49日法要に参列する際、香典の金額や不祝儀袋について悩まれる方は多いと思います。

葬儀の際の香典と同じように考えていると、失礼になってしまうおそれがあります。

 

49日法要の香典の相場や不祝儀袋の作り方について説明します。


Sponsored Link


49日法要の香典の相場は?葬儀と考え方が違うのは何故?

法要に出席する場合

49日法要に出席する場合は、家単位で「参列者数×1~1.5万円」が基準となります。

 

夫婦で参列する場合は2~3万円の香典が相場となりますが、

「割り切れる偶数は良くない」という概念もあり、

現実的には3万円を包むケースが多いようです。

 

これに対して葬儀の際の香典は、家単位で5千円~数万円が相場となります。

このように葬儀と法事で香典の金額の考え方が違うのは、法事では

参列者に対して人数分、もしくは世帯分の引き出物が用意されるからです。

 

引き出物は2~5千円が相場で、読経の後の会食代も含めると、

参列者一人当たりに5千円~1万円の費用がかかります。

 

そもそも香典には、遺族に対する「葬儀や法事の費用の足しにして下さい」という

気持ちが込められているので、一人当たりの費用を下回る額を渡すと

故人や遺族に対して失礼になってしまいます。

 

法要を欠席する場合

一般参列者で法要を欠席する場合、香典を贈るか贈らないかは本人の気持ち次第といえるでしょう。

その場合はお供え物にお詫び状を添えて送ると丁寧に気持ちが伝わります。

 

 

親兄弟の法事や子供が参列する場合の香典はどうしたらいい?

 

故人との関係や世帯によっては、香典の金額が相場を大きく上回るケースもあります。

 

特に故人が親や兄弟姉妹の場合は、僧侶に渡す納骨法要の

お布施などの費用を負担する為に大目に包むケースが多く見られます。

 

このような場合は施主とよく相談の上で金額を決めるようにしましょう。

また、同居の未成年や学生の子供が参列する場合は、プラス5千円くらいが適当です。

 

不安な場合は同じ立場の親族と相談した上で決めましょう。

 


Sponsored Link


 

49日法要の不祝儀袋の作り方は?

49日法要の不祝儀袋の選び方や書き方について説明します。

 

不祝儀袋

49日法要の際に渡す不祝儀袋は、黒白や双銀の水引のものが

基本ですが、関西では黄白の水引の袋を使う地域もあります。

 

慣れない土地の法要に参列する場合は、予めその土地の人に確認しておいた方が無難です。

また、双銀の水引の袋は金額が高額になる場合に使うことが多いので注意して下さい。

 

筆記具

49日法要の不祝儀袋は、濃い墨で書きます。

 

表書き

香典袋の表側中央には、「御仏前」「御供物料」と書くようにします。

 

葬儀では「御霊前」の表書きが広く使われますが、多くの仏教では故人の魂が

亡くなってから49日後に仏に変わると考えられているため、

それまでの「御霊前」は使えなくなるのです。

 

名前

表書きの下にはフルネームで世帯主や代表者の名前を書きましょう。

名字だけ書くと、施主が香典を整理する際に個人を特定できなくなるおそれがあります。

 

配偶者などが世帯主の代理で香典を持って行く場合は、代表者の指名の左横に「内」と書き、

代理で持ってきたことが分かるようにします。

 

こうすることで施主側の混乱を避けることができます。

 

中袋の書き方

中袋には金額や住所、氏名を忘れずに書きましょう。

中袋の表側中央に金額を書き、裏側の左下に住所と名前を記入します。

 

金額や住所の番号などは漢数字を使います。

 

お札の準備

49日法要の香典で使うお札は、葬儀の時のように使用済みのお札を使う必要はありません。

 

葬儀で新札を使うのは「不幸を待っていたような印象を与える」としてタブーとされていますが、

49日法要は予め日程が決まっているので新札を用意しても問題ないのです。

 

ただ「弔事の際の香典は旧札を使う」という考え自体がかなり浸透しているため、

人によってはマナー違反と受け取られるおそれもあります。

 

不安な場合は、新札に折り目をつけてから入れるようにするといいでしょう。

お札の入れ方は葬儀の時と同じです。お札の顔がある側を下に、裏側に向けて入れます。

 

 

キリスト教系や神道系の法事の場合は?

キリスト教や神道など、仏教以外の宗教の法事に招かれることもありますよね。

これらの宗教の場合、法事の時期は異なりますが、香典として包む金額相場は同じです。

 

それぞれの不祝儀袋の表書きは、

・キリスト教式・・「御花料」「御花輪料」

・神道系・・・・・「御玉串料」「御霊前」と書くのが一般的です。

 

 

まとめ

49日法要の香典金額の相場や不祝儀袋の作り方についてまとめましたが、いかがでしたか?

49日法要は葬儀と香典の考え方が少し異なるので、少ない金額を包むと失礼になってしまうことがあります。

 

基本の相場をおさえた上で施主や親族と相談し、シチュエーションに合った対応をしましょう。

また、今回紹介した不祝儀袋の作り方も参考にして下さいね。