風邪をひいてから、ほかの症状は治まったけど咳だけ残っている…

なんて心当たりはありませんか?

 

今年の風邪は咳がなかなか止まらない、という声が多くきこえてきます。

昼も夜も咳に悩まされていると、体力も必要以上に消耗してしまいますよね。

 

そんなしつこい咳ですが、治し方はあるのでしょうか?

今年の風邪で多くの人を悩ませるそのとまらない咳について、調べたことをお伝えします。


Sponsored Link


今年の風邪は例年の風邪と違う?

 

そもそも、風邪の原因となるウイルスの数は

数百種類にも及び、変異を繰り返しています。

 

そのため、新しいウイルスも多く、特効薬とよべるものが存在しません。

今年の風邪症状が例年と違うことになるというのは、

変異を続けるウイルスの特性を考えれば当然のことだと考えられます。

 

風邪の主な症状には、咳や鼻水などの呼吸器系のものから、

嘔吐・下痢といった消化器系の症状がよく知られています。

 

また、発熱やだるさ、関節痛などの全身症状もよくみられます。

その年に蔓延しているウイルスによる違いで、あらわれる症状にも差があり、

毎年の風邪の症状の違いが出てくるのではないかと考えられます。

 

近年はPM2.5などの大気汚染も問題になっています。

このPM2.5という有害な汚染物質は、ちょうど風邪などが

流行する3月~5月という季節の変わり目に濃度が濃くなります。

 

近年では、風邪に伴って、このような汚染物質による

呼吸器系症状が出ている人も少なくないといえます。

 


Sponsored Link


 

今年の風邪は咳が止まりにくい?

咳がよく出る、止まらない、長引く…などといった声がよくきかれる今年の風邪ですが、

どうやら喉の不調に加えて高熱が出るなどの特徴も併せ持っているようです。

 

ほとんどの風邪がおよそ1週間程度で治るのに対し、長引くといわれる

夏風邪のウイルスのように、症状が1週間以上に及ぶ風邪が今年は流行っているようです。

 

流行しているウイルスの特性によるものもあると思いますが、最近の激しい

寒暖差などといった気候の不安定さが、身体に与える影響もあるでしょう。

 

変化の厳しい気候に対応するには、心身ともにストレスがかかりますよね。

過度のストレスは、人間の免疫力を低下させてしまいます。

 

免疫力は、風邪などの病気に対抗するために必要不可欠です。

免疫力が低下している状態では、風邪のウイルスに対抗する力も弱くなってしまい、

結果症状が重く出たり長引いてなかなか治らなかったりするのです。

 

また、PM2.5といった有害物質による呼吸器症状が、

「咳がとまらない」という今年の風邪症状に併発していることも考えられます。

 

 

止まらない咳の治し方はある?

 

では、咳が止まらないときはどうしたらいいのでしょうか。

まずは病院で適切な診断と治療を受けることが重要です。

 

処方された薬は、症状が改善しても自己判断で止めたりせず、

きちんと医師や薬剤師の指示に従って服用してください。

 

また、一度病院を受診し処方された薬もしっかりと服用したにもかかわらず、

いつまでも咳がとまらないときには、再度の受診が必要です。

 

免疫力の低下などが原因で、風邪から咳喘息や肺炎などといった

別の病気に移行している可能性も考えられます。

 

さらに目がかゆい、鼻がつまるといった症状で知られる花粉症も、

喉の不調や咳を引き起こすアレルギーのひとつです。

 

近年、アレルギー患者が増えていることも考慮し、今まで症状が

なかったからといって、これからも出ないということはいえません。

 

いつまでも咳がとまらない、長引いている…という場合には、喘息や

アレルギーといった可能性も考えて、一度検査を受けてみてください。

 

そして、免疫力は風邪のウイルスに対抗し、症状を長引かせないためにとても大切ですから、

普段から免疫力を高める生活習慣を身につけることが重要です。

 

具体的には以下のようなことを心がけてみましょう。

 

■十分な睡眠時間の確保

■バランスのとれた食生活、ビタミンCの意識的な摂取

■毎日入浴で体をあたためる

■ウォーキングなどの軽い運動習慣

■自分に合ったストレス解消法をみつける

 

なるべく病院や市販薬などに頼らず、普段から免疫力を高めておくことが、

風邪やとまらない咳に対抗していくなによりもいちばんの方法です。

 

 

まとめ

今年の風邪は咳が止まらないという声が多くきかれ、

実際にのどの不調が特徴の風邪が流行っているようです。

 

いつまでも咳がとまらないときには、風邪以外の病気の

可能性も視野に入れて、病院で検査を受けましょう。

 

そして、日ごろから免疫力を低下させないような生活を心がけて、

風邪に負けない体づくりをしていくことがなによりも大切なことです。