友人や知人に不幸があった際のやりとりは、いつも以上に慎重になるものです。

 

通夜や葬儀で忙しい中電話をかける訳にもいかず、直接会いに行くのも憚られる・・

そんな時にメールはお悔みの気持ちを伝える有効な手段となります。

 

お悔みメールを送る際の「お悔み申し上げます」という言葉の使い方や

使ってはいけない言葉、返事の返し方について調べました。


Sponsored Link


「お悔み申し上げます」ってどんな意味?

「悔やむ」という言葉には、「人の死を惜しむこと」

「人の死を悲しむ・惜しむ・慰める言葉」といった意味があります。

 

「お悔み申し上げます」の使い方をする場合は、

「悲しみや慰めの言葉を申し上げます」という意味になります。

 

この一言には様々な意味が含まれており、故人や遺族に対する気持ちを表すのによく使われます。

会話で用いる時は、「この度はお悔み申し上げます」というシンプルな使い方が良いでしょう。

 

ちなみに、この言葉と同じシチュエーションで使う言葉は他にも

いくつかありますが、ニュアンスや一般的な使い方が異なるので注意が必要です。

 

<弔電や挨拶などの文面で使用>
・「哀悼の意を表します」
・「ご冥福をお祈りします」

 

<遺族との会話で使用>
・「ご愁傷様でございます」

 

「お悔み申し上げます」については、文面でも会話でも違和感なく使うことができます。

言葉の使い分けに困った場合は参考にして下さい。

 

 

お悔みのメールを送ってはいけない場合はある?

 

お悔みメールを送る前にまず注意すべきなのが、「メールを使ってもよい状況かどうか」という事です。

友人や知人の家で不幸があった場合、まずは周囲の知人や親戚関係から通夜や葬式の情報を集めます。

 

その中で通夜や葬儀に参列するという判断をした場合はメールを送らない方が良いでしょう。

葬儀などの準備で忙しい中、返事に更なる手を取らせてしまうおそれがあります。

 

また、お悔みの気持ちを表す形としては、弔電を送るのが正式な形です。

特に仕事の取引先や職場の職員の訃報の場合はまず弔電を送るようにして下さい。

 

ただ、商談相手の担当者とのやりとりで違和感なくお悔みの文言を送りたい場合や、

親しい関係の人でも自宅の住所や電話番号を知らないといった場合なども多くあると思います。

 

そういった場合にメールは気持ちを伝えるためのツールとして活用できます。

 


Sponsored Link


 

お悔みのメールで「お悔み申し上げます」の使い方は?

お悔みのメールの書き方や送り方について説明します。

ここでは、仕事上の付き合いがある相手に送る場合を例にします。

 

タイトル

メールのタイトルは送り主の氏名を加え、分かりやすく表記しましょう。

件名なしはNGです。

 

<例>
○○○○(氏名)よりお悔みを申し上げます

 

本文

本文の基本的な構成は、手紙の書き方と同じく

「宛名、挨拶、主題、締めの言葉」という形になります。

 

通常の挨拶では、「平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます」というような

文言がよく使われますが、お悔みメールの場合は「いつもお世話になっております」

というようなシンプルな文言に変えます。

 

主題に書き含める内容は次の通りです。

・お悔みの言葉
・相手を気遣う言葉
・メールでのお悔みを詫びる旨

 

お悔みの言葉は、「お悔み申し上げます」や「ご冥福をお祈り申し上げます」というようなものが適しています。

「心より」という言葉を付け加えるとより丁寧になります。

 

<例文>
○○株式会社
購買部 ○○○○様

いつもお世話になっております。
この度は御尊父様のご逝去を知り、大変驚いております。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

心身ともにお辛い状況と存じますが、どうかご無理をなさいませんように。
本来ならば直接お悔みを申し上げるべきところでございますが、略儀ながらメールにて失礼いたします。

○○○○株式会社
営業部 ○○○○

 

注意するポイント

文章は短くまとめる

仕事相手へのメールでは、お悔みの言葉と共に仕事の連絡事項などを送る場合もあるでしょう。

その場合も文章は極力短くまとめ、相手に負担をかけないようにしましょう。

 

「忌み言葉」を使わない

お悔みの文章を書く際に使ってはいけない言葉があります。

 

「重ねがさね」「くれぐれも」などの重ね言葉や、

「繰り返す」「続く」といった言葉がこれにあたります。

 

忌み言葉にあたるものは沢山あるので、気をつけていても

メール文が長くなるとうっかり使ってしまう危険があります。

 

そのためにも、メール文は極力短くまとめるのがベターです。

 

友人などに送るメール

友人など親しい間柄の人に送るお悔みメールであれば、

上記のような内容を通常の話し言葉で作成しても構いません。

 

その場合はあまり形式にこだわる必要はありませんが、短くまとめる、

余計な連絡事項を挟まないなど、最低限の礼儀は必要です。

 

絵文字なども極力控えた方が良いでしょう。

また、「メールの返信はいらないから」という風に気を使ってあげるといいですね。

 

 

お悔みの言葉にどう返す?メールの返信はどうしたらいい?

「お悔み申し上げます」に対する返答例

 

「お悔み申し上げます」と言われて返事に困ったことはありませんか?

意外に難しいのが、お悔みに対する返事の仕方です。

 

「ありがとうございます」は少し違和感があるし、「すみません」もおかしいですね。

 

このようなお悔みに対する返答例は以下の通りです。

・お気遣いありがとうございます
・ご丁寧にありがとうございます
・恐縮です(おそれ入ります)
・痛み入ります

 

「ありがとう」の前に何に対するお礼かを加えると、印象が変わりますので活用して下さい。

 

お悔みメールへの返信例

上記のような返答を用いたお悔みメールへの返信例を紹介します。

 

<例>
タイトル:○○○○(氏名)よりお礼申し上げます

○○○○様

先日はメールを頂戴しありがとうございました。
お礼の返事が遅くなり申し訳ございません。

おかげ様で通夜・葬儀とも無事済ませることができ、少しは気持ちも落ち着いてきました。
○○様のお気遣いには心より感謝いたします。ありがとうございました。

○○○○(氏名)

 

 

まとめ

「お悔み申し上げます」の意味やメールでの使い方についてまとめましたが、いかがでしたか?

 

「お悔み申し上げます」は遺族の方との会話や書面で使うのに適した言葉ですが、

メールでお悔みの気持ちを伝える場合には注意が必要です。

 

お悔みメールを送る際はメールが適している相手かどうかを

十分検討の上、基本的なマナーをおさえることが大切です。

 

今回紹介したマナーや文例を参考にしてみて下さいね。

また、お悔みメールの返信例も参考にして下さいね。