋に現金を入れて渡すとされています。

通夜や葬儀の際に線香やお花を渡す代わりとして渡します。

 

香典袋に入れるお金の向きには、表と裏でも入れ方のマナーがあり是非押さえておきたいです。

香典のお金の入れ方ですが、2枚以上のお金を入れる場合には必ず揃えて入れるようにします。

 

お札には人物がある側の表と人物がない側の表があります。

 

さらに、お札を香典袋に入れる際には顔のある方の表を

見えないように裏を見えるように入れると良いとされています。

 

また、新札は使用するべきではありません。

どうしても新札しかない場合は、一旦二つに折ってから入れることが無難です。

 

反して、汚れや破れ、シワのあるお札も逆に失礼にあたるので気を付けるようにしましょう。

お金を香典袋の中袋に入れ、外包みで包むことが良いとされています。

 


Sponsored Link


 

 

 

封筒はどんなものを選べばいいの?

 

香典袋ですが、まず参加される法事に合わせて

「御霊前」か「御仏前」と表書きに書かれている物を選びます。

 

そして、不幸が二度と起こらないようにという気持ちを込めて

解くことのできない結びきりの水引のものを使用します。

 

色は白黒の物や銀色のものなどがあります。

香典を包み紙である包みですが、基本的には白無地のものを選びます。

 

さらに、筆ペンなどを使ってフルネームで表書きの下部分に名前を書きます。

また、香典を包む金額によって香典袋を選ぶ事もあります。

 

市販されている香典袋には水引が印刷されたものから

高級和紙を用いて豪華に水引されているものまであります。

 

見栄えが良いという事で高級なものを購入し、実際に入れる金額が3000円などでは合いません。

そこで、香典袋を選ぶ際には包む金額に合わせた袋を選ぶと良いです。

 

5,000円以下の場合は、水引が印刷された香典袋、さらに30,000円くらいまでなら

水引が黒色や銀色の物、また30,000円以上の場合は高級和紙で

作られており水引が豪華に双銀の香典袋を選ぶことが無難です。

 

市販の香典袋には包む金額についても説明書きが

書かれているので是非店頭でご参考になさってください。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

身内に不幸があった際には多くの方からお悔やみの言葉をかけられると思いますが、

相手がわざわざ足を運んでくれたことや故人と深いつながりがあったことを考慮して丁寧に返礼しましょう。

 

その他、香典の入れ方には向きや入れ方などのマナーがあるのでご参考になさってください。

香典袋についても「御霊前」「御仏前」さらに包む金額に合わせて適切な香典袋をお選びください。