四十九日と言えば、故人が亡くなってから故人を供養する上でも大切な法要ですよね。

 

そこで、今回は四十九日の計算方法や供物はどのような物を選べばよいのか、

四十九日に関するマナーにはどのようなものがあるのかご紹介いたします。


Sponsored Link


四十九日の意味

四十九日の意味は仏教において故人が亡くなってから49日間の事を指し、「中陰」と呼びます。

法要は7日毎の初七日、次には二七日、その次は三七日というように七日毎に法要が細かにあります。

 

七日毎に極楽浄士に行けるかどうかの判断がなされて、四十九日に忌明けとされています。

その中でも四十九日は忌明けの法要なので派手に行われることがあります。

 

四十九日は法要の際に僧侶による読経が行われ、御斎と呼ばれる食事会が開かれます。

お礼の気持ちを込めたお膳であり、同時に故人を偲ぶためにいただくお食事です。

 

 

四十九日の計算方法はどうするの?

 

四十九日の計算方法ですが、故人が亡くなってから百か日までの

追悼法要に関しては、亡くなった日を含めて数えることが一般的です。

 

つまり、亡くなった日を1日、翌日を2日と数える事により四十九日を特定することができます。

また、1周忌においては、満1年に行います。

 


Sponsored Link


 

供物はどんな物を選べばいい?

お供え物が必要なのかどうかは地域の風習により異なります。

 

最近では、物を渡すのではなく「御供物料」として1万円から

2万円ほどの現金を包むことが一般的となっています。

 

地域によっては供養として、参列者が持ち寄ったお供え物を法事の最後に

出席者全員で分け合い出席にお供え物が必須な場合もあります。

 

是非今一度、参列される法事の施主に確認してみましょう。

そこで、最適なお供え物ですが選ぶポイントがいくつかあります。

 

具体的にかさばらず荷物にならない事、分配しやすい

小包つつまれた物、日持ちをする物などの条件があります。

 

お供え物として最適な物

お供え物の例としては食べ物であれば、かまぼこや佃煮、果物、和菓子や洋菓子などがあります。

消耗品としては、線香やろうそくはあります。

 

飲み物としては、ビールやお酒、お茶などがあげられます。

花としては、胡蝶蘭や百合などの供花が相応しいです。

 

お供え物は一般的に食べ物を選ぶ方が多いです。

その際は一つ一つ包装されている日持ちのするものを選ぶことがポイントです。

 

出席者の人数が分からずお菓子の個数を選ぶことが

出来ない場合は、線香などの消耗品を選ぶことがポイントです。

 

特に、親族も普段買うことのない高い高級な香りの線香を選ことで喜ばれるのでおすすめです。

 

 

四十九日のマナーにはどんな種類がある?

参列できない場合のマナー

四十九日は法要の案内が届く限りなるべく参列することが一番のマナーです。

そして、返信用の葉書が同封されておりその返事を施主に早く返信する必要があります。

 

どうしても四十九日に参列することができない場合は、

電話や返信用のハガキでお詫びの言葉を入れることがマナーです。

 

供物料を現金書留で贈り、供花を贈る事がマナーとしては一般的です。

 

参列される場合のマナー

ちなみに参列される場合の供物料はお料理代や引き出物料金を合わせて

1万円と考えて1万円から2万円の金額を包むようにしましょう。

 

四十九日の場合ののし袋の表書きですが、一周忌までは黒白や双銀の

水引で表書きには「御仏前」や「御供物料」と記します。

 

 

服装のマナー

服装については、喪服を着用することが一般的ですが、ダークグレーや

濃紺など地味な色合いのワンピースやスーツでも良いとされています。

 

その他、数珠や袱紗に入れた香典など葬儀のマナーと同様のマナーもあります。

 

冬の場合は、毛皮や布革などは殺傷をイメージする素材なので

避けてウール製などのコートを着用するようにしましょう。

 

そして、会場内でコートは脱ぐようにします。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

ここでは、四十九日までの数え方やお供え物に最適な物、

その他四十九日に知っておきたいマナーについてご紹介いたしました。

 

特に、お供え物に最適な物は食べ物から消耗品などの食べることのできない物まであります。

地域によってはお供え物が必須な所もあるので是非ご自身の地域性を確認してみてください。