紫外線が強い夏季の季節ほど野外でのイベントも充実しており、日焼けによるかゆみは起こりやすく、発疹や皮むけなどの症状が現れることも多いです。

 

そこで、今回は日焼けのかゆみがひどい時の対策や、かゆみが引き起こす発疹や皮向けについてもご紹介いたします。


Sponsored Link


日焼けのかゆみへの対処法

かゆみの原因

そもそも、日焼けによるかゆみは2つの原因があります。
まず一つ目に、皮膚を長時間日光にさらしたことにより生じる炎症です。

 

特に、普段屋内にいることの多く日光に慣れていない人ほど、日焼けをすると炎症を起こしやすいと言われています。

そして二つ目に、日焼けにより皮膚の水分が失われることにより生じる乾燥も原因です。

 

かゆみへの対処法

保湿を怠らず日焼けによる肌の疲れを休ませていたら、日焼けによる炎症は2~3日で治ると言われています。

 

そこで、日焼けによる炎症を抑える方法を2種類ご紹介します。

 

まず一つ目に、火傷と同様に冷やす事です。水で濡らしたタオルなどをかゆみのある部分にあて冷やすだけでも楽になります。

 

そして二つ目に、水分が失われているので低刺激のクリームやローションを塗り肌に潤いを与える事です。

 

さらに、クーリングの効能があると言われるアロエ成分が含まれているクリームやローションを塗るのがおすすめです。

 

そして、かゆみが生じた際に炎症を起こした部分を引っ掻くと傷の治りも遅くなる事があるので気を付けてほしいです。

 

 

発疹や皮剥けへの対処法

湿疹への対処法

発疹が起こった場合も、かゆみと同様で冷やすことが大切です。
同様に冷たい濡れタオルなどで冷やす事をおすすめします。

 

また、肌が水分不足なため油分と保湿を結晶水と乳液などで補う事も大切です。
日焼けによる発疹部分と服の摩擦をあまり起こさないようにしましょう。

 

そして、発疹の治療は医師による判断による治療をすぐすることで治りもよくなるので、早く医療機関を受診し炎症に応じたステロイド剤で治療することが最善策のようです。

 

皮剥けへの対処法

皮向けの原因としては日焼けにより皮膚の細胞に水分がなくなり体にとって不要なものとなってしまう事により、炎症をおこした部分が再生しようとしていることです。

 

皮が剥けてきてしまった場合、剥けている部分を自分でめくる事は大丈夫ですが、まだ剝けていない元気な皮膚まで剥く事は肌によくありません。

 

皮が剥けはじめた時は、入浴の際もゴシゴシタオルなどで力強くこするのではなく手で優しく洗うようにしましょう。

 

そして、皮膚の再生を促進する低刺激の乳液やクリームなどで保湿をする事、紫外線対策に効果があるといわれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどが含まれる食材を摂取するようにしましょう。


Sponsored Link


 

病院に行く場合は何科?

 

日焼けが酷い時は皮膚科に行く事をおすすめします。

具体的に、ステロイド剤を処方され、痛みのひどい場合は鎮痛剤や症状がひどい場合はステロイド内服薬が処方されます。

 

皮膚科に行く目安としては、日焼けによる痛み、水膨れなどの症状が見られる場合はすぐに病院を受診しましょう。

なぜなら、特に水膨れの場合は跡が残りやすいので早めの受診をお勧めします。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

日焼けによる炎症は案外しぶといものですね。

 

日焼けによるかゆみや発疹、皮向けも皮膚が炎症しているサインです。
そのままにするのではなく冷やす保湿する、ひどい場合は病院を受診するなどの対策を取りましょう。

 

これまで日焼けによる炎症が起こりにくかった方もいつ日焼けにより炎症を引き起こすのかわからないので気を付けましょう。

 

夏の季節は海やプールなど日焼けを伴う楽しいイベントがたくさん待っているので、日焼けは生じると思いますが、皮膚からの「疲れた」サインには気づいてあげて欲しいです。