四十九日の法要ではお寺にどれくらいどのようにお金を

つつめばよいのかよくわからないですよね。

 

そこで今回は、四十九日のお布施の書き方とお布施を入れる袋の選び方、

お布施に必要な金額についてご紹介いたします。


Sponsored Link


四十九日のお布施の書き方はどうすればいいの?

四十九日法要のお布施の書き方についてですが、

お布施の表書きは薄墨を用いるのではなく普通の墨を用いて書きます。

 

多くの場合は、「御布施」と書かれますが、宗派によっては

異なる事もあるので参列される四十九日の宗派を今一度ご確認ください。

 

確認する場合は、僧侶に確認するか、もしくは空白でもかまわないようです。

そして、袋の下には「〇〇家」や「フルネーム」を書きます。

 

その他、裏面には住所や電話番号、金額を丁寧に書いておけば失礼に当たりません。

 

お布施は労働対価ではないため本来は書かなくても良いですが、

寺院の記録や経理、財務上書いてある方が便利なようです。

 

 

お布施を入れる袋はどうすればいい?

お布施はどのような袋を選べば良いのかわかりませんよね。

 

昔と異なりお坊さんとの付き合いが減少したり両親が

亡くなっている場合は悩む方も多いのではないでしょうか。

 

一般的な法要で用いるお布施袋はコンビニや文具店、100円均一ショップなどで販売されている

「お布施」と印刷されているコンビニなどで売っている封筒や不祝儀袋でかまいません。

 


Sponsored Link


 

お布施の目的

気になるお布施の目的ですが、僧侶への感謝とお礼の気持ちを込めて渡すものです。

そのため、形式にこだわったものであるというよりも気持ちがこもったお布施を渡すことが大切です。

 

市販の良く売られている不祝儀袋やお布施と印刷された封筒であっても失礼にあたる事はありません。

 

 

お布施の渡し方

お布施の渡し方ですが、直接手で渡すのではなく、小さなお盆を要しておき

それを用いて渡したり、袱紗を使って渡すことがマナーに従うと言われています。

 

さらに、お盆がない場合は葬儀社が貸してくれることもあるので尋ねてみましょう。

お盆は切手盆、祝儀盆と言われる黒いお盆を用いることが正式的には良いとされています。

 

また、袱紗には包む方法があります。

包み方は弔事の包み方を用いります。

 

包み方に関しては以下の画像に表示しています。

是非参考になさってください。

 

出典:披露宴マナー.com/

 

感じんなお布施を渡すタイミングですが、合同で行われる法要の場合は

入り口に受付が設けられている事が多く、受付の方に渡せばよいです。

 

しかし、受付が設けられていない場合は、法要の前に僧侶に

挨拶することのできる時間があれば一言添えてお布施を渡すと良いです。

 

法事法要の場合であり、ゆっくりとあいさつすることのできる時間がない場合は、

法事法要を終えてからお礼のあいさつをする際にお布施を渡すことが双方に余裕があるのでおすすめします。

 

個別の法要の場合でも同様に、法事法要の前後に挨拶と共にお布施を渡します。

 

 

お布施に必要な金額はいくら?

四十九日において、納骨法要や法要を行う場合に包む金額はお寺によっても異なってきます。

一般的に、お布施の相場あ3~5万円と言われています。

 

また、地域性や宗派の違い、お寺の付き合いによっても異なってきます。

お斎に僧侶が同席される場合はお布施や車代を別に包み渡すこともあるようです。

 

お車代は一般的に5千円から1万円と言われています。

 

僧侶がお斎を辞退された場合は、お布施やお車代とは別にお膳料を

用意することもあり、お膳料は一般的に5千円から1万円ほどであると言われています。

 

まとめ

出典:s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

 

お布施は僧侶への感謝の気持ちを表すものでありますが、ある程度マナーに従い失礼のないようにしましょう。

渡し方や香典の金額など人によって異なるかもしれないのでご親族の方とも相談なさってください。