突然お知り合いの方に不幸があった場合、

どのように言葉かけをすればよいのか困ってしまいますよね。

 

そこで今回は、お悔やみの言葉の使い方と上司にお悔やみの言葉を伝える場合はどのように

伝えるのか、メールで返信する場合はどのように返信すればよいのかご紹介いたします。


Sponsored Link


お悔やみの言葉はどの様に使うの?

葬儀や知り合いに不幸があったことを親族を通して知った時に、一般的に

お悔やみの言葉として「お悔やみ申し上げます」という言葉を使いますよね。

 

一体「お悔やみ申し上げます」とはどのような意味なのでしょうか。

「お悔やみ」とは人の死を残念がる気持ちや残された人への慰めを意味します。

 

「お悔やみ申し上げます」は故人の死を悲しみ残念に思っているという気持ちを届けることが出来ます。

 

お葬式などの場では自分自身の故人や遺族への思いを話すよりも、

シンプルに「お悔やみ申し上げます」と声をかける方が良いとされています。

 

失礼なくその場の雰囲気を壊すことがないと言われています。

また、「お悔やみ申し上げます」は弔電の文の中や遺族との会話の両方で用いることのできる言葉です。

 

また、葬儀の受付でも「お悔やみ申し上げます」と声掛けを

することも良いとされているので受付でも使うことができます。

 

 

「お悔やみ申し上げます」以外に使うことのできるお悔やみの言葉

ご冥福をお祈り申し上げます

これは故人に対して「死後の世界でも幸せでおられますように」という意味が込められています。

親族に対しても故人に対しても慰めの言葉となっています。

 

ご愁傷様です・でした

こちらは、「同情や慰め、お気の毒です」という言葉の意味が込められています。

葬儀で受付の場で「この度は誠にご愁傷様でございます。」という言葉かけをします。

 

心中お察しします

親族と話している中や挨拶をしているときに、親族が

ショックのあまり何も言葉が出ないことがあります。

 

そのような場合に何か話しかけるのではなく、この言葉を使うことで

相手の悲しみの深さを共感しているという気持ちを伝えることができます。

 

お力おとされませんように

この言葉は親族が故人の死への悲しみに暮れているときに、

「どうかご自身のお身体もご自愛ください」といった意味として伝えることができます。

 


Sponsored Link


 

上司に伝える場合はどうすればいい?

 

日頃からお世話になる上司に対しては身内に不幸があった際に

失礼が無いように声かけをしたいですよね。

 

そのような場合はまず、「突然の事で驚きました」と一言前置きし、

同じく「お悔やみ申し上げます」という言葉かけをしましょう。

 

上司の方も仕事もされている中身内に不幸があったので勤務されているので

「何かお力になることがあればおっしゃってください。」と相手に

寄り添った言葉かけもあっても良いかもしれません。

 

 

メールでの返信の仕方は?

上司の方から身内に不幸があったとメールが来た場合には、

どのように返信すればよいのか返信に困るかと思います。

 

失礼な文面になってしまうと今後のお仕事にも悪影響を

与えるかもしれないので細心の注意を払う必要があるでしょう。

 

ここで、お悔やみメールの例文をご紹介いたします。

その他、お悔やみメールで使うべきでない重ね言葉や直接的な表現、

上司や遺族にとって負担となる言葉も紹介されているので是非ご参考になさってください。

 

上司の身内に不幸があった場合は、上司の方も葬儀の準備に追われメールの返信もないことが多々あります。

そのため、「返信は不要です」と一言メールの最後に記すと良いです。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

お悔やみの言葉である「お悔やみ申し上げます」は、弔電や話の中でも

用いることが出来、無難な弔事の際言葉であることがわかりました。

 

その他、「お悔やみ申し上げます」以外に使うことのできるお悔やみの言葉をご紹介いたしました。

さらに、上司にお悔やみの言葉をメール中で伝える事もマナーや上司を気遣った点からご紹介いたしました。

 

知り合いに不幸のあった方のお力になれれば幸いです。