仏教で「49日」といえば重要な法事ですが、

いざ弔事が発生すると具体的な準備に戸惑う人は少なくありません。

 

特に日程は早いうちに決める必要があります。

葬儀と並行して日程調整し、葬儀後はスムーズに準備にとりかかるようにしましょう。

 

今回は49日法要の日程とお布施の相場についてまとめました。

法要全体の金額を抑える方法についても紹介します。


Sponsored Link


49日法要ってそもそもどんなもの?

 

仏教では、遺族は亡くなってから7日ごとに法要を営んで故人を弔います。

 

葬儀後に親族や故人にゆかりのあった人が集まる法要としては、

亡くなった日を含めて7日目に「初七日忌」、49日目に「七七日忌」があります。

 

特に故人の魂が閻魔大王によって裁かれあの世へ旅立つとされる

49日の法要は、故人の冥福を祈る大切なものです。

 

 

法要はいつ行うの?

49日法要は、亡くなった日を含めて49日目に行うのが理想です。

 

しかし、平日は仕事などで親族が集まれない場合が多いので、

周辺の土日や祝日に日をずらして行うことが多いです。

 

日にちをずらす場合は、49日目より前の日に日程をとるようにしましょう。

後ろにずらすと故人の魂はすでに旅立った後なので良くないと言われています。

 

また、葬儀や告別式の日程では「友引」を避ける人が多いのですが、

49日などの法要では特に気にする必要はありません。

 

より多くの人が集まりやすい日を設定するようにしましょう。

 


Sponsored Link


 

49日のお布施の相場っていくらなの?

 

法要の際、僧侶に渡すお布施の相場は地域や檀家によってかなり差がありますが、

3万円から5万円の間が相場です。目安として、葬儀の時のお布施額の

10分の1程度とされていますので参考にしてみて下さい。

 

不安な場合はお寺に詳しい檀家やお寺側に相談してみるのもいいでしょう。

僧侶に対しては、49日法要のお布施のほかに次のようなお金を包む場合があります。

 

・御席料(寺院で法要を行った場合)1万円前後
・御車代(寺院以外の場所で法要を行った場合) 5千円~1万円
・御膳料(読経後の会食を辞退された場合) 5千円~1万円
・納骨法要のお布施 3万円~5万円
・卒塔婆代 3千円~6千円

 

このように、お布施としては3万円~10万円が必要となり、

その他渡す分も含めると5万円~13万円くらいが相場となります。

 

 

法要でかかる費用はどれくらい?

 

49日法要でかかる主な費用は次の通りです。

 

会場代(1万円~15万円)

自宅以外で法要をとり行う場合は会場代を支払う必要があります。

 

一般的には葬儀場で行う場合が一番高くなりますが、仏具の準備や

会食の準備・片づけなどを一手に引き受けてもらえるというメリットがあります。

 

■僧侶へのお布施等(3万円~10万円)

■会食代(1人分3千円~5千円)

■引き出物代(1人分3千円~5千円)

 

その他、会場を移動する際のハイヤー代や案内状の印刷代なども必要です。

 

法要にかかる全体的な費用は会場や参列者の数によって変わりますので、

予め計算しておくようにしましょう。

 

 

法要の費用を抑える方法はあるの?

故人をしっかりと弔いたいけれど、一つ一つにかかる費用は抑えたい・・

そんな風に思う人は少なくありません。

 

古くからの慣習で盛大に法要を行う地域もありますが、

日本全体ではコンパクトで質素な法要を行う家が増えてきています。

 

49日法要の費用を抑えるポイントとしては、次のようなものがあります。

 

少数の近親者のみで行う

家族とごく近しい親族のみで行うことで、引き出物と料理代が少額で済み、

挨拶状やハイヤー代などを手配する必要もなくなります。

 

僧侶の送迎車を手配する

僧侶をハイヤーやタクシーで送迎する場合は御車代が不要になります。

 

納骨法要を49日法要と合わせて行う

49日法要と納骨を別の日に行うとそれぞれでお布施が必要ですが、同時にお願いすると

寺院側から平均1万円程度お布施を少なくしてもらえることがあります。

 

また、親族が集まる機会を1回にまとめることで様々な費用をカットすることができます。

 

仏具は葬儀屋からレンタルする

葬儀の際に祭壇や仏具を葬儀屋からレンタルした場合は、49日まで確保しておくとそのまま使うことができます。

初盆などで使うかもしれないと思いそのまま買い取る人もいますが、その後使うことは無くなります。

 

家族が少数の場合はレンタルの方が安くつくといえます。

 

 

まとめ

49日法要の時期や費用についてまとめましたが、いかがでしたか?

 

49日法要は葬儀から間もないスケジュールで準備をしなくてはならない為、

日程や会場を速やかに決めておくことが重要です。

 

今回紹介した日程の決め方などを参考にしてみて下さいね。

また、法要全体の費用を抑える方法についても参考にしてみて下さいね。