お悔やみの言葉とは、故人の死への悲しみの気持ち表す言葉です。

 

そこで、今回は「お悔やみ申し上げます」の使い方や使い方の例文、

友達に送る際の使い方についてご紹介いたします。


Sponsored Link


「お悔やみ申し上げます」の意味は?

お葬式の際や知人に不幸があった場合は、「お悔やみ申し上げます」という言葉を使いますよね。

しかし、この言葉の意味を詳しく知らずに使っている方も多くいるそうです。

 

そこで気になる「お悔やみ申し上げます」の意味ですが、「お悔やみ」とは人の死を

悲しむことや残念がっている気持ちを伝えたり、残された人を慰めるという意味が込められています。

 

そして「お悔やみ申し上げます」全文で、

「故人の死を悲しみ残念に思っています。」という意味になります。

 

お葬式の場などで自分の故人や遺族に対する励ましの言葉や悲しみを伝えるよりも、

「お悔やみ申し上げます」と伝えた方がオブラートに包んでくれて最適です。

 

 

「お悔やみ申し上げます」の使い方は?

「お悔やみ申し上げます」は弔電の文の中で取り入れたり遺族との会話の中で取り入れることができます。

 

 

「追悼の意を表しますと」の違いは?

「哀悼の意を表します」は文章中で使う言葉であり、遺族との会話の中で話す言葉ではありません。

よって、会話の中に取り入れると違和感が生じます。

 

そもそも哀悼とは、人の死を悲しみ悼むことであり弔う事とは意味が異なってきます。

故人に対しての言葉であり会話の中で使用する言葉ではないので遺族も返事する言葉に困ってしまうのです。


Sponsored Link


 

使い方の例文はある?

弔電の場合

弔電で使う場合は、「ご逝去の報に際し、謹んでお悔やみ申し上げます。」と使います。

 

また、メッセージは毛筆で縦書きに書かれたものがマナーとしては良いと言われていますが、

マナーよりも気持ちがこもっていることの方が重要です。

 

こちらでは、弔電の「お悔やみ申し上げます」の例文が書かれているので是非ご参考になさってください。

 

 

遺族との会話の場合

さらに遺族との会話で用いる場合は、「この度はお悔やみ申し上げます。」

という言葉を使うと良いとされています。

 

遺族と話しているときに、何を話していいのかわからなくなれば、

この「お悔やみ申し上げます」という言葉を伝えればまず失礼にあたりません。

 

「お悔やみ申し上げます」にさらに一礼をした後に、

故人との思い出を手短に話す事が良いとされています。

 

さらに、こちらのサイトには故人の亡くなったケースごとの

「お悔やみ申し上げます」の例文があるので是非ご参考になさってください。

 

また、使ってはいけない言葉もあるので遺族と話す前に一度確認しておきましょう。

 

 

友達に送る場合の使い方は?

 

普段敬語で話すことのない友達に「お悔やみ申し上げます」という

堅い言葉を使っても良いのか不安になりますよね。

 

その様な場合は、無理に使うことなく「突然の事で言葉も見つからないけどお悔やみ申し上げます。」

など前後に打ち解けた言葉を付ける事も無難です。

 

その他「今回は大変だったね。辛い時には何か力になるから言ってね。」

と励ます言葉も友人ならではの素敵な言葉です。

 

綺麗な言葉よりも友人の身内への死の悲しみを伝え必死に言葉を考えて

話しかけてくれるという事が嬉しいので、綺麗な言葉にはこだわらなくても良いです。

 

しかし、ここでも同様に使ってはいけない言葉があります。

それは死を連想させる言葉です。

 

お悔やみの言葉を送る際に、相手に再び悲しみを感じさせない言葉を贈る事が大切です。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょう。

 

「お悔やみ申し上げます」には故人の死への悲しみと遺族を

励ます気持ちがこめられている事が分かりました。

 

弔電でも遺族との会話でも用いることが出来、例文も載せているので

是非それぞれのケースに合わせてお使いください。

 

そして、友人向けに「お悔やみ申し上げます」と無理にいう事はなく、

前後に親身になる言葉を付け足したり励ます言葉に代えて伝えてもかまいません。

 

大切なのは故人や悲しむ友人を想う気持ちです。