四十九日に参列される際に、ご香典と一緒にお供え物を

持参される方が多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は四十九日のお供えにはどのようなものがいいのか、

のし袋は何を選べば良いのか、のし袋の書き方はどうすれば良いのかご紹介いたします。


Sponsored Link


四十九日のお供えはどうすればいい?

四十九日のお供え物として無難な物は?

四十九日のお供え物としては和菓子が多いというイメージがあるのではないでしょうか。

しかしながら、和菓子でなければならないという事はありません。

 

法要にぴったりなお供え物ですが、和菓子はもちろん、

切り花などのお花、果物、お茶、お線香、洋菓子などとされています。

 

和菓子や洋菓子など食べ物をプレゼントされたい場合は

日持ちのするお菓子を選ぶ事をおすすめします。

 

また、地域によっての風習により異なりますが、四十口の法要の後に参列した方に

参列者からいただいた物をお下がり品として持って帰ってもらう事も

あるので個別包装されているものを選ぶことが無難なようです。

 

さらに、お菓子の場合は異なるお菓子がランダムに入っている物よりも、

同じ種類のお菓子が10~15個入っている物の方が分けやすいので親族側からしたら便利です。

 

参列者の人数が分からずお菓子で迷う場合は、無難に選考にされると良いです。

白檀やキャラなど高級な素材の使われた上品な線香はなかなか、ご遺族も買うことがないのでおすすめです。

 

お線香はデパートや仏壇・仏具店で手軽に購入することができるので立ち寄ってみてください。

 

お供え物の相場はいくらくらい?

お供え物の相場の金額は大体2000円から3000円と言われています。

 

御供物料を包む場合は?

さらに御供物料を現金で包む場合は表書きは「御供物料」や「御霊前」と書きます。

金額の相場は法要に参列しない場合は5000円、法要に参列する場合は10,000円から15,000円と言われています。

 

おすすめのお供え物

こちらのお店では法事用の包装をしてくださり、様々な種類の和菓子が揃っています。

是非、ご参考になさってください。

 

京菓匠

 

こちらのお店でも法事にぴったりな個別包装されているお菓子が入っている商品が多数あります。

 

日本人に親しみの深い三種類のお菓子が入っており、

お子様からお年寄りの方まで食べやすくお供え物におすすめです。

 

 

両口屋是清

 

こちらの洋菓子はクッキー38枚入りとなっており、参列者が多い場合にも安心の商品です。

クッキーなので日持ちも良く安心です。

 

 

シュガーバターの木 4種詰合せ38袋入

 

こちらの洋菓子もゼリーやマドレーヌなどお子様からお年寄りの方まで食べやすい商品です。

個別に包装されているのでお持ち帰りにも便利です。

 

 

ブールミッシュ サマーギフト

 

香樹林の贅沢な線香であり、和室にも洋室にもマッチする線香です。

高級感あふれる贅沢な線香をお供え物として渡すのはいかがでしょうか。

 

 

進物線香 香樹林

 

さくらの香りが心地よい和を感じさせ線香です。

パッケージも美しくインテリアにも馴染みます。

 

故人がお花好きな方や桜好きな方の場合親族に喜ばれるのではないでしょうか。

 

 


Sponsored Link


 

仏具用・弔事用の掛け紙の書き方は?

 

贈り物をする際にのしを一般的につけますが、仏具用・弔事用の掛け紙は

白黒の結び切りのもので水引きのものです。

 

気になるこの掛け紙の書き方ですが、四十九五日のお供え物の際は、

表書きは「御供物」「御供」と送り主のお名前を書きます。

 

お店でお供え物を購入する際も包装や掛け紙をお願いすると思いますが、

その際に仏具用包装がないか尋ねる事が大切です。

 

さらに、包装紙は中につけるのではなく包装紙の外側に

つけてもらうことで誰からのお供え物なのか分かるのでおすすめです。

 

 

お供え物を渡すタイミングは?

お供え物を渡すタイミングですが、法事の資金を出して運営する施主に

直接丁寧に手渡し、「御仏前にお供えしてください」と一言言葉かけをすることがマナーです。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

四十九日には日持ちのして小分けに包装されている品物がお供え物として喜ばれることがわかりました。

 

そこで、おすすめのお菓子や線香をご紹介いたしました。

四十九日の場合は、お供え物に掛け紙を用いります。

 

さらに、お供え物は施主に丁寧に渡しましょう。