身内の方や親しい方が亡くなれた場合、四十九日までは

どのように過ごせばよいのでしょうか。

 

今回は、四十九日の女性の服装や身内のみの四十九日の

服装の在り方、四十九日までの過ごし方についてご紹介いたします。


Sponsored Link


四十九日とは?

お通夜や葬儀を終えた後も故人のために法要が行われます。

仏教において死者があの世へいくまでに七日ごとに故人を供養する法要を行っています。

 

法要の中でも、四十九日の法要は忌明けの行事として大切なので多くの方が参列します。

四十九日は遺族だけではなく親族や故人の親しかった友人、知人も参列することが出来ます。

 

読経や埋骨の後、焼香や会食も行われるので一日がかりで法要が行われます。

 

 

四十九日までの過ごし方はどうすればいい?

葬儀を終え、中陰壇を家に設けて、家族の方は毎日中陰壇の前に座り

お線香をあげて手を合わせて故人を想っている時期です。

 

仏壇は四十九日までに用意し、葬儀までの白木の位牌を四十九日の

法要までに本位牌に作り替えて置く作業を済ませておかなければなりません。

 

弔中は一般的に四十九日までとされているので、この時期は

結婚式に出席したり、神社に参拝することは避けるようしましょう。

 

また、7日毎に法要を行う家庭もあるので、一週間ごとに四十九日まで

故人を供養する法事があり忙しい時期でもあります。

 

その他、故人が生前お世話になった勤務先、隣近所への挨拶、

主治医や看護師への挨拶や病院の支払いなどが必要です。

 

さらに、故人が多くの物を残した場合遺品整理や形見分け、

親族間での遺産相続の手配も行わなければなりません。

 

故人名義の書類者証明書の手続きも済ませておきましょう。

 


Sponsored Link


 

身内だけの場合服装はどうすればいいの?

 

そこで気になる四十九日の服装ですが、故人との関係により多少異なってきます。

 

遺族の場合は3回忌までは喪服を着用することが基本となるので

四十九日も喪服を着用すると言われています。

 

しかし、一般的に現代では遺族でも略礼服の着用でも良いとされています。

 

喪服とは?

喪服とは、葬儀や法要に欠かせない礼服の事を指します。

現代では黒色が喪服として一般的であり、礼服の中の一つという位置づけがされます。

 

略礼服とは?

略礼服とは、昭和中期以降に一般的になってきた服装です。

 

男性であれば、結婚式などめでたい慶事の時には白ネクタイを、葬儀の際などは

黒ネクタイを着用しネクタイを入れ替えることで様々な

シチュエーションに対応するスーツの事を指します。

 

女子の場合は、一般的に黒のワンピースやツーピース、

黒の一つ紋の和装などを略礼服として着用します。

 

 

四十九日の女性の服装はどうすればいい?

女性の弔事の際の正礼服は、黒のフォーマルドレスまたは

黒無地の5つ紋の和装とされています。

 

しかしながら、男性と同じく最近では略礼服が一般的となってきているので、

黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどが一般的となっています。

 

そして、ストッキングや靴なども黒色であわせて、弔事の場合結婚指輪以外の

アクセサリーは不可となっていましが、真珠の一連のネックレスや

一粒真珠のイヤリングやピアスは許可されています。

 

化粧も薄めに仕上げる事をおすすめします。

 

 

その他女性の服装で気を付ける事は?

服装が黒色で統一されているとしても、透けていたり光沢のある

物は弔事の場に相応しくないので避けましょう。

 

また、夏であっても露出はなつべく避け、上着を着用し袖はなるべく

長くスカートも膝にかかる長さの物を選ぶようにしましょう。

 

さらに、ブラウスを着用する場合は黒色にそろえるようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は仏教を中心に四十九日までの過ごし方や

四十九日の際の服装についてご紹介いたしました。

 

四十九日までは故人に関する事務的な手続きや宗教的な手配など

忙しい日々の中、故人を想う毎日を過ごされるかと思います。

 

四十九日の服装は最近では略礼服が一般的となりました。

その中で特に気を付けるべきこともピックアップしました。

 

是非ご参考になさってください。