葬儀が終わってから49日法要までの間、

故人のお骨や位牌を安置するのが「後飾り祭壇」です。

 

この後飾り祭壇にはお供えも必要です。

49日までのお供えとして必要なものについて調べました。

 

また、お菓子はお供えしても良いのかどうかについても説明します。


Sponsored Link


49日ってどんな意味があるの?

仏教では、故人の魂は亡くなってから49日間は中陰(この世とあの世の間)にいるとされ、

49日を迎えると仏となってあの世へ旅立つと考えられています。

 

49日までの間は7日おきに仏になるための厳しい試練があるので、

遺族は故人の成仏を祈って7日ごとに法要を行います。

 

49日目はついにあの世での行先が決まる日であり、49日法要は葬儀後の重要な法事のひとつです。

遺族や近親者、生前縁の深かった人を招いて読経や会食が行われます。

 

 

後飾り祭壇の意味って?

 

故人のお骨が自宅へ帰ってから49日までの間に必要になるのが

「後飾り祭壇」で、地域によっては「中陰壇」とも呼ばれます。

 

自宅に仏壇がある場合も、49日までの間は後飾り祭壇を使います。

 

「なぜ仏壇にお骨やお供えをしないのか?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、

仏壇は仏を安置する場所なので、成仏前の遺骨やお供えは別の祭壇に行う必要があるのです。

 

後飾り祭壇には骨壺、遺影、仮の位牌の他、香炉や蝋燭立てなどの仏具、お供えを載せます。

49日法要を自宅で行う場合はこの祭壇の前で僧侶による読経が行われます。

 


Sponsored Link


 

後飾り祭壇のお供えに必要なものは何?

後飾り祭壇に必要なお供え物は、次の通りです。

 

線香

49日までの間、故人にとっての食べ物は香りだけです。

線香の煙はなるべく絶やさないようにしましょう。

 

とはいえ、外出時や就寝時は火事の不安もあります。

その場合は故人に手を合わせてからいっときだけ消すようにしましょう。

 

毎朝一番に汲んだ新しい水をお供えします。

 

花(菊が適しています)

花も49日間は切らさないようにします。

同じものをずっと供えていると花が傷んでくるので、その前に取り替えるようにして下さい。

 

お膳

故人はこの世の食べ物は食べることができませんが、

食べ物の香りを届けることで供養になると言われています。

 

炊き立てのご飯、汁物、煮物、和え物のお膳を準備し、白い陶器の器に盛って供えます。

宗派によっては1日3食分準備する場合もありますが、朝に一度お供えする場合が多いです。

 

お膳用に特別な食事を作る必要はなく、普段の食事を取り分けてお供えすればよいです。

お供えして5分ほどしたら、すぐに下げて家族で食べます。

 

果物

果物はバナナや季節の果物などを2~3種類盛り合わせるようにしましょう。

 

スーパーで普通に売られているものだと大きすぎて器に

乗り切らないことがあるので、お供え用の果物盛り合わせがおすすめです。

 

お菓子

お菓子は長期間供えやすいように、なるべく日持ちのするもので個包装されているものを選びます。

 

古くからのしきたりで「お供えのお菓子は穀物からできた和菓子がよい」という

考えもありますが、今はそこまで厳密なマナーはありません。

 

季節のお菓子や故人の好きだった物をお供えするとよいでしょう。

 

その他お供え物

頂いたお供え物は後飾り壇にお供えします。

 

また、家族が美味しいお菓子を買ってきたり、故人の好きだった料理を

作ったりした場合には、食べる前に一度お供えするようにしましょう。

 

 

お供えのお菓子の良い例はある?

 

49日までの間、お供えのお菓子は和洋などにあまりこだわる必要はないと説明しましたが、

「法要の際など大事なシーンのためにも基本を押さえておきたい」という方もいらっしゃると思います。

 

仏事で使われるお供えのお菓子は、やはり和菓子がオーソドックスです。

 

穀物からできたお菓子が良いとされていますので、どらやき、もなか、饅頭などの

甘い物や、あられやおかきなどを組み合わせると良いでしょう。

 

その他、夏には羊羹やゼリー、寒天などをプラスしても良いです。

 

 

まとめ

49日までのお供え物についてまとめましたが、いかがでしたか?

49日法要までの間は後飾り祭壇にお骨や位牌を安置し、お供えをします。

 

お供えとして必要なものは沢山ありますが、特に線香やお花、水はなるべく絶やさないようにしたいものです。

お菓子やお膳の内容について悩まれる方もいるかもしれませんが、今回紹介した例を参考にしてみて下さいね。