弔事に関するマナーで悩む人は多いと思います。

 

49日法要は葬儀後に近親者や知人が参列する重要な法事ですが、葬儀の時と服装や持ち物が異なります。

特に喪服の着用は立場によってマナーが異なるので注意が必要です。

 

49日法要に必要な持ち物と服装について調べました。


Sponsored Link


49日法要とは?

仏教においては、故人は7日おきに閻魔大王の裁きを受けるとされ、

それが終わってあの世へ旅立つのが49日目と考えられています。

 

遺族は故人の冥福を祈るために近親者や生前故人と縁のあった人を招いて法要を営みます。

49日法要では僧侶による読経や墓参り、会食というスケジュールで行われるのが基本です。

 

また、参列者には手土産として引き出物が渡されます。

 

 

49日法要に参列する際の持ち物は?

 

49日法要に必要な持ち物は次の通りです。

 

香典

49日以降の法要にはその都度香典が必要です。

金額相場としては、一人あたり1~1.5万円が相場となっています。

 

これは、参列者にかかる料理代などの費用負担を考慮した金額です。

この相場は世帯の参列人数や年齢などによって上下します。

 

夫婦2人で参列する場合は3万円、未成年や学生の子供が一緒に参列する場合はプラス5千円が相場です。

 

単純に人数分×相場金額となっても問題はありませんが、金額が偶数や「4、9」の

数字になると良くないという考えもあるので、なるべく「1、3、5」のような数字で用意する方が無難でしょう。

 

親や兄弟など、特に近しい人が亡くなった場合は、

法要に関わる他の費用負担などもかねて大目に包む場合もあります。

 

近親者の法要の際は、施主や他の親族とも相談の上で金額を決めるようにしましょう。

 

香典を入れる不祝儀袋ですが、葬儀の際に使っていた「御霊前」の表書きは49日以降には使えないので、

「御仏前」もしくは「御供物料」と書きます。筆記具は薄墨ではなく濃い墨を使います。

 

数珠

仏教の場合は数珠が必要です。

宗派によって数珠の形が異なりますが、仏具店ではどの宗派でも使える

数珠が販売されているので、迷った場合はそちらを選ぶといいでしょう。

 

お供え物

親族の法要の場合は、香典とは別にお供え物を持参するのがマナーです。

相場は2~3千円でお菓子や果物、お茶、花、線香などがよく選ばれます。

 

お菓子はなるべく日持ちのするもので、個包装されている詰め合わせを選ぶようにします。

49日の法要後にお供え物を参列者に分けて持って帰ってもらう場合があるためです。

 

お花を準備する際は、葬儀の時のような供花は避け、花かごなどを選ぶようにします。

予め花屋に「49日用の供花をお願いします」と言っておくと適したお花を選んでもらえます。

 


Sponsored Link


 

49日法要の服装はどうしたらいいの?

 

49日法要で喪服を着る必要があるのか悩む方は多いと思います。

法事の服装マナーは、遺族と一般の参列者とでは異なるので注意が必要です。

 

遺族の場合

<男性>
・喪服(略礼服が一般的)
・黒ネクタイ
・白い無地のワイシャツ
・靴下と靴は黒色

 

一周忌の頃までは、喪服を着用します。

 

古くからのしきたりでは、一般の参列者よりも格式高い礼服を着るべきと

言われていましたが、現在では略礼服(ブラックスーツ)が一般的です。

 

<女性>
・喪服
・黒いストッキング
・黒いパンプス

 

女性の喪服は、洋装でも和装でもOKです。

バッグや靴は黒いもので、装飾のないものを選びます。

 

特に靴は会場や自宅で脱いだ時に目につきやすいので、ベルトや

バックル付きのものを避け、プレーンなパンプスを選ぶようにして下さい。

 

その他、結婚指輪以外のアクセサリーや腕時計などの光り物は基本的にNGです。

 

パールのネックレスやイヤリングであればOKですが、

二重のネックレスは縁起が悪いとされているので避けましょう。

 

一般の参列者の場合

一般の参列者の場合、予め「平服でお越しください」という

案内を受けている場合は喪服で行く必要はありません。

 

黒を基調とした地味な服装で参列しましょう。

男性の場合はどちらの場合でも略礼服を選ばれることが多いです。

 

女性は黒い無地のワンピースやアンサンブルなどが適しています。

遺族はその場合も喪服を着るのがマナーです。

 

子供の場合

子供が参列する場合は男女ともに制服か喪服を着用します。

夏期の制服は明るい色になることが多いですが、それでも失礼にはあたりません。

 

気になる場合は黒い無地のワンピースなどを着用するようにしましょう。

 

 

法要の服装で気を付けるべきNGポイントは?

 

49日法要の服装で気をつけたいポイントは次の通りです。

 

夏場など、暑い場合に上着を脱ぐ

法要では、基本的に上着を脱ぐのはNGです。

 

故人の自宅で身内だけで法要を営む際は上着を脱いで

良い場合もありますが、その場合でも上着は必ず持参します。

 

コートを着用する

法要では、冬場でもコートの着用はNGです。

なるべくカイロやアンダーウエアで防寒対策をして下さい。

 

法要会場までコートを着用していった場合は、会場に入る前に脱ぎます。

その場合のコートは黒や地味な色で、ファーや装飾のついていないものを選ぶようにして下さい。

 

 

まとめ

49日法要の持ち物や服装についてまとめましたが、いかがでしたか?

 

49日以降の法要では、葬儀と持ち物や服装のマナーが異なりますので、

今回紹介した例を参考に適切な対応をして下さい。

 

特に服装におけるNG行動は、暑い時期や寒い冬についやってしまいがちなので注意して下さいね。